けやき坂46、湘南乃風、Suchmosなど6月中旬リリースの作品9作を紹介

2018年6月21日 / 18:30

(okmusic UP's)

フリーマガジンokmusic UP’s vol.166(6/20発行)に掲載中の『DISC GUIDE』から、6月中旬リリースの作品9作を紹介!

1.『Chasing the Horizon』/MAN WITH A MISSION

2.『湘南乃風 〜一五一会〜』/湘南乃風

3.「流星 / 約束」/藍井エイル

4.「はじまれ」/LUNKHEAD

5.『-ing』/椎名慶治

6.『走り出す瞬間』/けやき坂46

7.『THE ASHTRAY』/Suchmos

8.「拝啓、少年よ」/Hump Back

9.『僕は音楽で殴り返したい』/それでも世界が続くなら
『Chasing the Horizon』/MAN WITH A MISSION
Album 6/6 Release

Sony Music Records

【初回生産限定盤(DVD付)】

SRCL-9808〜9 ¥3,500(税抜)

【通常盤】

SRCL-9810 ¥2,800(税抜)
オオカミたちの5thアルバムは、これまでと違う地平に立った大傑作と言っていい。パトリック・スタンプ(FALL OUT BOY)や中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)などのプロデューサー陣を迎え、マンウィズ流の強靭かつ斬新なロックサウンドを打ち立てている。その大きな特徴として、デジタル音を楽曲に血肉化させ、今の時代性をキャッチしつつ、エッジ際立つ牙は磨き抜かれた印象だ。名曲揃い。

TEXT:荒金良介
『湘南乃風 〜一五一会〜』/湘南乃風
Album 6/13 Release

TOY’S FACTORY

【初回限定盤(DVD付)】

TFCC-86638 ¥3,704(税抜)

【通常盤】

TFCC-86639 ¥2,778(税抜)
デビュー15周年を迎えた湘南乃風の7thアルバム。1曲目「Krazy Krazy」からアゲまくるとメッセージソング「ガキの俺へ」が胸を刺し、夏を歌う「Grand Blue」に熱くなり、新たな決意と感謝を歌う「一期一会」が希望の光を指す。限りなく近いところから歌い届ける4人の人間臭い言葉たちに、気持ちも感情も揺さぶりまくられる。音楽的にも人間的にも進化と成長を続ける、彼らの嘘偽りのない現在が詰まった一枚です。

TEXT:フジジュン
「流星 / 約束」/藍井エイル
Single 6/13 Release

SACRA MUSIC

【初回盤(DVD+Photobook付)】

VVCL-1252〜4 ¥2,000(税抜)

【通常盤】

VVCL-1255 ¥1,200(税抜)

【アニメ盤(DVD付)】

VVCL-1256~7 ¥1,600(税抜)
8月に日本武道館公演が決定している藍井エイルの復帰第一弾シングルは先行配信されたTVアニメ『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』のOPテーマと公式HPでいち早く公開された“この歌を届けにいく”と歌うファンとの約束を誓う曲の両A面。未来へと手を伸ばす自身の意思表明にもとらえられる「ヒトカケラの勇気」も収録されている。深みとやさしさを増した歌は彼女の今そのものだろう。

TEXT:山本弘子
「はじまれ」/LUNKHEAD
Digital Single 6/14 Release

直球レコード

¥250(税込)
3カ月連続配信リリースを締め括るのは、白紙の地図を持って何もない荒野に足を踏み出す気持ちを歌ったアンセミッ クなロックナンバー。そこに不安は微塵もない。あるのはこれから何が起こるのかというわくわくだけ。かき鳴らすギターをはじめ、演奏は渾身と言えるものだが、足取りは軽やかだ“。これからのLUNKHEADにとってマスターピースになる曲”と小高芳太朗(Vo&Gu)も胸を張る。ライヴの定番になることは必至。

TEXT:山口智男
『-ing』/椎名慶治
Album 6/16 Release

UNIVERSAL GEAR

POCS-1698 ¥3,000(税抜)
デビュー20周年を記念したソロアルバム。“現在進行形”という意味を込めて付けられたタイトル通り、人生の途中でじたばたしたり、こんがらがったりしながらも前を向き生きる“今”を綴った人間味ある曲が印象的だ。宮田“レフティ”リョウ(イトヲカシ)、山口寛雄、磯貝サイモンらが参加。再始動したSURFACEの相棒のギタリスト、永谷喬夫がアレンジを手がけた「5月27日」は、まさに彼らの切れない関係を歌った曲に。

TEXT:山本弘子
『走り出す瞬間』/けやき坂46
Album 6/20 Release

Sony Music Records

【初回仕様限定盤 Type-A(Blu-ray付)】

SRCL-9825〜6 ¥4,907(税抜)

【初回仕様限定盤 Type-B(Blu-ray付)】

SRCL-9827〜8 ¥4,907(税抜)

【通常盤】

SRCL-9829 ¥2,593(税抜)
初のアルバムは既存曲10曲に加えて、3形態に計18曲の新曲を収録したボリューミーな内容。各形態共通の新曲でリード曲となる「期待していない自分」は楽し気な青春の裏側を歌っているような、夢と現実の狭間で揺れる気持ちが描かれている。現在4万5,000人規模のツアーを開催中と、今勢いに乗る彼女たちのプライドと冷静さが掛け合わさった清々しくも頑なな今作は、ぜひ3形態併せてゲットしてほしい晩品です!

TEXT:千々和香苗
『THE ASHTRAY』/Suchmos
Mini Album 6/20 Release

F.C.L.S.

【初回生産限定盤(DVD付)】

KSCL 3060〜1 ¥3,000(税抜)

【通常盤】

KSCL 3062 ¥2,000(税抜)

【限定盤(LP)】

KSJL 6200 ¥3,000(税抜)

※7月3日発売
シティ感にあふれながら、ただポップなだけじゃないSuchmosが1年振りにミニアルバムをリリース。新たなキラーチューン「808」、ゴスペル風のバラード「ONE DAY IN AVENUE」を含む全7曲。芯に黒っぽいグルーブを持ちながら、80’s調のニューウェイブなファンク、モダンなギターロックサウンド、レゲエも装い、ポップなだけの連中に差を付ける。7分を超える「VOLT-AGE」に顕著で大陸的なグルーブが頼もしい。

TEXT:山口智男
「拝啓、少年よ」/Hump Back
Single 6/20 Release

VAP

VPCC-82347 ¥1,111(税抜)
チャットモンチーのトリビュート盤にも参加した大阪出身のガールズ3ピース、Hump Backによる1stシングル。斜に構えず小難しくしないピュアな青さはHi-STANDARDを彷彿させ、バンドサウンドも真っ直ぐエネルギッシュに映えている。表題曲での《馬鹿みたいに空がキレイだぜ》のような砕けた歌いっぷりが自然と似合う。歌詞には悔しい経験をしてきたゆえの強度と哀愁がキラリ。さらに躍進しそうです!

TEXT:田山雄士
『僕は音楽で殴り返したい』/それでも世界が続くなら
Album 6/20 Release

ROCKBELL/Bellwood Records

BZCS-1163 ¥2,778(税抜)
9月2日をもって活動休止することを発表した、それでも世界が続くなら。孤独や劣等感の中から生み出される篠塚将行(Vo&Gu)の言葉と、ギターノイズを活かしたグランジサウンドでリスナーの胸を打ってきた彼らが、2011年の結成時から現在までの軌跡を記録したベスト盤をリリースした。新曲「Re:僕がバンドを辞めない理由」はバンドの集大成であり、この音楽がリスナーの耳元で鳴りやまないことの証明だろう。

TEXT:千々和香苗


音楽ニュースMUSIC NEWS

あっこゴリラ、教育番組のおねえさん風に「超普通」を表現

J-POP2019年11月15日

 あっこゴリラが、2019年10月にリリースされた新曲「超普通」のMVを公開した。  MVには、某放送局の教育番組のおねえさん風のいでたちのあっこゴリラが、様々な変わったシチュエーションで「普通なのかな?」と思うような映像が収められている。 … 続きを読む

Cö shu Nie、新曲「bullet」のSlushiiによるRemixが配信スタート

ジャパニーズロック2019年11月15日

現在放送中のTVアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス 3』のEDテーマとして話題のCö shu Nieの新曲「bullet」を、アメリカ出身のDJ / プロデューサーで、マシュメロやスクリレックスから絶大なサポートを受け、世界で人気沸 … 続きを読む

あっとくん、クリスマスに2ndシングルのリリースが決定

ニュース2019年11月15日

ツイキャスでASMR配信を中心とした活動を続け、Twitterフォロワー数、YouTube登録者数、ツイキャスの同時接続者数など爆発的に増やしている、今最も期待されるライバーの一人、あっとくんの第2弾シングル「マッドディペンデンス」が12月 … 続きを読む

【SUBCULTURELIVE】にKan Sano/長谷川白紙が出演

J-POP2019年11月14日

 11月29日に、フレッドペリーのアジア最大の旗艦店である表参道・フレッドペリーショップ東京にて、ブランドのカルチャーをバックグラウンドにしたライブシリーズ【SUBCULTURELIVE(サブカルチャーライブ)】が開催される。  今回の出演 … 続きを読む

BiSH、大阪城ホールワンマンを映像化&当日のハイライト「オーケストラ」公開

J-POP2019年11月14日

 BiSHが、LIVE DVD&Blu-ray『And yet BiSH moves.』を、2020年1月15日にリリースする。  9月23日に大阪城ホールで開催した初の首都圏以外でのアリーナワンマン公演【And yet BiSH move … 続きを読む

page top