angela、日比谷野音にてデビュー15周年の想いが溢れたステージを披露

2018年10月29日 / 13:45

10月27日(土)@日比谷野外大音楽堂 (okmusic UP's)

10月27日(土)、日比谷野外大音楽堂にてangelaによる『angela Live 2018 All Time Best in 日比谷野音』が開催された。今回のライヴは10月24日(水)に発売されたベストアルバム『angela All Time Best 2003-2009』と『angela All Time Best 2010-2017』を引っさげてのライヴプログラムだ。

ステージ袖からサポートバンドメンバー、ダンサーに続いて、東西融合テイストのコンテンポラリーでビビッドな衣裳に身を包んだangelaのふたりが姿を現し、この日を待ちかねていた“ぢぇらっ子(=angelaファン)”たちの大きな拍手と歓声の中、デビュー曲「明日へのbrilliant road」を熱唱。ベストアルバムを引っさげてのライヴに相応しい幕開けとなった。

中盤で今回のライヴロゴにピッタリなネオンカラーのチャイナ服衣裳にチェンジし、「in your arms」ではatsukoがダンサーを交えて色気のあるダンスを披露。そしてキングレコード所属前にかつての”デビュー曲”であった「memories」のカップリングに収録されていた「笑顔をみせて」を歌唱。『この曲は路上ライヴで毎回、歌ってた。この曲を歌うと人が立ち止ってくれて…(KATSU)』、『(路上ライヴの事とか)色んなことを思い出しながら歌いました!(atsuko)』と、ふたりの様々な想いの詰まった楽曲であることをぢぇらっ子たちに伝える場面も。

ライヴ終盤では、現在公開中の劇場アニメーション『K SEVEN STORIES』Episode 4「Lost Small World ~檻の向こうに~」を初披露。KATSUがアコースティックギターに持ち替え、いつもとは一味違った旋律を奏でた。なお、この曲は11月28日(水)に発売される『K SEVEN STORIES』エンディング主題歌を全曲収録したミニアルバムに収録されるのでぜひチェックしてほしい。そして「KINGS」ではサビの振付だけでなく、会場全員が一体となってのウェーブや大ジャンプで会場のボルテージがぐんぐん上昇し、最高潮に達した瞬間、金テープが宙を舞った。そこには『今までもこれからもangelaはぢぇらっ子とともに!! atsuko / All Time!! へこたれんじゃねぇぞ!! by KATSU』と、angelaからファンへの手書きメッセージがプリントされていた。

ライヴ本編が終了し、アンコールコーナーではangela、ダンサーだけでなく、サポートバンドメンバーやライヴスタッフまでもが仮装し、ステージに上がり「That’s Halloween」を披露。そしてアンコールラストの「Shangri-La」では一際大きな歓声が渦巻き、日比谷野外大音楽堂にぢぇらっ子たちの合唱が響き渡たり、ライヴは幕を閉じた。

ライヴ中のMCでは、今回の日比谷野外大音楽堂にて行われた『angela Live 2018 All Time Best in 日比谷野音』と、2018年5月19日(土)に河口湖ステラシアターにて行なわれた『angela 15th Anniversary Live』のライヴの模様を収録したBlu-ray DISCの発売が決定したことを発表し、ぢぇらっ子たちから歓喜の声が!

ノンストップ3時間、25曲の怒涛のライヴパフォーマンスは、日比谷野外大音楽堂に集まった約3,000人のぢぇらっ子たちにとって、まさに[全時間的至高]となったであろう。デビューから15周年、『まだまだ、ぢぇらっ子と一緒に brilliant road を歩んでいきたいです!』というatsukoの言葉通り、これからもangelaの歩んでいく未来を一緒に創りあげてほしい。
【セットリスト】

1. 明日へのbrilliant road

2. シドニア

3. 全力☆Summer!

4. Beautiful fighter

5. ANGEL

6. Spiral

7. gravitation

8. 僕じゃない

9. The end the world

10. オルタナティヴ

11. 蒼穹

12. 接触

13. in your arms

14. キラキラ-go-round

15. 愛すること

16. 笑顔をみせて

17. 未来とゆう名の答え

18. 蒼い春

19. 騎士行進曲

20. Lost Small World~檻の向こうに~

21. KINGS

22. SURVIVE!

<ENCORE>

1. Thatʼs Halloween

2. DEAD OR ALIVE

3. Shangri-La
アルバム『angela All Time Best 2003-2009』
2018年10月24日(水)発売

KICS-3755~6/¥3,300+税

※2CD
アルバム『angela All Time Best 2010-2017』
2018年10月24日(水)発売

KICS-3757~8/¥3,300+税

※2CD
劇場アニメーション『K SEVEN STORIES』ED主題歌ミニアルバム(タイトル未定)
2018年11月28日(水)発売

KIZC-464~5/¥2,800+税

※CD+BD


音楽ニュースMUSIC NEWS

森口博子/矢井田瞳/藤巻亮太/中川晃教/サラ・オレイン出演、ポップス×オーケストラの祭典、開催決定

J-POP2020年9月25日

 2020年クリスマスシーズンに、森口博子、矢井田瞳、藤巻亮太、中川晃教、サラ・オレインらが出演する、ポップス×オーケストラ競演のフェスティバル【Daiwa House presents billboard classics festiva … 続きを読む

離婚申請したカーディ・B、しばらくシングルでいる理由とは?

洋楽2020年9月25日

 先日、夫オフセットとの離婚を申請してシングルになったばかりのカーディ・Bが、現地時間2020年9月23日に会員制サイトOnlyFansのアカウントへ投稿したライブ・ビデオの中で、離婚に関する胸の内を明かした。  米ピープル誌によると、カー … 続きを読む

リゾ、自身が思い描くボディ・ポジティビティについて語る

洋楽2020年9月25日

 その音楽性だけでなく、“自分の体形をありのままに受け入れよう”というボディ・ポジティビティのメッセージを発信し続けていることも愛される理由の一つであるリゾが、プラスサイズの黒人女性として初めて米誌Vogueの表紙を飾り、自身が思い描くボデ … 続きを読む

ビートルズにも影響与えたフレンチ・アイコン、ジュリエット・グレコが93歳で死去

洋楽2020年9月25日

 フランスのシンガーで女優のジュリエット・グレコが死去した。享年93歳だった。戦後フランスの実存主義哲学者たちのミューズとして知られ、ザ・ビートルズにも影響を与えた文化的アイコンだった。  グレコが南仏サントロペの近くのラマチュエルにある自 … 続きを読む

トラヴィス・スコット、M.I.A.とヤング・サグを迎えた最新シングル「フランチャイズ」をリリース

J-POP2020年9月25日

 トラヴィス・スコットが本日(日本時間13:00)新たにラッパーのM.I.A.とヤング・サグを迎えたシングル「フランチャイズ」をミュージック・ビデオとともにリリースした。  本楽曲は、ヘビーなサウンドながらもトラヴィスの代名詞ともいえる浮遊 … 続きを読む

page top