ニッキー・ミナージュ、米エル誌での発言への批判に怒りの反論「自分の価値を知ってほしい」

2018年6月18日 / 14:34

 ニッキー・ミナージュが米女性誌エル(ELLE)最新号のカバー・ストーリーで語った自身の性的表現に関する内容を“偽善者ぶっている”などと批判したTwitterユーザーに、本人が怒りの反論をしている。

 ロング・インタビューで彼女は、「セクシーでいるのは大好きだし、これからも露出をやめるつもりはない」としつつも、自身のセクシーなイメージや過激な歌詞が世の女性たちに予期せぬ影響を与えてしまっているかもしれないと話した。「自分の考えが甘かったのかもしれないけど、こんなにも多くの若い女性たちが”現代の娼婦”だってことを知らなかった」と彼女は語り、性的に奔放な女性を見下すつもりはないがもっと自分を大切にしてほしいというメッセージを8月にリリース予定のニュー・アルバム『クイーン』に込めたと話していた。

 彼女は慎重に言葉を選びながら、「ストリッパーとかインスタグラム・ガールとか、すごく美しくて魅力的な女性たちがいるじゃない?でも彼女たちに数千ドルを渡せばセックスできてしまう現状があるって知って”うわっ”て思って」と述べ、「彼女たちが自分の価値を分からないのが悲しい。女性として悲しく思うの。そして自分も何かしらの形でその一因になってしまっていたのかと思うと悲しい」と語っている。

 そして、「私はセックス・アピールを売っているから、彼女たちを見下すなんてできない。私は実際にセックスをしているわけではないけど、セックス・アピールを売っている」と自分の影響力についてこれまで以上に考えるようになったと話している。

 この複雑な問題についての彼女の発言はネット上で概ね好意的に捉えられたが、@MrJeromeTrammelというTwitterユーザーが、彼女の楽曲の歌詞を引用し、「(ニッキーは)エルで特定のタイプの女性をふしだらだと辱めている」と批判した。

 このツイートに対しニッキーは、「おととい来やがれバカ。記事を読んだなら、私が何よりも自分を批判していたことが分かるはず。”私の過剰に性的な歌詞と写真を見たファンのみんなが、誰とでも寝ていいって私が言っていると思わないでほしいし、自分の価値を知ってほしい”ってことを言ったの。歌詞と写真と実際にセックスをすることは全く別のこと」と反論した。

◎ニッキーによる投稿
https://twitter.com/NICKIMINAJ/status/1007761969653284864


音楽ニュースMUSIC NEWS

【TikTok週間楽曲ランキング】iri「会いたいわ」ついに1位獲得 「夏夜のマジック」バズったindigo la Endに再び注目

J-POP2020年1月22日

 ショートムービー・プラットフォーム“TikTok”における再生回数や影響力などを総合的に判断して生成された国内週間楽曲ランキング“TikTok HOT SONG Weekly Ranking”。2020年1月13日~1月19日を集計期間と … 続きを読む

山野ミナ、デンマーク録音盤に最新ライブ音源を加えたニュー・エディション盤を1/22に全国発売

J-POP2020年1月22日

 ジャズ・ボサノヴァ・シンガーの山野ミナが限定リリースしていたデンマーク・レコーディングのオリジナル・アルバムが好評につき、新たなストーリーで曲順を組み直し、最新ライブ音源のボーナストラックを加えたニューエディション盤『My Treasur … 続きを読む

BALLISTIK BOYZ、初の全国ツアーのキックオフシングル「ANTI-HERO’S」がリリース

J-POP2020年1月22日

 BALLISTIK BOYZにとって初となる全国ホールツアー【BALLISTIK BOYZ LIVE TOUR 2020 “BBZ”】のキックオフシングルとなる、「ANTI-HERO’S」が配信リリースされた。  なおツアーに向けて、1月 … 続きを読む

レルエ、1st EP『Eureka』のアートワークを公開  “出会いを繋ぐ”を表現

J-POP2020年1月22日

 レルエが、2020年3月4日にリリースする1st EP『Eureka』のアートワークを公開した。  今回も、デジタル・シングル「キミソラ」に続き、丸井“motty”元子が担当。象徴的となるアイコニックな色合い、何かを発見したようなファンタ … 続きを読む

山下智久がLAの音楽シーンに迫る、グラミー賞直前のスペシャル番組放送へ

J-POP2020年1月22日

 山下智久がLAの音楽シーンに迫る『生中継直前!第62回グラミー賞のみどころ』が、2020年1月25日にWOWOWプレミアムほかで放送される。  1月27日に生中継される第62回グラミー賞授賞式。今回も、アリアナ・グランデやエアロスミス、ビ … 続きを読む

page top