WANIMA、[ALEXANDROS]、高橋優など5月リリースの作品17作を紹介

2018年5月31日 / 14:00

(okmusic UP's)

フリーマガジンokmusic UP’s vol.164(4/20発行)~vol.165(5/20発行)に掲載中の『DISC GUIDE』から、5月リリースの作品7作を紹介!

1.「未来コネクション」/ЯeaL

2.「友達だからかな」/コレサワ

3.『Got In The Deep Room』/Keisandeath

4.『Mari Kaneko Presents 5th Element Will featuring Kyoichi Kita II』/Mari kaneko Presents 5th Element Will

5.「アップデート」/miwa

6.「BORN TO BE IDOL/恋する完全犯罪」/バンドじゃないもん!

7.「アウトマイヘッド」/LUNKHEAD

8.「Drive」/WANIMA

9.『Telepathy』/SPECIAL OTHERS ACOUSTIC

10.『綻び』/ゆるふわリムーブ

11.『ALL TIME BEST ~全部このままで~ 1988-2018』/JUN SKY WALKER(S)

12.「KABUTO」/[ALEXANDROS]

13.「SUMMER BREEZE / スタンドバイミー」/go!go!vanillas

14.『KICK UP!! E.P.』/Shiggy Jr.

15.『ねごとの森のキマイラ』/edda

16.「プライド」/高橋優

17.「カンパイの唄」/ケツメイシ
「未来コネクション」/ЯeaL
Single 5/2 Release

SME Records

【通常盤】

SECL-2286 ¥1,204(税抜)

【期間生産限定(DVD付)】

SECL-2287 ~ 8 ¥1,389(税抜)

※『ポケットモンスター サン&ムーン』

描き下ろし絵柄デジパック仕様
1stアルバム&ワンマンツアーを経て、新体制初となるシングルの表題曲はTVアニメ『ポケットモンスター サン&ムーン』オープニング曲に抜擢。明快に突き抜けた歌メロとコーラスワークをフックに、この上なくポップでキャッチーな曲調に仕上げている。カップリング曲「光になれない」「リスキーゲーム」はダンサブルな躍動感に満ち、総天然色のポップ性を放つ。1度聴いたら耳から離れないRyoko(Vo&Gu)の歌声も必聴!

TEXT:荒金良介
「友達だからかな」/コレサワ
Digital Single 5/2 Release

RECO RECORDS/CROWN STONES
テレビ朝日のマスコットキャラクター“ゴーちゃん。”の劇場版アニメ『ゴーちゃん。~モコと氷の上の約束~』EDテーマとして書き下ろされた今作は、絆をテーマに描かれた心温まる友情ソング。かわいらしいイントロや、お子さまにも分かりやすい歌詞にはほっこりするが、大人にもじんわりと染みるフレーズがあったりと親子でも楽しめそう。愛おしい気持ちに満ちたこの曲は、友達だけでなく全ての大切な人と一緒に聴いてほしい。

TEXT:千々和香苗
『Got In The Deep Room』/Keisandeath
Mini Album 5/7 Release

ZUKKA RECORDS

ZSDZK-0002

¥1,800(税込)
X JAPANのカバーなどの動画をYouTubeにアップし、その再生回数が話題の秋田県出身の癒し系メタルシンガーソングライター。2ndミニアルバムとなる本作には、メロディーが光る切ないミディアムテンポのラブソングなどメタルにとらわれないアプローチの楽曲も収録。イントロがハードなタイトル曲やアルペジオが印象的な切なく洋楽色の強いナンバーなど、浮遊感のあるギターソロも渋くてギャップに驚く。

TEXT:山本弘子
『Mari Kaneko Presents 5th Element Will featuring Kyoichi Kita II』/Mari kaneko Presents 5th Element Will
Album 5/2 Release

Pacific rim record

PR_004

¥5,400(税込)

※デジパック仕様

※DVD、ブックレット付
窪田晴男(Gu)を新メンバーに迎え4年振りにリリースされた2nd。CD&DVD2枚組で豪華ブックレット2冊付き。米南部の泥臭い音楽をベースにホットで成熟した演奏が聴ける。金子マリの味わい深いヴォーカルが印象的な「風は吹かない」と、北京一(Vo&Mime)ならではの浪速ファンク「忘れ物音頭」が白眉。ボートラの3曲には故・岩田浩史(Gu)在籍時の秘蔵ライヴを収録。こちらはジャズ〜 フュージョン的演奏で実にスリリング。

TEXT:河崎直人
「アップデート」/miwa
Single 5/9 Release

Sony Music Records

【初回生産限定盤(DVD付)】

SRCL-9771〜2 ¥1,500(税抜)

【通常盤】

SRCL-9773 ¥1,200(税抜)

【期間生産限定盤(アニメ盤)(DVD付)】

SRCL-9774〜5 ¥1,500(税抜)
24枚目のシングル。タイトル曲はTVアニメ『僕のヒーローアカデミア』第3期エンディングテーマとして書き下ろされたもので、仲間を大切に想いながら自分を更新していく世界観がmiwaのスタンスとも合っている。元気はつらつにアコギを弾き、《この場所が好きだよ》と真っ直ぐ伝える中、ホーンにストリングス、ソウルテイストのコーラスも壮麗だ。カップリング2曲では切ない声質を活かしていて、また新鮮な艶感が。

TEXT:田山雄士
「BORN TO BE IDOL/恋する完全犯罪」/バンドじゃないもん!
Single 5/9 Release

PONY CANYON

【初回限定盤(3CD+Blu-ray)】

PCCA.04659 ¥3,000(税抜)

【通常盤(CD)】

PCCA.04660 ¥1,000(税抜)
GLAYのHISASHIが作詞、作曲、編曲、プロデュースを手がけた新作。型にはまらないバンもん!の楽しさや賑やかさがはみ出しそうなほど詰め込まれたヴィヴィッドなアイドルソング「BORN TO BE IDOL」、ミステリータッチで迫るサウンドとロック+歌謡曲の合わせ技メロディーの「恋する完全犯罪」とダブルAサイドに相応しい。ボーナストラックに YouTube Originals 映画『隙間男』テーマ曲「イニミニマニモ」を収録。

TEXT:山本弘子
「アウトマイヘッド」/LUNKHEAD
Digital Single 5/14 Release

直球レコード

¥250(税込)
3カ月連続配信リリースの第二弾は、うねるようなリズム隊の演奏にギターがザクザクと絡み合うストレートなロックナンバー。“新しいLUNKHEADを見つけた気がした”と小高芳太朗(Vo&Gu)は曲ができた時の喜びを語っているが、なるほど、凄みと同時にどこか肩の力が抜けているようにも思えるアンサンブルはちょっと不思議かも。歌詞中の“ナンバーガール”が10代の頃の小高を彷彿させ、思わずニヤリ。

TEXT:山口智男
「Drive」/WANIMA
Digital Single 5/16 Release

unBORDE/WARNER MUSIC JAPAN

¥250(税込)
4万5,000人を動員した4月の幕張メッセ2デイズでも披露された新曲。これは映画『OVER DRIVE』主題歌のために書き下ろしたもの。イントロから童謡のごとく親密な歌メロで始まり、物語性豊かな起伏に富む展開で聴かせ、そこに“不可能を可能に変えてやるんだ!”という熱いメッセージが乗る。闇から光へ必死で前に突き進もうとする歌詞と、多彩かつ重厚なコーラスワークも見事に溶け合っている。

TEXT:荒金良介
『Telepathy』/SPECIAL OTHERS ACOUSTIC
Album 5/16 Release

SPEEDSTAR RECORDS

【初回限定盤(DVD付)】

VIZL-1367 ¥3,500(税抜)

【通常盤】

VICL-64989 ¥2,800(税抜)
SPECIAL OTHERSのアコースティックプロジェクトの2ndアルバム。チェコの芸術都市プラハでMV撮影したリード曲「STEADY」をはじめ、アーバンな風がふんわりと吹いているような気持ち良さが全編にある。グロッケンシュピールやマンドリンのやさしい音色に心がほぐされたり、メロディオンの響きに郷愁を覚えたり。スペアザの「IDOL」「CP」、Leyonaとの共作曲「ローゼン」のセルフカバーなども聴ける。

TEXT:田山雄士
『綻び』/ゆるふわリムーブ
Mini Album 5/16 Release

Eggs

EGGS-030

¥1,600(税抜)
前作が『第10回CDショップ大賞2018』の中国ブロック賞を勝ち取った広島在住の4人組。自ら“ネガティブポップバンド”と謳っているが、透明度の高いギターロックを鳴らし、ファルセットも効果的に使うセンチメンタルな歌メロは実に魅力的。この2ndミニアルバムは曲によってアコギや鍵盤を用い、アップテンポからバラード風の振れ幅のある曲調を揃え、繊細なフレーズと骨太なビート感とのギャップもいい。

TEXT:荒金良介
『ALL TIME BEST ~全部このままで~ 1988-2018』/JUN SKY WALKER(S)
Album 5/21 Release

DREAMUSIC

【初回生産限定盤(DVD付)】

MUCD-8121 ~ 4 ¥4,500(税抜)

【通常盤】

MUCD-1408 ~ 10 ¥3,500(税抜)
1988年5月リリースの「全部このままで」から再新曲まで全30曲、ジュンスカの30年の歴史が詰まったオールタイムベスト。デビュー盤『全部このままで』を完全再現したジャケだけで感涙だが、感動したのは最新曲「One-Way」の素晴らしさ。今だから歌えるバンドへの想いを描いた、その純然たるジュンスカサウンドと《10年先もきっと一緒に眺めようよ 素敵な夜空を》の歌詞にあふれる涙が止まらない。必聴!

TEXT:フジジュン
「KABUTO」/[ALEXANDROS]
Single 5/23 Release

UNIVERSAL J

【初回限定盤(フォトブック付)】

UPCH-7414 ¥1,800(税抜)

【通常盤】

UPCH-5941 ¥1,200(税抜)
荒々しいギターリフと歌詞のリフレインが耳に残る表題曲は、ヘヴィなロックサウンドと澄んだヴォーカル、多分な遊び心を持つアレンジが面白い、何度も聴きたくなる楽曲。東京メトロのCMソング「ハナウタ」は詩人の最果タヒが作詞、小林武史が編曲を務める、自身初となるコラボ曲。電車の中でも小声で口ずさめるように作ったというサビは、まさに車窓に映る自分を見て物思いにふける時間を想像させてハッとした。

TEXT:フジジュン
「SUMMER BREEZE / スタンドバイミー」/go!go!vanillas
Single 5/23 Release

Getting Better Records

【完全限定生産盤(DVD付)】

VIZL-1379 ¥1,800(税抜)

【通常盤】

VICL-37389 ¥1,200(税抜)
早くも夏を呼び込む爽快な2曲が両A面シングルになって到着! 「SUMMER BREEZE」は牧 達弥(Vo&Gu)がさわやかに歌い上げるロックチューンで、クラップやコーラスを交えた楽しげな雰囲気が夏への高揚感を掻き立てる。ミドルテンポの「スタンドバイミー」は軽やかなギターリフとトロピカルなサウンドが心地良く、忙しない毎日を支えるような歌詞にもゆったりと癒される。どちらもフェスで鉄板の楽曲になりそうな予感。

TEXT:千々和香苗
『KICK UP!! E.P.』/Shiggy Jr.
EP 5/23 Release

ビクターエンタテインメント

【初回限定盤(DVD付)】

VIZL-1384 ¥2,300(税抜)

【通常盤】

VICL-65009 ¥1,500(税抜)
迫力満点の全5曲を収録したニューEPは、アップテンポで突き進む1曲目「お手上げサイキクス」のスピード感に翻弄されながら、どんどん次の曲へと展開していく。シンプルな音作りで池田智子(Vo)の切なげな歌声を引き立てる「ずっと君のもの」や、「Do you remember」で披露する原田茂幸(Gu&Vo)との高らかな歌声にもドキッとくる。シンセで壮大に仕上げたサウンドが特徴的な「Beat goes on」まで聴き応え十二分な一枚。

TEXT:千々和香苗
『ねごとの森のキマイラ』/edda
EP 5/23 Release

Colourful Records/ビクターエンタテインメント

【初回限定盤】

VICL-65001 ¥1,700(税抜)

※紙ジャケ仕様、ボーナストラック1曲収録

【通常盤】

VICL-65002 ¥1,500(税抜)
『不思議の国のアリス』やティム・バートンの映像作品に小さい頃から影響を受けていたedda。5人のクリエイターとコラボした本作にはササノマリイとの共作曲やCoccoからの提供曲、たまのカバー「さよなら人類」も収録。現実からどこか浮遊している不思議な世界に新たなエッセンスが加わっている。初回限定盤はボーナストラックとしてテレビ東京系で放送されたスペシャルドラマ『忘却のサチコ』の主題歌「リピート」も収録。

TEXT:山本弘子
「プライド」/高橋優
Single 5/30 Release

unBORDE/ WARNER MUSIC JAPAN

【通常盤】

WPCL-12881 ¥1,200(税抜)

【期間生産限定盤(DVD付)】

WPZL-31468~9 ¥2,000(税抜)

【秋田CARAVAN MUSIC FES 2018

(オリジナルグッズ付)】

WPCL-12882 ¥2,500(税抜)
NHK Eテレアニメ『メジャーセカンド』のエンディングテーマとして書き下ろした表題曲は、力強いフォークロックナンバー。演奏と歌声はもちろん、何度倒れても立ち上がれ!と聴き手を鼓舞する言葉が熱い。その他、恒例と言ってもいい亀田誠治とのユニット、メガネツインズ名義の楽曲を含む計3曲をカップリング。今年3月に自身最大規模の全国ツアーを完遂させた高橋優の活動はここからさらに加速していきそうだ。

TEXT:山口智男
「カンパイの唄」/ケツメイシ
Single 5/30 Release

avex trax

【沖縄県限定商品 初回生産限定盤】

AVC1-94075 ¥1,800(税抜)

【CLUBケツメイシ限定商品

初回生産限定盤】

AVC1-94074/B ¥2,200(税抜)
約1年振りとなる新作は、なんと沖縄県&FC会員限定シングル! 『オリオンドラフト』CMソングとして沖縄出身アーティスト以外で初の起用となった表題曲。賑やかな宴を想像させるかと思いきや、個々の悩みや不安も抱えながら、仲間としみじみ酒を酌み交わす風景を想像させる、人情味あふれる乾杯ソングだ。みんなで歌いたい温かみのあるメロディーや三線の音が胸に染み、ひとり呑みのお供にもぴったりです!

TEXT:フジジュン


音楽ニュースMUSIC NEWS

ASIAN KUNG-FU GENERATION、新曲「ホームタウン」シュールでパンチの効いたMV公開

J-POP2018年11月13日

 ASIAN KUNG-FU GENERATIONが、2018年12月5日にリリースするニュー・アルバム『ホームタウン』より、タイトル・トラックのMVを公開した(https://youtu.be/7z-7klgUSyU)。  新曲「ホームタ … 続きを読む

ク・ハラ(ex.KARA)、クリスマスイブの夜にファンミーティング開催

J-POP2018年11月13日

 ク・ハラが、ソロファンミーティング【Koo HaRa Japan Fanmeeting 2018~約束~】を、2018年12月24日に神奈川県民ホールにて開催する。  ク・ハラは、 KARAのメンバーとして、 2010年8月「ミスター」で … 続きを読む

高木正勝、初のプライベート・ピアノ曲集&エッセイ集『こといづ』発売

J-POP2018年11月13日

 高木正勝が、初のプライベート・ピアノ曲集『Marginalia(マージナリア)』を、2018年11月21日にリリースする。  細田守監督作『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』『未来のミライ』の映画音楽をはじめ、CM音楽、執筆など幅広 … 続きを読む

篠原涼子ら東京ミッドタウン点灯式に登壇、特等席から見るイルミネーションに「贅沢です」 

J-POP2018年11月13日

 2018年11月13日から12月25日の間に開催される【MIDTOWN CHRISTMAS 2018】の点灯式が、東京ミッドタウンで行われた。  今年で12回目を迎える本イルミネーションでは、約100個の光るバルーン球体に加え、1日約45 … 続きを読む

【氣志團万博】初日、森山直太朗/TRF/BiSH/打首獄門同好会らが作り上げた最高の集会

J-POP2018年11月13日

 2018年9月15日に開催された、氣志團主催の野外フェス【氣志團万博2018 ~房総爆音爆勝宣言~】初日のライブレポートが到着した。  ウェルカムアクトであるオメでたい頭でなによりが「We will luck you」などで会場を暖めた後 … 続きを読む

page top