デュア・リパ、マシュー・ヴォーン監督の最新スパイ映画『Argylle』で俳優デビュー

2021年7月9日 / 09:50

 デュア・リパが、豪華スターが多数出演するマシュー・ヴォーン監督の最新スパイ映画『Argylle』で俳優デビューを飾ることが発表された。

 今作には、ヘンリー・カヴィル、サム・ロックウェル、ブライス・ダラス・ハワード、ブライアン・クランストン、キャサリン・オハラ、ジョン・シナ、サミュエル・L・ジャクソン、そしてデュアが出演する予定で、彼女は映画のタイトル・トラックとスコアにオリジナル曲も提供する。

 近々発売予定の作家エリー・コンウェイによるスパイ・スリラー小説『Argylle』が原作となった映画は、世界一のスパイであるArgylleが世界を股にかけた冒険に巻き込まれる姿を追う。アメリカ、英ロンドン、そして世界各国で撮影が予定されている映画は、今年8月にヨーロッパでクランクインする予定だ。マシュー・ヴォーン監督の制作会社Marvがプロデュースを務め、最低でも映画3作の製作が予定されているフランチャイズの第1作目となっている。

 ジェイソン・フュークス(『ワンダーウーマン』『アイス・エイジ4/パイレーツ大冒険』)の脚本をもとに、『キングスマン』や『キック・アス』シリーズで知られるヴォーンが監督し、Marvとフュークスに加え、ヴォーン監督と頻繁にコラボしているアダム・ボーリング とデイヴィッド・リードがプロデュースを担当する。エグゼクティブ・プロデューサーには、ジギー・カマサ、カルロス・ペレス、クラウディア・ヴォーン、アダム・フィッシュバックが名を連ねている。

 ヴォーン監督は、「初期の草稿を読んだ時、イアン・フレミングによる50年代の小説以来となる素晴らしいオリジナリティー溢れるスパイ・フランチャイズだと感じました」と述べ、「今作はスパイがテーマとなったジャンルを改革するでしょう」と意気込みを語っている。

 MarvのCEOであるジギー・カマサは、「世界的なパンデミックが始まってから4作目、そのうち最も大規模な長編映画の制作を開始することを嬉しく思っています。これは映画制作活動の拡大を行おうとする私たちの試みと映画“キングスマン”シリーズの枠を超えて新しいフランチャイズを生み出すことを続けようとする野心の表れです」と述べている。


音楽ニュースMUSIC NEWS

『ブルー・バニスターズ』ラナ・デル・レイ(Album Review)

洋楽2021年10月26日

 ラナ・デル・レイの前作『ケムトレイルズ・オーヴァー・ザ・カントリー・クラブ』は、宗教論や政治的要素など独自のストーリーを愉しむことができる魅力的な作品だった。それからわずか7か月で完成させた8枚目のスタジオ・アルバム『ブルー・バニスターズ … 続きを読む

リトル・シムズ、話題の最新作から「I Love You, I Hate You」のMV公開

洋楽2021年10月26日

 リトル・シムズが、最新作『Sometimes I Might Be Introvert』の収録曲「I Love You, I Hate You」のMVを公開した。映像の監督はJeremy Ngatho Coleが務めた。  ファンキーなギ … 続きを読む

デヴィッド・ボウイ、キャリアを総括するボックス・セット第5弾『ブリリアント・アドヴェンチャー[1992-2001]』日本盤が12/22発売決定

洋楽2021年10月26日

 常に時代の先端を走り続け、時代を開拓し続けた伝説、デヴィッド・ボウイ。海外では2021年11月26日に発売となる1969年からの彼の豊潤なキャリアを総括するボックス・セット・シリーズの第5弾作品となる『ブリリアント・アドヴェンチャー [1 … 続きを読む

ザ・ネプチューンズ、エイサップ・ロッキー/アダム・レヴィーン/クロイらとスタジオ入り

洋楽2021年10月26日

 ファレル・ウィリアムスはここ最近、1990年代初頭に結成し、ヒップホップやR&Bヒットを連発したザ・ネプチューンズの相方チャド・ヒューゴとスタジオにこもって作業しているようだ。  ここ数か月、ファレルとチャドは、一緒に音楽制作に取 … 続きを読む

すとぷり、『うたコン』に初出演「メンバー全員めちゃくちゃ緊張しています」

J-POP2021年10月26日

 すとぷりが2021年11月2日に放送されるNHK総合テレビ『うたコン』に初出演することがわかった。  同放送回にはほかにも清塚信也、ゴスペラ―ズ、櫻坂46、真田ナオキ、鈴木雅之、氷川きよし、前川清、MORISAKI WINが登場する。Yo … 続きを読む

amazon

page top