サスケ 、平成打ち上げイベントで「青いベンチ」を全員とシンガロング

2019年5月9日 / 00:00

4月30日@『#平成エモーショナル』 Photo by Hide Watanabe (okmusic UP's)

サスケが平成最後の日である4月30日(火祝)に、RENA下北沢で開催された、平成の打ち上げイベント『#平成エモーショナル』に出演した。

“平成の記憶を辿り、エモーショナルな時間と場所を提供する”ことをスローガンに掲げ、全ての企画、運営を平成生まれのスタッフが手掛けた『#平成エモーショナル』。会場に入ると、PIKOと本イベントがコラボしたオリジナルTシャツを着たスタッフたちに出迎えられ“お・も・て・な・し”と書かれたタイムテーブルとサイン帳テイストのアンケート用紙が配られる。場内ではDJたちがユーロビートや懐かしのデュエット曲、ドラマ主題歌など、2000年代を象徴する楽曲たちをプレイし、すでに気持ちは各々の“あの頃”にタイムスリップ!

まずトップバッターを飾ったシンガー「KISADORI」は“アガれ平成!”と、フロアを飛び跳ねながらパワフルなステージを繰り広げ、イラストレーターeryとライター伊藤紺による制作ユニット「NEW DUGONG」の平成ガールズトークでは“当時のプリント倶楽部”“クリスマスにもらったおもちゃ”“デコ文化について”など、幼い頃の思い出をフラッシュバックしたトークを展開。

そして、ラストのステージにサスケが登場! “サンキュー平成 カモン令和!”と書かれたTシャツ姿の奥山裕次が優しくギターを鳴らす横で、北清水雄太が“新しい時代、令和に向けて、一緒に青いベンチ歌おう!”と「青いベンチ」イントロのハーモニカを吹くと、待ってましたと言わんばかりの歓声が上がった。“そんなんじゃ終われないよ!もっと!”と奥山が煽り、それに呼応するように自然と手拍子が響き渡って全体がシンガロング。それはまるで青春の1ページが切り取られたような景色だった。

【セットリスト】

M1 明日には笑えるように

M2 青いラブソング

M3 永遠の夏

M4 青いベンチ
【イベント主催者 コメント】

私は平成生まれの中で最年長の学年です。

30歳を目前に、仕事も遊びも毎日楽しくて、毎日忙しくて、

目先のことに真っしぐらな私たち。

一日くらい、自分が辿った道を振り返る時間があってもいいんじゃない?

そんな想いで作った平成打ち上げイベントでした。

平成を生きた証、みんなのエモがこの夜に集結したと思います。

体に気をつけて、令和も思う存分、生きましょう!

#平成エモーショナル実行委員長 ハム


音楽ニュースMUSIC NEWS

パブリック・エネミーのチャックD、【グラミー賞】直前に休職処分の新代表を擁護「いつもと同じでたらめの臭いがする」

洋楽2020年1月20日

 先週、今年の【グラミー賞】授賞式開催まであと約1週間という驚きのタイミングで、同賞を主催するナショナル・アカデミー・オブ・レコーディング・アーツ・アンド・サイエンス(通称レコーディング・アカデミー)のデボラ・デューガン(Deborah D … 続きを読む

ミシェル・オバマ、ワークアウト用プレイリストを公開 リゾ/ブルーノ/カーディら収録

洋楽2020年1月20日

 現地時間2020年1月19日、バラク・オバマ元大統領夫人のミシェル・オバマが、ジムでワークアウトをする際に愛用しているプレイリストをSpotifyに公開した(https://open.spotify.com/playlist/37i9dQ … 続きを読む

デビュー10周年の[Alexandros]、青学で凱旋ライブへ SSA公演の映像作品&ベストアルバムのリリースも

J-POP2020年1月20日

 2020年1月20日、デビュー10周年を迎えた[Alexandros]がアニバーサリー企画の第1弾を発表した。  まず、メンバーの川上洋平、磯部寛之の母校であり、バンド結成の地でもある青山学院大学での凱旋ライブ【[Alexandros] … 続きを読む

Sundayカミデ主催【Love sofa】第2弾でやついいちろう、TENDREら発表

J-POP2020年1月20日

 Sundayカミデ(ワンダフルボーイズ)主催ライブイベント【Love sofa 20th Anniversary!!!】の第2弾出演アーティストが発表された。  開催20周年を迎える【Love sofa】。今年は3月15日にLIQUIDR … 続きを読む

堀澤麻衣子、大河ドラマ『麒麟がくる』劇中音楽&『大河ドラマ紀行』のヴォーカリストに抜擢

ニュース2020年1月20日

大河ドラマ『麒麟がくる』の劇中音楽と、番組後に放送される『大河ドラマ紀行』のテーマで、堀澤麻衣子がヴォーカルを担当していることが明らかになった。 『麒麟がくる』は、大河ドラマ第29作『太平記』を手がけた池端俊策氏のオリジナル作品。今作は、大 … 続きを読む

page top