『マニック』ホールジー(Album Review)

2020年1月18日 / 18:00

 1994年生まれ、米ニュージャージー州出身。2010年代後期を代表する女性シンガーとして、世界中に多くのファンを獲得しているホールジーの、2020年代初、通算3作目となるスタジオ・アルバム『マニック』が完成。まずは簡単に、これまでの功績をご紹介する。

 2014年にシングル「ゴースト」でデビュー。翌2015年にリリースした1stアルバム『バッドランズ』が、米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”で初登場2位を記録し、2016年にはフィーチャリング・アーティストとして参加したザ・チェインスモーカーズ「クローサーfeat.ホールジー」が、通算12週の米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”首位を獲得。同年の年間チャートでは10位、翌2017年は7位と2年連続でTOP10入りするモンスター・ヒットを記録した。

 その大活躍を経て、2017年にリリースした2ndアルバム『ホープレス・ファウンテン・キングダム』が同アルバム・チャートで初の1位を記録。本作からは「ナウ・オア・ネヴァー」(全米17位)や「バッド・アット・ラブ」(全米5位)といったヒットが生まれ、熱愛が囁かされたラッパー、G・イージーとのコラボ・ソング「ヒム&アイ」もポップ・チャートで首位獲得を果たした。

 翌2018には、ベニー・ブランコ&カリードとのコラボ・ソング「イーストサイド」が最高9位をマークし、同年10月に発表した「ウィズアウト・ミー」でリード曲としては初の全米No.1を獲得。同曲は2019年の年間シングル3位にランクインし、一躍トップスターへと駆け上がった。つまり本作『マニック』は、彼女の絶頂期におけるアルバム、ということになる。

 その「ウィズアウト・ミー」は、アルバムの1stシングルとして9曲目に収録される。ジャスティン・ティンバーレイクの「クライ・ミー・ア・リヴァー」(2002年)を下敷きにした憂愁のミディアムR&Bで、陰気なトラックにもハマった未練がましい失恋ソング、といえよう。同曲は実体験から書いた曲だそうで、メディアやファンの間ではG・イージーにあてたものだと予想されている。その“墜ちていく様”をドラマ仕立てに画いたミュージック・ビデオも、リアーナ風の優秀作。その後、BTSとコラボしたダンス・ポップ「Boy With Luv」や、ニュー・メタル調の「ナイトメア」をリリースしたが、ヒットには至らず。ホールジーのキャラクターには、やはりこのテの曲が合う。

 「ウィズアウト・ミー」のプロデューサーは、前述の「イーストサイド」も手掛けたルイス・ベル。本作では、2ndシングルの「グレイヴヤード」も担当した。その他、米NYのシンガー・ソングライター/プロデューサーのジョン・ベリオンや、R&B~ヒップホップ・シーンで注目されているリド(Lido)、カミラ・カベロやセレーナ・ゴメスの最新作にも参加したザ・モンスターズ・アンド・ストレンジャーズ、そして言わずと知れた人気プロデューサーのグレッグ・カースティンが、クレジットされている。

 その「グレイヴヤード」も、取り方によってはネガティブな曲だが、周囲がみえなくなるほどの“恋愛中毒者”として、ある意味前向きなメッセージが込められている。何せ、タイトルの“墓場”までついていく……というフレーズが登場するほどだ。トラックは、ここ最近の主流であるR&Bとエレクトロを掛け合わせたミディアム。メロディも聴き心地良く、「ウィズアウト・ミー」ほど重くない。遊園地を舞台にしたミュージック・ビデオでは、ロングヘアの美女と戯れるシーンが続くが、これは“女性に対して”のメッセージなのだろうか。真相は不明だが、ホールジーはバイセクシャルであることを堂々公言している。

 発売直前にリリースされた「ユー・シュッド・ビー・サッド」は、これまでの作品ではなかったタイプのカントリーを基としたダンス・ポップ。珍しくダンス・パフォーマンスを披露したミュージック・ビデオでは、テンガロン・ハットを被り、シャナイア・トゥエインの「ザット・ドント・インプレス・ミー・マッチ」(1997年)を真似たヒョウ柄の衣装を纏う等、カントリー“風”を強調している。哀愁を漂わすメロディ・ライン含め、個人的には故アヴィーチーの「ウェイク・ミー・アップ」(2013年)を彷彿させるが、それほどエレクトロ色は強くない。断定はしていないが、「ウィズアウト・ミー」同様、G・イージー絡みの失恋ソングかと思われる。デラックス盤のボーナス・トラックとして、同曲の「ヴォイスノート」バージョンが収録される。

 昨年9月に先行トラックとして配信された「クレメンタイン」は、メルヘン調のイージー・リスニング……と、いうべきか。サウンド・ボーカル共に終始リラックスした癒し系のミディアムで、これもまた、過去2作ではなかったタイプの曲といえる。タイトルの「クレメンタイン」とは、2004年に公開された映画『エターナル・サンシャイン』で、ケイト・ウィンスレットが演じた同名のキャラクター=クレメンタイン・クルシェンスキーにちなんだものだそう。ホールジーは、このキャラクターやケイト自身の性格・考え方等に影響を受けたそうで、「ウィズアウト・ミー」路線のダーク・ポップ「アシュリー」のアウトロにも、ケイト演じるクレメンタインのセリフが起用されている。

 5曲目の「フォーエヴァー…イズ・ア・ロング・タイム」は、感情の起伏が激しいオセンチ系バラード。ホールジーの声質は機械的ながら、時にこういったエモーショナルなボーカルも魅せてくれるから凄い。この曲でもまた、失恋の痛手を引きずっている様を歌っているが、もはやホールジーの“お家芸”ともいうべきか。曲終のノイズ焼けしたアウトロから、米フロリダ州出身のシンガー/ラッパーのドミニク・ファイクによるインタールード「Dominic’s Interlude」へ移行。再び自他否定を歌った「アイ・ヘイト・エヴリバディ」へと続く。この流れは、いずれも前述のリドがプロデュースしたタイトル。なかなか良い曲を書く人だ。

 ドミニク・ファイク以外には、カナダを代表する女性シンガーソングライター、アラニス・モリセットによる「Alanis’ Interlude」と、共演がキッカケとなったBTSのメンバー=SUGAとの「Suga’s Interlude」の2曲がインタールードとして収録されているが、いずれも2分強とフル・バージョンに近いボリュームがある。前者は、アラニスのお得意とするポスト・グランジ、後者はSUGAの高速ラップが炸裂するスロウ・ジャムという、アーティストの属性を主張した仕上がりとなった。

 ヒット曲のイメージからR&Bシンガーとして認識されがちだが、ピンク路線のロック「3am」や、レディー・ガガの「ユー・アンド・アイ」(2011年)に酷似していると囁かれたアコースティック・ギターによるミディアム・メロウ「ファイナリー//ビューティフル・ストレンジャー」、挑発的な歌詞含めテイラー・スウィフトの引用っぽい「キリング・ボーイズ」、経験と基に自問するダンスホール調の「スティル・ラーニング」、オーガニック系のチルアウト・ソング「929」と、バラエティに富んだ楽曲を作り、歌いこなしているホールジー。本作『マニック』ではその多才さが更に際立った、そんな印象だ。

 日本盤&海外デラックス盤のボーナス・トラックには、前述の「ユー・シュッド・ビー・サッド(ヴォイスノート)」に加え、「アイム・ノット・マッド」と「ワイプ・ユア・ティアーズ」の3曲が収録される。

Text: 本家 一成


音楽ニュースMUSIC NEWS

片寄涼太、映画『糸』に出演していることが明らかに 「大きな財産となる経験」

J-POP2020年2月26日

 片寄涼太が、映画『糸』に出演していることが分かった。  本作は、中島みゆきの「糸」の歌詞を元に、平成元年に生まれた男女2人がの出会いや別れを描いたストーリー。主人公の男女を演じるのは、菅田将暉と小松菜奈だ。片寄は、小松菜奈演じる葵が出逢い … 続きを読む

エミネム、超高速ラップで話題の「Godzilla」にちなんだ#GodzillaChallengeへの参加を呼びかける

洋楽2020年2月26日

 現地時間2020年2月25日、エミネムが最新アルバム 『ミュージック・トゥ・ビー・マーダード・バイ』収録曲の「Godzilla feat.ジュース・ワールド」にちなんだ#GodzillaChallengeへの参加を募る動画を公開した。   … 続きを読む

川澄奈穂美/中川翔子/吉岡聖恵によるaikoプレイリスト、RecMusicとdヒッツで公開

J-POP2020年2月26日

 川澄奈穂美、中川翔子、吉岡聖恵(いきものがかり)がセレクトしたaikoのプレイリストが、RecMusicとdヒッツで公開された。  川澄がセレクトしたプレイリストのタイトルは「プレイリスト作るなんて全部好き過ぎて無理だから歴代アルバムから … 続きを読む

ジャスティン・ビーバー、Apple Music限定MV第二弾として「Changes」を公開

洋楽2020年2月26日

 ジャスティン・ビーバーが、Apple Music限定で「Changes」のミュージックビデオを公開した。  「Changes」はジャスティンが自身の信仰に対して捧げた曲で、最新アルバム『Changes』に収録されている。ミュージックビデオ … 続きを読む

downy、新AL「第七作品集『無題』」ティザー映像公開

J-POP2020年2月26日

 downyが、3月18日にリリースするフルアルバム「第七作品集『無題』」のティザー映像を公開した。https://youtu.be/IKHJpFgh4P4  公開されたティザー映像は、リリースに先駆け、アルバム収録曲が断片的に公開された内 … 続きを読む

page top