あいみょん、スガ シカオ、FLOWなど4月上旬から中旬リリースの10作品を紹介

2019年4月20日 / 10:00

(okmusic UP's)

フリーマガジン『music UP’s』vol.174(4/20発行)に掲載中の『DISC GUIDE』から、4月上旬から中旬リリースの10作品を紹介!

1.『mol-74』/mol-74

2.『TRIBALYTHM』/FLOW

3.「名もなきヒーロー」/9mm Parabellum Bullet

4.『しあわせシンドローム』/ナナヲアカリ

5.「ハルノヒ」/あいみょん

6.『労働なんかしないで光合成だけで生きたい』/スガ シカオ

7.『Rock’n Roll』/TH eROCKERS

8.『本音とは醜くも尊い』/橋爪もも

9.『トワイライト』/Cloque.

10.『美しくあれ』/マイアミパーティ
『mol-74』/mol-74
Album 4/3 Release

SME Records

【初回生産限定盤(DVD付)】

SECL-2406〜7 ¥3,241(税抜)

【通常盤】

SECL-2408 ¥2,778(税抜)
京都発の4人組バンド、mol-74のメジャーデビュー作となる初のフルアルバム。おそらくは自分たちの音楽をこのタイミングでたくさんの人に届けるために「ノーベル」「エイプリル」といった代表曲が数多く再録されていて、ぶれない持ち味である繊細に編まれた情景的サウンドのひとつの集大成、そして底上げ感を同時に堪能できる。ラストの新曲「Morning Is Coming」はほのかな希望を薫らせるブラスアレンジがいい。

TEXT:田山雄士
『TRIBALYTHM』/FLOW
Album 4/10 Release

Ki/oon Music

【初回生産限定盤(Blu-ray付)】

KSCL-3143~4 ¥6,926(税抜)

【通常盤】

KSCL-3145 ¥3,000(税抜)
デビュー15周年を経て、ジャンルの壁や国境を越えたグローバルな活躍を見せるFLOWの3年振りとなるオリジナルアルバム。「風ノ唄」などシングル曲を軸に、「サンダーボルト」は北欧の楽器、「BELIEVER」はバンジョーを取り入れたりとジャンルの壁をさらにぶっ壊し、「Smells Like 40 Spirit」では自身のルーツを遊び心満載で歌い、FLOWという民族の音楽を高らかに鳴らす自信と誇りに満ちた作品となった。

TEXT:フジジュン
「名もなきヒーロー」/9mm Parabellum Bullet
Single 4/10 Release

TRIAD/Sazanga Records

COCA-17578

¥1,000(税抜)
結成15周年のポジティブな熱量の表われだろうか、“初の応援ソング”と銘打った10枚目のシングル。比喩的要素の多かった菅原卓郎(Vo&Gu)の歌詞がグッと噛み砕いた言葉になり、9mm特有のダークさとひずみを内包しつつ、ギターストロークなどもどこかさわやかに響く。これまでのバンドの軌跡、説得力を感じさせる今らしいアプローチとも思う。カップリングには2019年3月のZepp Sapporo公演の音源を完全収録!

TEXT:田山雄士
『しあわせシンドローム』/ナナヲアカリ
EP 4/10 Release

Sony Music Associated Records

【Tシャツ付き完全生産限定盤

(Tシャツ+DVD付)】

AICL-3683 ¥3,800(税抜)

【初回生産限定盤(DVD付)】

AICL-3685 ¥2,800(税抜)

【通常版(CD)】

AICL-3687 ¥1,800(税抜) 
“社会不適合系ダメポップ“を提唱するナナヲアカリの初EPはこれまでと同様、ナユタン星人をはじめとしたボカロP陣によるダンサンブルでリズミカルな楽曲群に、幸せを問う自作詞を取り入れることで、改めて幸せの意味を思索させてくれるのと同時に、思うようにいかない毎日をなんだかハッピーな気持ちに彩ってくれる。恋心に併せて、洋楽チックでダウナーな雰囲気を醸し出す「Youth」は要になりそうな予感。

TEXT:小町碧音
「ハルノヒ」/あいみょん
Single 4/17 Release

unBORDE/WARNER MUSIC JAPAN

【初回限定盤(クレヨンしんちゃん盤)】

WPCL-13038  ¥1,000(税抜)

【通常盤】

WPCL-13037 ¥1,000(税抜)

※プラスチック2ピースケース

 +スリーブケース付
表題曲は『クレヨンしんちゃん』の大ファンのあいみょんが『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』のために書き下ろした主題歌であり、TVアニメ『クレヨンしんちゃん』のEDテーマ。しんちゃんの父親のひろしに焦点を当て、《北千住駅のプラットホーム》と始まる曲は、自分と大切な人が過ごす日常を見落としていないからこそ見つけられる幸せであり、リアルな描写がじわじわくる家族愛ソングだ。

TEXT:山本弘子
『労働なんかしないで光合成だけで生きたい』/スガ シカオ
Album 4/17 Release

SPEEDSTAR RECORDS

【初回限定盤(DVD付)】

VIZL-1556 ¥4,600(税抜)

【通常盤】

VICL-65159 ¥3,000(税抜)
前作『THE LAST』発売後に陥った“自己暗示スランプ”状態で制作をスタートするも、「スターマイン」でスイッチが入り、“音楽を生み出すのが楽しい”という気持ちで作り上げた今作。ファンクなタイトル曲に始まり、希望の光が差す「遠い夜明け」、Mummy-Dとのコラボ「ドキュメント2019」、Shikao & The Family Sugarと制作した「マッシュポテト&ハッシュポテト」と音楽を思い切り楽しむテンション感も伝わる痛快な一枚。

TEXT:フジジュン
『Rock’n Roll』/TH eROCKERS
Album 4/17 Release

PONY CANYON

PCCA. 04778

¥3,240(税込)
なんと38年振りのオリジナルアルバム! 陣内孝則率いる伝説のバンドが何度かの再始動を経て新作を完成させた。百々和宏(Gu)や田中元尚(Dr)ら新メンバーを迎え、最高な部分はあの頃となんら変わることなく、なおかつ現在進行形の輝きもあり、博多弁だったりロックンロールの旨味だったりをユーモラスに振りまいては、活き活きとつんのめっている。日本語詞の洋楽カバー、福岡民謡「黒田節」含め、聴き応え十分。

TEXT:田山雄士
『本音とは醜くも尊い』/橋爪もも
Album 4/17 Release

徳間ジャパンコミュニケーションズ

TKCA-74781

¥2,778(税抜)
自身のルーツと言えるギターの弾き語りから始まる「内包された女の子」をはじめとして、人間の深淵に潜む心の醜さに蓋をすることなく、“本音”を綴った全12曲を収録。日常の鬱憤を赤裸々に放つ辛辣な歌詞にエッジの効いたバンドサウンドが掛け合わさることで、聴く者の胸の奥を刺してくる。純でポップ感がある「甘い娘」でさえも、どこか煽情的なのは、恋心ならではの本音に徹している証左。

TEXT:小町碧音
『トワイライト』/Cloque.
Mini Album 4/17 Release

VAP

VPCC-86243

¥1,800(税込)
待望のメジャーデビューに併せて届ける本作は、メジャーのフィールドを駆け抜けていくCloque.の未来を彷彿させる。弾けるギターサウンドに乗った村松利彦(Vo&Gu)のやさしい歌声が楽曲全体を温和に包み込む印象の中、新しい日々へ踏み出すことに躊躇する気持ちを「未来へ」「春風」で応援しつつ、安心感を与える「365」や「ハローグッナイ」でもって、怖がらずに未来へ前進することの大切さを教えてくれる。

TEXT:小町碧音
『美しくあれ』/マイアミパーティ
Album 4/17 Release

LD&K Records

303-LDKDCD

¥2130(税抜)
一語一音が確かな手触りとして伝わってくる一枚だ。札幌発の4人組による1stアルバムは、どれも人肌の温度を感じさせるリアルなエモーションに貫かれているよう。悲喜こもごもの感情を掬い上げ、それを朴訥したアプローチで聴かせるさまには強い説得力が宿っている。聴けば聴くほど、心の奥底に浸み入る楽曲が多い。大阪発のラッパー・かしわとコラボした「おはよう、おやすみ」を含む全11曲入り。

TEXT:荒金良介


音楽ニュースMUSIC NEWS

Yogee New Wavesとiriが対バン!Colourful Recordsイベント『Match Up』最終日が大盛況にて終了!

ジャパニーズロック2019年9月22日

ビクターエンタテインメント内に2011年に設立、今年で9年目をむかえるColourful Records初のレーベルイベント『Colourful Records presents“Match Up”』Day2が9月21日(土)に … 続きを読む

<ライブレポート>カーク・フランクリン、ゴスペルの楽しさと開放感に溢れた来日公演開催

洋楽2019年9月21日

 米音楽界で圧倒的な支持を得るゴスペル・シンガー、カーク・フランクリンが、2019年9月21日にビルボードライブ東京で来日公演を開催。2019年5月にリリースした最新作『Long Live Love』を引っ提げ、多幸感溢れるステージを繰り広 … 続きを読む

ドラマ『おっさんずラブ』オーケストラ生演奏&名場面を楽しめるコンサート開催

J-POP2019年9月21日

 【おっさんずラブコンサート】が、2020年1月22日と23日の2日間、東京国際フォーラム ホールAにて開催される。  2018年新語・流行語大賞トップ10にも選出されるなど、日本中に社会現象を巻き起こし、現在公開中の映画も大ヒットのドラマ … 続きを読む

LACCO TOWER、全国6公演となる 2マンツアー開催を発表

ジャパニーズロック2019年9月21日

8月21日リリースのニューアルバム『変現自在』を引っ提げ、9月21日の大阪サンケイホール ブリーゼ を皮切りに、全国4都市6公演となるホールツアーをスタートさせたLACCO TOWEが、11月2日より全国6公演となる2マンツアー『LACCO … 続きを読む

超特急、『イナズマロックフェス』で圧巻のライブを披露

ニュース2019年9月21日

9月21日(土)と22日(日)と2日間にわたって開催される『イナズマロックフェス2019』の1日目のステージに、超特急が2年連続3度目の出演を果たし、昨年を上回る圧巻のパフォーマンスで会場を終始沸かせた。 OPの映像が終わると、雷を彷彿とさ … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top