テイラー・スウィフト、『ラヴァー』のツアーをしないのは母親に脳腫瘍が見つかったからと明かす

2020年1月22日 / 14:30

 テイラー・スウィフトが最新アルバム『ラヴァー』のワールド・ツアーを行わず、米国と欧州で一握りの公演とフェスティバル出演を数回予定しているだけであることは発表されていたが、その理由について最新の米誌バラエティのインタビューで、母親に脳腫瘍が見つかったためと明かした。

 母アンドレアのがん闘病については、『ラヴァー』の楽曲「スーン・ユール・ゲット・ベター」(すぐによくなるから)でも歌っているテイラーは、「治療を受けている時に脳腫瘍が見つかった。脳腫瘍の症状は、これまで見てきた母のがんのものとは全く違っていた。だから私たち家族にとってはつらい状況だった」と話しており、家族と過ごす時間を作るためにツアーをしない決断をしたそうだ。

 今後の予定について彼女は、「パフォーマンスをあまりしたことがない場所でしてみたかったのと、【グラストンベリー】のようにやったことがないこともしてみたかった。フェスティバルに関してはキャリア初期以来やってなかったなって思って。楽しいし、クールな形で人々を結びつけるよね。でもそれと同時に、家庭内で起きているあらゆることを考慮して、自分が今こなせるだけの仕事量にしておきたかったということもある。だって、今後何が起こるのか分からないし。どのような治療法を選択するのかもまだ分からない。だから(スケジュールを決めた)当時起きていたことに対する、今現在に対する(最適な)判断だった」と説明している。

 母の闘病については、2020年1月31日に公開されるNetflixドキュメンタリー『Miss Americana』でも詳細に描かれている。このドキュメンタリーに合わせて、アメリカ中間選挙にインスパイアされた新曲「Only The Young」がリリースされることも明らかになっている。

 また、このインタビューでテイラーは、実写版『キャッツ』の「Beautiful Ghosts」で【ゴールデン・グローブ賞】を受賞できず、【アカデミー賞】にノミネートされなかったこといついて、「(『キャッツ』に参加していなければ)アンドリュー・ロイド・ウェバーと知り合えたり、彼の仕事ぶりを見ることなんてできなかったけど、今では友達よ」と、前向きに捉えていることを話している。


音楽ニュースMUSIC NEWS

BE:FIRST X ATEEZ&RIIZEが総合首位、NewJeansカバーが世界に影響、ミセス初の6億再生突破:今週の邦楽まとめニュース

J-POP2024年7月13日

 2024年7月10日公開(集計期間:2024年7月1日~7月7日)のBillboard JAPAN 総合ソング・チャート“JAPAN Hot 100”でBE:FIRST X ATEEZ「Hush-Hush」が総合首位を獲得した。本作は、B … 続きを読む

キラーズ2つのギネス世界記録に認定、ビリー制作時の最大の口論とは、ワンリパブリック3年ぶりアルバムリリース:今週の洋楽まとめニュース

洋楽2024年7月13日

 今週の洋楽まとめニュースは、ザ・キラーズに関する話題から。  米オルタナティブ・ロック・バンドである彼らは今週、英国チャートでの並外れた成功により、2つのギネス世界記録(GWR)を授与された。  GWRによると、「Mr. Brightsi … 続きを読む

Co shu Nie、ニューアルバム『7 Deadly Guilt』リリース決定

J-POP2024年7月12日

 Cö shu Nieが、ニューアルバム『7 Deadly Guilt』を9月4日にデジタル・リリース、翌週9月11日にCDリリースする。  同作はCö shu Nieにとっておよそ2年半ぶりの新作アルバムで、CDは初回限定盤と通常盤の2形 … 続きを読む

<レポート>BTSやSEVENTEENなど人気アーティストが集結 Dispatchの10周年記念フェス【D’FESTA JAPAN FINAL】

J-POP2024年7月12日

 韓国芸能ニュースメディア、Dispatch(ディスパッチ)の創立10周年を記念し、【D’FESTA JAPAN FINAL】が2024年7月13日~2024年9月1日にわたり、東京・寺田倉庫 G1ビルにて開催される。一般公開に先駆け、7月 … 続きを読む

<ライブレポート> 「親愛なる加藤和彦様ー。」小原礼/奥田民生/GLIM SPANKYら音楽家”トノバン”に捧げた音楽

J-POP2024年7月12日

 7月10日、京都ロームシアターにて【加藤和彦トリビュートコンサート】が開催され、ハンバート ハンバート、田島貴男、坂本美雨、高野寛、奥田民生、小原礼、GLIM SPANKYが出演。今回当日のレポートが到着した。  ”親愛なる加藤和彦様―― … 続きを読む

Willfriends

page top