大滝詠一、初ライブアルバム発売記念の特番公開収録イベントが開催

2019年3月21日 / 17:30

『大滝詠一 NIAGARA CONCERT ’83 発表記念公開収録イベント』 (okmusic UP's)

3月21日(木・祝)にリリースされた大滝詠一にとって初のライブアルバム『NIAGARA CONCERT ’83』の発売を記念して、ニッポン放送イマジンスタジオにて『大滝詠一 NIAGARA CONCERT ’83 発表記念公開収録イベント』が開催された。

応募が殺到した中から幸運な120名のファンがつめかけた本イベント。本アルバムのライナーノーツを担当した音楽評論家・能地祐子の他、音楽評論家・湯浅学、音楽ライター・島村文彦を迎えて、大滝詠一名義としては最後のライブとなった1983年7月24日に西武球場にて開催された『ALL NIGHT NIPPON SUPER FES ’83 /ASAHI BEER LIVE JAM』開催当時の思い出や貴重な裏話が披露された。

その他、初回生産限定盤に収録されている、1970年~80年初頭にかけてのオールディーズのカバー曲のライブ音源を集めた『EACH Sings Oldies From NIAGARA CONCERT』、1977年に行われた『THE FIRST NIAGARA TOUR』の模様をフィルムで記録したナイアガラ初の映像作品について、大滝詠一に近しい音楽評論家・ライター陣による解説なども展開され、ファンのみならずすべての音楽ファンにとって垂涎の貴重なイベントとなった。

本イベントの模様は3月25日(月)18:00~19:30にニッポン放送にて、特別番組『1983年夏 大滝詠一 最後のステージ』として放送される。

そして、『NIAGARA CONCERT ’83』はアナログ盤でのリリースも決定! 詳細は追って発表となる予定だ。

■ニッポン放送 『1983年夏 大滝詠一 最後のステージ』

・放送日時 2019年3月25日(月) 18:00~19:30

・パーソナリティ 上柳昌彦

・ゲスト 島村文彦(音楽ライター)、能地祐子(音楽評論家)、湯浅学(音楽評論家)
アルバム『NIAGARA CONCERT ’83』
2019年3月21日発売

【初回生産限定盤】(2CD+DVD)

SRCL-11100~11102/¥6,000(税抜)

<収録曲>

■CD1:「『NIAGARA CONCERT ’83』LIVE JAM 1983/7/24 西武ライオンズ球場」

M-1 夢で逢えたら(Niagara Fall of Sound Orchestral)

M-2 Summer Breeze(Niagara Fall of Sound Orchestral)

M-3 Water Color(Niagara Fall of Sound Orchestral)

M-4 青空のように(Niagara Fall of Sound Orchestral)

M-5 カナリア諸島にて(Niagara Fall of Sound Orchestral)

M-6 オリーブの午后

M-7 ▽じかけのオレンジ

M-8 白い港

M-9 雨のウエンズデイ

M-10 探偵物語

M-11 すこしだけやさしく

M-12 夏のリビエラ

M-13 恋するカレン

M-14 FUN×4

M-15 Cider ’83~君は天然色

M-16 夢で逢えたら、もう一度(Niagara Fall of Sound Orchestral)

※「▽」は白抜きのハート

■CD2:『EACH Sings Oldies from NIAGARA CONCERT』

M-1 Confidential(1981/12/03 HEAD PHONE CONCERT@渋谷公会堂)

M-2 Blue Velvet(1981/12/03 HEAD PHONE CONCERT@渋谷公会堂)

M-3 Secretly (1981/06/01 A LONG VACATION@新宿厚生年金会館)

M-4 I Love How You Love Me (1981/06/01 A LONG VACATION@新宿厚生年金会館)

M-5 Fools Rush In (1981/06/01 A LONG VACATION@新宿厚生年金会館)

M-6 Sheila~シャックリママさん~Love’s Made A Fool Of You(1981/06/01 A LONG VACATION@新宿厚生年金会館)

M-7 Mr Blue (1980/12/16 LET’S DEBUT AGAIN@芝・郵便貯金ホール)

M-8 Dreamy Eyes (1980/12/16 LET’S DEBUT AGAIN@芝・郵便貯金ホール)

M-9 Come Softly To Me (1980/12/16 LET’S DEBUT AGAIN@芝・郵便貯金ホール)

M-10 Who Put The Bomp (1980/12/16 LET’S DEBUT AGAIN@芝・郵便貯金ホール)

M-11 His Latest Flame (1980/12/16 LET’S DEBUT AGAIN@芝・郵便貯金ホール)

M-12 Train Of Love~Summer Lotion(1977/06/20 THE FIRST NIAGARA TOUR@渋谷公会堂)

M-13 Dream Lover ~ Travelin’ Man (1976/10/07 GO! GO! NIAGARA@渋谷公会堂)

M-14 Blue Suede Shoes (1976/03/29 NIAGARA TRIANGLE CONCERT@芝・ABC会館ホール)

M-15 Yesterday(1966/11/03@岩手 予餞会)

■DVD:『THE FIRST NIAGARA TOUR】 

M-1 「ナイアガラ・ムーンがまた輝けば」大滝詠一

M-2 「FUSSA STRUT」大滝詠一

M-3 「The Very Thought Of You」シリア・ポール duet with 大滝詠一

M-4 「夢で逢えたら」シリア・ポール

M-5 「COBRA TWIST」多羅尾伴内

M-6 「こいの滝渡り」大滝詠一

M-7 「ナイアガラ音頭」布谷文夫

【通常盤】(CD)

SRCL-11103/¥2,500(税抜)

<収録曲>

M-1 夢で逢えたら(Niagara Fall of Sound Orchestral)

M-2 Summer Breeze(Niagara Fall of Sound Orchestral)

M-3 Water Color(Niagara Fall of Sound Orchestral)

M-4 青空のように(Niagara Fall of Sound Orchestral)

M-5 カナリア諸島にて(Niagara Fall of Sound Orchestral)

M-6 オリーブの午后

M-7 ▽じかけのオレンジ

M-8 白い港

M-9 雨のウエンズデイ

M-10 探偵物語

M-11 すこしだけやさしく

M-12 夏のリビエラ

M-13 恋するカレン

M-14 FUN×4

M-15 Cider ’83~君は天然色

M-16 夢で逢えたら、もう一度(Niagara Fall of Sound Orchestral)

※「▽」は白抜きのハート


音楽ニュースMUSIC NEWS

YOUR SONG IS GOODのセッション盤『Sessions 2』5月リリース

J-POP2020年4月9日

 YOUR SONG IS GOODのアルバム『Sessions 2』が5月20日にリリースされる。  2019年3月6日に20周年記念盤としてリリースされた『Sessions』の続編となる同作。YOUR SONG IS GOODのレギュラ … 続きを読む

工藤遥がボルダリングに熱中、映画『のぼる小寺さん』予告編公開&主題歌はCHAI

J-POP2020年4月9日

 映画『のぼる小寺さん』の最新映像予告映像と本ポスタービジュアルが公開された。  2014年から『good!アフタヌーン』で連載された珈琲の同名漫画が実写化。クライミング部に所属するボルダリングに夢中な女子高生・小寺さんをきっかけに、頑張る … 続きを読む

ジャスティン・ティンバーレイク&ジェシカ・ビール、息子の5歳の誕生日を祝う

洋楽2020年4月9日

 現地時間2020年4月8日、ジャスティン・ティンバーレイクと女優のジェシカ・ビールが、息子サイラスくんの5歳の誕生日をインスタグラムで祝った。  サイラスくんを肩に担ぎ、笑みを浮かべポーズする写真を投稿したジェシカは、「このリトル・ガイが … 続きを読む

flumpool、新AL『Real』アートワーク解禁12年ぶりに全裸撮影に挑戦

J-POP2020年4月9日

 flumpoolが、5月20日にリリースする新アルバム『Real』のアートワークを解禁した。  12年前にリリースされてflumpoolメンバーの全裸姿のジャケット写真が話題となった『Unreal』。そこから挫折や葛藤を経験した12年を経 … 続きを読む

『4月9日はなんの日?』超多忙な“ドラムの神様”、スティーヴ・ガッドの誕生日

洋楽2020年4月9日

 4月9日は世界最高峰のセッション・ドラマー、スティーヴ・ガッドの75歳の誕生日。  スティーヴ・ガッドは1945年4月9日、アメリカ・ニューヨーク生まれ。10代の頃からジャズ・クラブのセッションでドラムの腕を磨き、70年代前半にはスタジオ … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top