TAKURO、ソロツアーの初日公演ではGLAYトークもたっぷり!

2019年3月15日 / 20:00

3月14日@Zepp Fukuoka (okmusic UP's)

2月27日に自身2作目となるソロインストアルバム『Journey without a map II』を発売したGLAYのギタリスト、TAKURO。同作を引っさげてのツアーが3月14日(木)Zepp Fukuoka公演よりスタートした。

GLAYの骨太ロックサウンドとは一線を画す、ジャジーでブルージーなサウンド、そしてビンテージギターの芳醇な音が心地良い楽曲が詰まった『Journey without a map II』。ライヴも座席に着席して楽しむスタイルであり、ここもまたGLAYと違った風景である。

ゲストメンバー、そしてTAKUROが静かに登場し、ライヴはスタート。1曲目はTAKUROが“今回のアルバムではどうしてもトランペットを入れたかった”と語った気持ちが色濃く出ている「SOUL FRIENDLY」。1stアルバムは“ギターのインストアルバム”としての面が強かったが、今回はギターだけでなく、その曲に合った楽器が主旋律を取っており、より“インスト”としての完成度を高めた楽曲揃い。その代名詞と言える「SOUL FRIENDLY」では、現地・福岡出身のトランペット奏者が主旋律を力強く取り、まさにプレイヤーの息吹が感じ取れるサウンドがZepp Fukuokaに響き、会場に静かではあるが“熱”が伝播していくのがわかった。

MCでは、GLAYのHISASHIがACE OF SPADESでツアーを敢行中で先週福岡に来ていたことや、イタリア・ヴェネツィアでTERUとJIROが先週ライヴを実施していたことを報告しつつ、ここまでメンバーがバラバラに動いているのは今までのGLAYにはなかったことであり、デビュー25周年を目前にメンバー各々が精力的に活動していると話した。

ライヴ中盤では、今回のアルバムプロデューサーで盟友でもあるB’zのTak Matsumotoより提供されたブルースナンバー「北夜色 Port Town Blues」を披露。TAKUROはこの曲について“松本さんとギタリストとして向き合わされた曲であり、そして自分のギタリストとしての将来像を見させてくれた曲”と語っており、彼のビンテージのレスポールからは一人のギタリストとしての覚悟のような気概を感じさせられた。

1stアルバムの曲なども披露していきながら、今作の中でも最もアップテンポなナンバー「SARAH 派手にやれ!」を披露。サックスの米澤美玖が猛烈に畳みかける、まさに派手な曲だ。TAKUROもサックスに合わせてGLAYを彷彿とさせるようなハードなプレイを披露したりと、会場はこの日一番の盛り上がりを見せた。その中で、TAKUROが自分が好きな遊びと紹介したハンドクラップを披露するが、まさかの自分で間違えてしまうという、ツアー初日っぽさもあった。

そして、ボルテージの上がったところでラストナンバー「鼓動」が始まった。この曲はGLAYのカバー曲でメロディーはすでにお馴染みではあるのだが、ギターのインストとして聴いてみると、これがまた全く別の曲にも聞こえてくる。元々「鼓動」は夕張の財政破綻をきっかけに生まれた曲。TAKUROが“平成が終わる前に、あらためてこの曲に向き合いたかった”という想いから、インストバージョンとして今回のアルバムに収録した。TAKUROの歪んだギターからはGLAYのリーダーとして、そして一人のギタリストとして激動の時代を駆け抜け、次の時代に向かう“決意”のような想いすら感じることができた。

アンコールでは、ライヴの前に福岡の中心街の天神を散歩しに出掛けた時に、晴れ着の方を見かけて自分の卒業式を思い出したと語り、そこからGLAYメンバーとの思い出話も聞かせてくれた。会場の雰囲気を和やかにすると、アンコール1曲目にはアルバムのリード曲「やすらぎのチセ」を披露。TAKUROの地元・北海道を彷彿とさせるこの曲では、会場がとても温かい空気に包み込まれていった。

初日の公演を終えて感じるのは、このツアーでは明らかに1stアルバムをリリースした頃よりもTAKUROの“ギタリストとしての表現力”が増しているということ。2019年にデビュー25周年を迎えるGLAYだが、さらなる高みを目指して旅を続けるTAKURO。その旅を経て、GLAYでどんな新しいサウンドを見せてくれるのか。今から楽しみだ。

Photo by 岡田裕介
『GLAY TAKURO Solo Project 3rd Tour “Journey without a map 2019”』
3月16日(土) 広島・BLUE LIVE HIROSHIMA

3月18日(月) 大阪・Zepp Namba

3月20日(水) 愛知・Zepp Nagoya

3月22日(金) 新潟・LOTS

3月26日(火) 東京・Zepp Tokyo

3月29日(金) 宮城・SENDAI GIGS

3月31日(日) 北海道・(函館) 金森ホール ※1日2回公演

<追加公演>

4月03日(水) ビルボードライブ東京 ※1日2回公演

・詳細ページ http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=11418&shop=1

4月06日(土) ビルボードライブ大阪 ※1日2回公演

・詳細ページ http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=11419&shop=2


音楽ニュースMUSIC NEWS

バスティル、ガガやテイラーをマッシュアップしたB・アイリッシュ「bad guy」のカヴァー披露

洋楽2019年6月26日

 最新アルバム『ドゥーム・デイズ』が、米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”で初登場5位を獲得したバスティルが、英BBCのMaida Vale Studiosにて、ビリー・アイリッシュの「bad guy」をカヴァーし … 続きを読む

マーティ・ジェームスと初めて共作した日本人、川口レイジがメジャーデビューEP『Departure』を7/24にリリース

J-POP2019年6月26日

 「Despacito」のソングライター、マーティ・ジェームスが、初めて共作した日本人である川口レイジが7月24日にEP盤「Departure」でメジャーデビューすることが決定した。  マーティ・ジェームスと川口の出会いはロサンゼルス。楽曲 … 続きを読む

miwa、ドラマ『凪のお暇』主題歌に新曲書き下ろし 「何か始めたいという人の背中を押せる曲になったら」

J-POP2019年6月26日

 miwaの新曲「リブート」が、7月19日からスタートする金曜ドラマ『凪のお暇』の主題歌に決定した。  ドラマは月刊誌「Eleganceイブ」で連載中のコナリミサトによる同名漫画が原作。2017年に第1巻が発売されて以来、口コミで話題となり … 続きを読む

映画『アリー/スター誕生』サントラが米レコード協会よりダブル・プラチナ認定

洋楽2019年6月26日

 現地時間2019年6月25日、2018年にリリースされた映画『アリー/スター誕生』サウンドトラックが、米レコード協会(RIAA)によってダブル・プラチナ認定された。現在同作は、2019年に全米で最も売れているアルバムでもある。  <インタ … 続きを読む

DAOKO×MIYAVIのコラボ曲「千客万来」MV公開 総監督は蜷川実花

J-POP2019年6月26日

 DAOKO×MIYAVIの新曲「千客万来」のミュージックビデオが公開された(https://youtu.be/kjiSn0ug4oU)。  同楽曲は、主演・藤原竜也、監督・蜷川実花による7月5日公開の映画『Diner ダイナー』の主題歌に … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top