【米ビルボード・ソング・チャート】マライア・キャリー「恋人たちのクリスマス」が首位、メトロ・ブーミンTOP10に2曲を送り込む

2022年12月13日 / 10:45

 マライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」が約1年ぶりに返り咲き、通算9週目の首位を獲得した、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

 ホリデー・シーズン効果により、先週2位まで浮上した「恋人たちのクリスマス」は、今週の集計期間中(2022年12月2日~8日)ストリーミングが19%増加の3,620万回、エアプレイが1%増加の2,990万回、セールスが23%増加の6,000にそれぞれ上昇し、ストリーミング・ソング・チャートでは通算17週目の首位を獲得。エアプレイ・チャートでは23位から17位に跳ね上がり、デジタル・ソング・セールス・チャートでは7位をキープした。

 ホリデー・ソング・チャート“Holiday 100”では2015~16年のシーズン以降39週連続、通算54週目の首位をマークし、同チャートの集計が始まった2011年以降の歴代最高記録を更新し続けている。

 「恋人たちのクリスマス」がリリースされたのは1994年10月だが、ストリーミングが集計に加算されるようになった2014年以降、年々最高位を更新して、2017年の12月に初めて9位にTOP10入りし、翌18年には3位まで上昇。2019年12月21日付では、発売25週年目で通算19曲目の首位に輝き、ザ・ビートルズがもつ20曲に次ぐ歴代2番目の記録に浮上した。ホリデー・ソングとしては、1958年12月22日から1959年1月12日付まで4週1位をキープした、デヴィッド・セヴィル&ザ・チップマンクスの「ザ・チップマンク・ソング」以来、史上2曲目の首位獲得で、その「ザ・チップマンク・ソング」がもつ4週を上回るホリデー・ソングの歴代最長記録(通算9週目)を更新している。

「恋人たちのクリスマス」首位獲得週
2019年12月21日
2019年12月28日
2020年1月4日
2020年12月19日
2021年1月2日
2021年12月25日
2022年1月1日
2022年1月8日
2022年12月17日

 昨年の12月25日付で首位に復帰した際、3年間にわたり首位を獲得した初のタイトルという快挙を達成した「恋人たちのクリスマス」だが、今週その記録を史上初の4年目に更新し、初めて首位を獲得した2019年12月21日付から今週(2022年12月17日付)返り咲くまでの期間としても、チャビー・チェッカーの「ザ・ツイスト」が記録した1年3か月3週間(1960年9月19日~1962年1月13日)を上回る、歴代最長記録を更に引き伸ばしている。

 また、デビュー曲「ヴィジョン・オブ・ラヴ」が初めて首位を獲得した1990年8月4日付から今週(2022年12月17日付)までの期間を32年4か月3週間に引き伸ばし、1位獲得のブランク記録としても史上最長を更新している。

マライア・キャリー 32年4か月3週間(1990年8月4日~2022年12月17日)
シェール 28年5か月 (1971年11月6日~1999年4月3日)
エルトン・ジョン 24年11か月1週間(1973年2月3日~1998年1月10日)
ビーチ・ボーイズ 24年4か月 (1964年7月4日~1988年11月5日)
マイケル・ジャクソン 22年10か月3週間 (1972年10月14 日~1995年9月2日)
スティーヴィー・ワンダー 22年6か月 (1963年8月10日~1986年2月8日)
ロッド・スチュワート 22年4か月 (1971年10月2日~1994年2月5日)
アレサ・フランクリン 19年10か月2週間 (1967年6月3日~1987年4月18日)
ビヨンセ 19年1か月1週間 (2003年7月12日~2022年8月20日)
ジョージ・ハリスン 17年3週間 (1970年12月26日~1988年1月16日)
マドンナ 15年9か月1週間 (1984年12月22 日~2000年10月7日)

 なお、上記のうちシェールがソニー&シェールの記録を含めると33年7か月2週間 (1965年~1999年) 、マイケル・ジャクソンがジャクソン5の記録を含めて25年7か月1週間 (1970年~1995年) 、ジョージ・ハリスンがザ・ビートルズの記録を含めて23年11か月2週間 (1964年~1988年) 、ビヨンセがデスティニーズ・チャイルドの記録を含めて23年4週間となり、シェールがトップに立つことになるが、グループとしての記録は別としている。

 「恋人たちのクリスマス」が今週返り咲いたことで、マライアは首位獲得週を通算88週目に更新し、2位以下と大差をつけてトップを独走している。

88週 マライア・キャリー
60週 リアーナ
59週 ザ・ビートルズ
54週 ドレイク
50週 ボーイズIIメン
47週 アッシャー
43週 ビヨンセ
37週 マイケル・ジャクソン
34週 アデル
34週 エルトン・ジョン
34週 ブルーノ・マーズ

 「恋人たちのクリスマス」に続き、先週3位にTOP3入りしたブレンダ・リーの「ロッキン・アラウンド・ザ・クリスマス・ツリー」(1958年)も2位に上昇し、過去3年連続で最高位に達した。同曲も、ホリデー・シーズンの効果によりストリーミングが15%増加の3,430万回、エアプレイが同率の2,610万回、セールスは19%増加の5,000にそれぞれ数字を伸ばしている。

 同様に、ボビー・ヘルムズの「ジングル・ベル・ロック」(1957年)は5位から3位に、バール・アイヴスの「ホーリー・ジョリー・クリスマス」(1964年)は6位から4位に過去3年間の最高位に達した。

 ホリデー・ソングに混じり、今週はTOP10にメトロ・ブーミンのニュー・アルバム『Heroes & Villains』から「Creepin’ with ザ・ウィークエンド&21サヴェージ」が5位、「Superhero (Heroes & Villains) with フューチャー&クリス・ブラウン」が8位にそれぞれ初登場した。ストリーミング・チャートでは、「Creepin’」が3,080万回を記録して4位、「Superhero (Heroes & Villains) 」が2,740万回を記録して6位にデビューしている。

 リード曲としてのTOP10入りは、いずれも2020年にランクインした「Runnin with 21サヴェージ」(最高9位)と「Mr. Right Now with 21サヴェージ&ドレイク」(最高10位)に続く4曲目で、プロデュース、ソングライターとしての楽曲を含めると、以下の6曲がある。

1位 ミーゴス「バッド・アンド・ブージー feat. リル・ウージー・ヴァート」(2017年)
6位 ビッグ・ショーン「バウンス・バック」(2017年)
8位 ポスト・マローン「コングラチュレーションズ featuring クエイヴォ」(2017年)
6位 コダック・ブラック「トンネル・ヴィジョン」(2017年)
5位 フューチャー「マスク・オフ」(2017年)
1位 ザ・ウィークエンド「ハートレス」(2019年)

 「Creepin’」のゲストとして参加したザ・ウィークエンドは15曲目、21サヴェージは14曲目に、「Superhero (Heroes & Villains) 」のゲストとして参加したフューチャーは10曲目、クリス・ブラウンは17曲目にそれぞれTOP10獲得数を更新している。

 同時に、「Creepin’」はR&B/ヒップホップ・ソングチャートとR&Bソング・チャートでそれぞれ1位に、「Superhero (Heroes & Villains) 」はラップ・ソング・チャートでNo.1デビューを果たした。

 R&B/ヒップホップ・ソングチャートでは、メトロ・ブーミンが初、ザ・ウィークエンドは7曲目、21サヴェージは5曲目の首位獲得で、R&Bソング・チャートではメトロ・ブーミン、21サヴェージの両者が初、ザ・ウィークエンドは10曲目のNo.1タイトルとなる。ラップ・ソング・チャートでは、メトロ・ブーミンが初、フューチャーは3曲目、クリス・ブラウンは5曲目にそれぞれ首位獲得数を更新した。

 チャートに戻り、先週6週目の首位をマークしたテイラー・スウィフトの「アンチ・ヒーロー」は6位に急落。ストリーミングが1,860万回 (11%減少) 、セールスも7,000(48%減少)にそれぞれ数字を落としたが、エアプレイは8%増加の7,460万回に上昇している。

 サム・スミス&キム・ペトラスの「アンホーリー」も先週の4位から7位に下降したが、前週から2%増加の7,860万回を記録してエアプレイ・チャートでは4週目の首位をキープしている。

 先週10位にTOP10復帰したワム!の「ラスト・クリスマス」(1984年)も、ホリデー・シーズン効果により今週9位に浮上した。同曲は2020年に初めてTOP10入りし、昨シーズンは7位に最高位を更新している。

 10位は、ドレイク&21サヴェージの「Rich Flex」が先週の7位からランクダウンした。

Text: 本家 一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートは12月16日以降掲載予定となります。

◎【Hot 100】トップ10
1位「恋人たちのクリスマス」マライア・キャリー
2位「ロッキン・アラウンド・ザ・クリスマス・ツリー」ブレンダ・リー
3位「ジングル・ベル・ロック」ボビー・ヘルムズ
4位「ホーリー・ジョリー・クリスマス」バール・アイヴス
5位「Creepin’」メトロ・ブーミン with ザ・ウィークエンド&21サヴェージ
6位「アンチ・ヒーロー」テイラー・スウィフト
7位「アンホーリー」サム・スミス&キム・ペトラス
8位「Superhero (Heroes & Villains)」メトロ・ブーミン with フューチャー&クリス・ブラウン
9位「ラスト・クリスマス」ワム!
10位「Rich Flex」ドレイク&21サヴェージ


音楽ニュースMUSIC NEWS

七尾旅人×友部正人ジョイントライブ【汽水域の旅友】開催決定

J-POP2024年2月28日

 2024年3月23日に石巻市の青島テラスにて、七尾旅人と友部正人によるジョイントライブ【汽水域の旅友】が開催される。  石巻中心部から少し離れた北上川の河口に日本一と称されるヨシ原があり、その高台にある青島テラス。本公演は、古くからの友人 … 続きを読む

アリアナ・グランデ、『エターナル・サンシャイン』を引っさげたツアー開催は“未定”と明かす

洋楽2024年2月28日

 ニュー・アルバム『エターナル・サンシャイン』のリリースが間近に迫ったアリアナ・グランデだが、同アルバムを引っさげたツアーを行うか、彼女自身わからないようだ。  『ザック・サング・ショー』の2024年2月26日のエピソードで、3月8日発売予 … 続きを読む

ビル・フリゼール、1年半ぶりのニューAL『Orchestras』から「Throughout」を配信

洋楽2024年2月28日

 ビル・フリゼールが1年半ぶりとなるニュー・アルバム『Orchestras』を2024年4月19日にリリースすることが決定した。先行シングル第1弾として、「Throughout」の配信がスタートしている。  ブルーノートから4作目となる今回 … 続きを読む

エビ中、8thアルバム『indigo hour』をリリース ドリル、ジャージークラブ、J-R&B、ディスコチューンなどを取り込んだ意欲作

J-POP2024年2月28日

 私立恵比寿中学が2024年2月28日に“青春”をテーマとした8枚目アルバム『indigo hour』をリリースした。  このアルバムの骨子となる3部作の作詞を佐藤千亜妃が担当。青春時代特有の焦燥感を<青い眩暈>と呼んだ第一弾「BLUE D … 続きを読む

林正樹グループ、4/29にスペシャル・コンサート【Blur the border】開催決定

J-POP2024年2月28日

 林正樹グループが、【コンサートホールで聴く、最上のアコースティック・ミュージック・シリーズ Vol.1 林正樹グループ スペシャル・コンサート Blur the border】を4月29日に浜離宮朝日ホールで開催することが、決定した。   … 続きを読む

Willfriends

page top