テイラー・スウィフト、元レーベルが過去曲のパフォーマンスを許可

2019年11月19日 / 20:35

 テイラー・スウィフトが、2019年11月24日に開催される【アメリカン ・ミュージック・アワード】(AMAs)のステージで、元レーベルであるビッグ・マシーン・レーベル・グループ(BMLG)からリリースした過去曲を演奏しないよう通告されたとされる問題で、BMLG側が正式に許可を出したと米ビルボードが伝えている。

 BMLGの代理人は米ビルボードの問い合わせに対し、「アーティストのパフォーマンスをショー後にストリーミング、そして双方が承認したプラットフォームで再放送する許可を与えた」と、テイラーの名前は出さずに声明で返答した。

 この声明はさらに、「とはいえ、レコーディング・アーティストはテレビやほかのライブ・メディアでライブ・パフォーマンスをする場合、レーベルの同意を得る必要はない。レコード・レーベルの同意が必要なのは、契約アーティストによるオーディオ/ヴィジュアル・レコーディングの場合だけであり、これらの作品(から発生するロイアリティ)がどのように分配されるかを判断するためだ」と続いている。

 この声明を出す前、BMLGは【AMAs】をプロデュースしているディック・クラーク・プロダクションズ(DCP)との共同声明とみられる文章を公開していた。ところが、DCP側は米ビルボードの問い合わせに対し、「テイラー・スウィフトの【2019 AMAs】におけるパフォーマンスについて、弊社はBMLGと共同で声明を作成、承認、配布はしておらず、合意もしていない」と、きっぱり否定していた。

 テイラーは14日に自身のSNSで、BMLGのスコット・ボーチェッタ社長と、今年6月に同社を買収したスクーター・ブラウンから、BMLGが権利を所有する初期6アルバム収録曲をテレビで演奏しないよう警告を受けたことを明かした。「自分の音楽を再録音することが認められる来年より前に再録音することになるから」がその理由で、さらに進行中だったNetflixのドキュメンタリーでの使用も禁じられたことを明かし、来年以降にこれらの楽曲を再録しないと約束すれば使用許可を出すという条件を提示されたと主張している。


音楽ニュースMUSIC NEWS

ミオヤマザキ、横浜アリーナ公演映像化のクラウドファンディング公開

J-POP2019年12月5日

 ミオヤマザキが2020年1月11日に開催する横浜アリーナ公演の映像化を発表、クラウドファンディングCAMPFIREで12月10日から支援者の募集を開始することが決定した。  ミオヤマザキ史上最大の挑戦となる横浜アリーナのライブ。ファンも含 … 続きを読む

Official髭男dism、スキマスイッチとの対談&スペシャルライブを収めた特別番組が全国オンエア決定

J-POP2019年12月5日

 Official髭男dismのメジャー1stアルバム『Traveler』発売を記念して制作された特別番組『Official髭男dism special~永遠のTraveler~』が、12月より順次全国オンエアとなる。  本番組は、2018 … 続きを読む

【先ヨミ】UVERworld『UNSER』が43,139枚を売り上げアルバム首位走行中 BLACK IRIS/イエモンが続く

J-POP2019年12月5日

 今週のCDアルバム売上レポートから2019年12月2日~12月4日の集計が明らかとなり、UVERworld『UNSER』が43,139枚を売り上げて首位を走っている。  『UNSER』は、UVERworldにとって約2年半ぶり、通算10枚 … 続きを読む

【先ヨミ】KinKi Kids『光の気配』が14万枚で現在シングル首位、FANTASTICS/『ラブライブ!』CYaRon!が続く

J-POP2019年12月5日

 今週のCDシングル売上レポートから2019年12月2日~12月4日の集計が明らかとなり、KinKi Kidsの『光の気配』が初動3日間で141,862枚を売り上げ、現在首位に立っている。  12月4日にリリースされたKinKi Kidsの … 続きを読む

【ゴールド・クリエイター・アワード】受賞のReol、YouTube Space Tokyoで初のライブ配信決定

J-POP2019年12月5日

Reolが12月4日、千葉・幕張イベントホールで行われた【YouTube FanFest Japan 2019】に出演し、YouTube公式チャンネルの登録者数が100万人を超えたクリエイター達に贈られる【ゴールド・クリエイター・アワード】 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top