フレンズ、ツアーファイナルの新宿BLAZEが大盛況

2019年6月30日 / 00:00

6月29日(土)@東京・新宿BLAZE photo by Ray Otabe (okmusic UP's)

男女混合5人組バンド“フレンズ”が6月29日(土)、全国ツアー「青春チャレンジツアー」のファイナル公演“青春チャレンジツアー~ひろせの生まれた街でひろせのワガママを聞いてもらう日~”を東京・新宿BLAZEで開催した。

「青春チャレンジツアー」は、フレンズの各メンバーが青春を過ごした場所を巡る全5公演のツアー。最終日は、ひろせひろせ(MC/Key)の地元・新宿で行われ、質の高いポップネスをたたえた楽曲、メンバーの個性を活かしたステージが繰り広げられた。

オープニングは「パーティーしよう!」。ヒップホップのテイストを反映したサウンド、華やかな解放感に溢れたメロディが響き渡り、フロアは一気にパーティー・モードに。「東京都渋谷区神泉から来ました、フレンズです!」(ひろせ)という挨拶を挟み、6月26日にリリースされたニューシングル収録曲「楽しもう」(篠原涼子主演映画『今日も嫌がらせ弁当』の主題歌)も披露され、ハッピーな空間を生み出した。

楽しそうに手を挙げ、一緒に歌うオーディエンスの姿も印象的だ。「今日のライブは自分がセットリストや構成を決めさせてもらいました。みなさんが知ってる曲もけっこうやると思います」(ひろせ)というMCの後は、新曲「iをyou」(ドラマ『きのう何食べた?』エンディングテーマ)、極上の夏ソング「常夏ヴァカンス」、さらに「NIGHT TOWN」「夜明けのメモリー」といった夜を想起させるシックなミディアムチューンも。フレンズの幅広い音楽性、多彩な表現力をたたえたバンドサウンド、えみそん(Vo)の表情豊かなボーカルの魅力を体感できるシーンが続いた。

ライブ中盤では、ひろせが考案した“ベース・コーナー”も。これは長島涼平(Ba)、えみそん、ひろせがバックステージで「fisherman」のベースを順番に演奏し、“涼平さんが弾いているのはどれ?”を拍手の大きさで観客に当ててもらうというもの。見事に長島が選ばれたものの、ひろせが「ここでサブタイトル(“ひろせの生まれた街でひろせのワガママを聞いてもらう日”)が効いてくるんですよ」とお願いし、えみそんがベースを演奏、ひろせがボーカルを取るというレアな編成の「fisherman」が披露された。

この後は今回の“青春チャレンジツアー”の思い出についてトーク。池袋公演(えみそん/3部制のライブ。メドレー形式でフレンズのすべての楽曲を演奏)、長崎公演(三浦太郎/代表曲、人気曲を中心にした構成。三浦が「長崎は今日も雨だった」「でんでらりゅうぱ」を弾き語り)、北浦和公演(長島/今回のツアー最多の20曲を演奏)、松本公演(関口塁/関口がボーカル、えみそんがドラムで「夜にダンス」を披露)とメンバーそれぞれの地元で繰り広げられたツアーを振り返った。ここからライブは後半へ。「タイミング~Timing~ フレンズcover ver.」(※オリジナルはブラックビスケッツ)、「塩と砂糖」などのアッパーチューンをつなげ、フロアの熱気をさらに引き上げる。本編ラストは「Love,ya!」。「今日集まってくれたみなさんに贈ります。一緒に歌ってください」(ひろせ)という言葉に導かれ、心地よいシンガロングが生まれた。

アンコールも見どころたっぷり。まずは「Everything」(MISIA)のカバー。じつはこの曲、えみそんがカラオケで歌っているのをひろせが聴き、「震えるほどすごくて、“一緒に曲を作ろうよ”と言ったんですよ」という思い出のナンバー。ピアノ1本のアレンジでえみそんが歌い上げると、大きな拍手と歓声が巻き起こった。さらに6月28日に誕生日を迎えた三浦を祝うサプライズも。「ハッピーバースデー」をえみそんが歌い、長島がケーキ、関口がプレゼントを持ち込むと、会場は祝福ムードに包まれた。

ラストはフレンズの代表曲であり、バンド結成のきっかけとなった「ベッドサイドミュージック」。しなやかなバンドグルーヴ、洗練されたメロディがゆったりと広がり、ライブはエンディングを迎えた。

フレンズはこの後、「夏びらき MUSIC FESTIVAL2019」「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019」などのフェスに出演。11月からは秋ワンマンツアー「シチュエーション・コメディseason4」を全国6か所で開催する。結成4年目を迎えたフレンズはここから、さらに多くの音楽ファンを魅了することになりそうだ。

photo by Ray Otabe

text by 森 朋之

【セットリスト】

M1. パーティーしよう!

M2. 夜にダンス

M3. 楽しもう

M4. iをyou

M5. 地球を越えても

M6. Hello New Me!

M7. 常夏ヴァカンス

M8. 夏のSAYにしてゴメンネ♡

M9. NIGHT TOWN

M10. 夜明けのメモリー

M11. 元気D.C.T 〜プロローグ〜

M12. fisherman

M13. タイミング~Timing~ フレンズcover ver.

M14. 塩と砂糖

M15. ビビビ

M16. Love,ya!

<encore>

M1. Everything / MISIA

M2. ベッドサイドミュージック
『シチュエーション・コメディseason4』
11⽉01⽇(⾦) 福岡・DRUM LOGOS 

11⽉13⽇(⽔) 仙台・Rensa

11⽉24⽇(⽇) ⼤阪・サンケイホールブリーゼ

11⽉28⽇(⽊) 北海道・札幌 ペニーレーン24

12⽉08⽇(⽇) 愛知・名古屋市公会堂 

<2020年>

1⽉12⽇(⽇)  東京・LINE CUBE SHIBUYA(渋⾕公会堂)
シングル「楽しもう/iをyou」
2019年6月26日(水)発売

AICL-3719/¥1,500(税抜き)AICL-3719 

※形態:初回限定デジパック仕様

<収録曲>

M1. 楽しもう 

※映画『今日も嫌がらせ弁当』主題歌

M2. iをyou 

※テレビ東京系ドラマ24『きのう何食べた?』エンディングテーマ

M3.おいでよラジオパーク~どっちかならYES!~

※ニッポン放送『ラジオパークin日比谷2019』テーマソング

M4. 街(神泉Ver.)

M5. 楽しもう(音を楽しもうVer.)

M6. iをyou(音を楽しもうVer.)


音楽ニュースMUSIC NEWS

<ライブレポート>NOKKO、自身初の配信ライブをビルボードライブ東京で開催 「最高だね。ライブがやれて。」

J-POP2020年9月21日

 ビルボードライブが、コンサート映像配信プラットフォーム「LIVE LOVERS」とタッグを組み、アーティストを迎えて行う配信ライブにNOKKOが登場、『NOKKO ONLINE SHOW ~LIVE LOVERS~ from Billbo … 続きを読む

<ライブレポート>結成20周年のいきものがかり、約4時間の配信イベント開催「観てくれている人がいると思うだけで違うものだね」

J-POP2020年9月21日

 今年結成20周年を迎えたいきものがかりが9月19日、自ら主催する配信ライブイベント【いきものがかり結成20周年・BSフジ開局20周年記念 BSいきものがかり DIGITAL FES 2020 結成20周年だよ!! ~リモートでモットお祝い … 続きを読む

HY、5ヵ月連続配信リリース決定!第1弾「ココロホシゾラ」を“HYの日”(9月22日)に配信!

ジャパニーズロック2020年9月21日

HYが5ヵ月連続で新曲を配信リリースすることを発表! その第1弾となる「ココロホシゾラ」を“HYの日”である9月22日に配信する。さらに新ビジュアルとジャケット写真を公開した。 6月から5ヵ月連続で生配信している『HY HOME … 続きを読む

2020年の夏を彩ったドラマ主題歌5曲!

ジャパニーズロック2020年9月21日

気付けばもう9月後半。7月を全て梅雨に費やし、明けた途端に猛暑と化して各地でまさかの40℃超え!(静岡県浜松市の41.1℃は歴代1位を記録) 外にも出れず、旅行にもフェスにも行けず…今年の夏の思い出って何だったんだろう? そんな人こそ、テレ … 続きを読む

TikTok発、17歳のシンガーソングライター・suiを解き明かすインタビューを公開!

ジャパニーズロック2020年9月21日

ショートムービープラットフォーム、TikTok(ティックトック)で、オリジナル曲「エピソード」を公開してからわずか数ヶ月、すでにストリーミングチャートに頭角を現した新人がいる。17歳のシンガーソングライター・suiだ。「エピソード」に続き、 … 続きを読む

page top