【深ヨミ】首都圏での人気が拡大中 HKT48『ビーサンはなぜなくなるのか?』が首位奪還

2022年7月3日 / 14:00

 2022年7月4日付のBillboard JAPAN週間“Top Singles Sales”で、HKT48『ビーサンはなぜなくなるのか?』が168,547枚を売り上げ、首位を獲得した(集計期間2022年6月20日~2022年6月26日)。

 『ビーサンはなぜなくなるのか?』は前作『君とどこかへ行きたい』から13カ月ぶりにリリースされた15枚目のシングルで、表題曲「ビーサンはなぜなくなるのか?」は矢吹奈子がHKT48のシングル表題曲では初の単独センターを務め、前々作『3-2』以来の首位獲得となった。

 ここではHKT48のシングルの販売動向をSoundScanJapanのデータを使用し調査してみた。まず、HKT48が発表した直近3作のシングルの初週に於ける地域別の実店舗での地域別販売比率をグラフ化したものが図1(http://www.billboard-japan.com/d_news/image/113943/2)である。また、一般的なシングルの地域別販売比率と比較するため、2022年に販売されたシングルの地域別販売比率を全シングルとしてグラフに追加している。

 相変わらず地元の九州地方での比率の高さが目を引く結果となったが、直近3作の九州での販売比率を比較すると、前々作の『3-2』が32.0%、前作の『君とどこかへ行きたい』が27.4%、今作『ビーサンはなぜなくなるのか?』が21.7%と徐々に下がってきているのがわかる。しかし、全シングルの九州地方6.4%と比較するとかなり高い人気を維持していると言える。一方に関東地方は前々作26.3%→前作39.3%%→今作43.3%と大きく販売比率を伸ばしており、前々作は九州地方が関東地方を凌ぐ販売比率だったが前作より関東地方が逆転し、今作では更に差が広がる結果となっている。今作は、東京都出身で、IZ*ONEの元メンバーで九州地方以外でも知名度の高い矢吹奈子が単独センターである事も一因と考えらるが、これまでの地元九州地方一強ではなく、首都圏でも人気が上昇している事は間違いないようだ。

 首位を奪還し、地元九州以外でも人気が拡大しているHKT48の今後の更なる活躍に注視したい。


音楽ニュースMUSIC NEWS

超特急、新メンバー4人加入で9人組に ニューシングルリリース&アリーナツアーも決定

J-POP2022年8月8日

 デビュー10周年を迎えた超特急が、さらなる進化を遂げるために開催した新メンバー募集オーディション『超特急募』の結果が、2022年8月8日に開催された【超特急10周年記念ツアー「Progress」“8号車の日”】で発表された。  選ばれた新 … 続きを読む

04 Limited Sazabys、“04年ぶり04枚目”アルバム『Harvest』リリース決定 通常盤は破格の1,000円

J-POP2022年8月8日

 04 Limited Sazabysが、4年ぶり4枚目のフルアルバム『Harvest』を10月12日にリリースする。  タイトルは、前作のアルバム『SOIL』(=土壌)、シングル「SEED」(=種)リリースを経ての『Harvest』(=大 … 続きを読む

岡咲美保、1stアルバムよりDECO*27が書き下ろした新曲「ミラー」リリックビデオを公開

ニュース2022年8月8日

声優・アーティストとして活動する岡咲美保が、8月17日(水)にリリースする1stアルバム『BLOOMING』より、新曲「ミラー」のリリックビデオをYouTubeにてフル尺で公開した。 「ミラー」はサウンドプロデューサー・DECO*27が書き … 続きを読む

『WACK』、第二回メンズ合同オーディション完全密着生配信決定!ドキュメント映像も公開

ジャパニーズロック2022年8月8日

BiSHや豆柴の大群などの人気グループを手がけるプロデューサー・渡辺淳之介が、8月18日から21日にかけて、WACK初の男性グループ結成に向けた、男性のみの合宿オーディション『第二回WACKメンズ合同オーディション2022』を開催することを … 続きを読む

Dizzy Sunfist、ライブ映像作品より「The Dream Is Not Dead」を公開

ジャパニーズロック2022年8月8日

Dizzy Sunfistが、『Dizzy Sunfist “Welcome to DIZZYLAND” TOUR 2021-22 Final Series』の合計28曲100分超えの大阪最終公演を収録した10月5日(水)発売のライブ映像作 … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top