JUN SKY WALKER(S)、 デビュー30周年記念ツアー開催

2018年5月20日 / 14:45

5月19日@東京・中野サンプラザ (okmusic UP's)

JUN SKY WALKER(S)が、5月19日(土)東京・中野サンプラザにて『MX ROCK 祭り JUN SKY WALKER(S)「ALL TIME BEST ~全部このままで~1988-2018」』を開催した。このライブは、5月21日の30周年の記念日、さらにはベストアルバム『ALL TIME BEST ~全部このままで~1988-2018』を同日に発売することを控え開催されたもの。ジュンスカにとっては初となる中野サンプラザ公演だった。メンバーがリスペクトするRAMONESの1988年来日公演を行った会場であり、そのJAPAN TOURのMZA有明でオープニングアクトとしてジュンスカが出演した所縁を持ち、メンバーにとっても憧れの会場。30年という時を超えて開催された中野サンプラザでのワンマン公演。チケットはSOLD OUT、満員御礼に宮田和弥(Vo.)が「中野サンプラザ、チケット完売満員御礼ありがとう!」と絶叫。

世代を超えて親子連れも多く詰め掛けた、満員御礼2,200人の中で、ヒット曲「START」や「MY GENERATION」、新曲「One Way」など全25曲を披露。ライブの中盤では、ホコ天でジュンスカが行った最後のライブ映像も初公開された。渋谷公会堂でのライブの翌日に行われたという映像に寺岡呼人(Ba.)も「こうやって見ると僕らも時代を感じますね」とMCでファンの笑いを誘った。アンコールでは、9月からスタートし全国30公演を行う30周年記念ツアーの発表もされた。これには、宮田和弥が「30周年ということで全国30公演します。最終的には47都道府県まわりたいですし、この30周年から40周年、50周年と進んでいきたいです。ぜひ、みなさんと一緒に行きましょう」とファンに語りけた。

1988年5月21日のデビューから30年。2018年にデビュー30周年を迎えるジュンスカが、今度はあなたの街でも30年という歴史、そしてこれからの素晴らしい未来をわかちあってくれるだろう。
全国ツアー『JUN SKY WALKER(S) 30周年記念ツアー』
9月29日(土) 東京・渋谷CLUB QUATTRO

10月05日(金) 北海道・旭川CASINO DRIVE

10月06日(土) 北海道・札幌BESSIE HALL

10月20日(土) 宮城・仙台MACANA

10月21日(日) 福島・郡山CLUB #9

10月27日(土) 千葉・柏DOMe

11月10日(土) 埼玉・HEAVEN’S ROCK Kumagaya

11月17日(土) 大分・別府COPPER RAVENS

11月18日(日) 長崎・DRUM Be-7

12月09日(月) 神奈川・F.A.D YOKOHAMA

12月15日(土) 長野・長野CLUB JUNK BOX

12月16日(日) 新潟・新潟GOLDEN PIGS・BLACK STAGE

12月22日(土) 鹿児島・鹿児島 CAPARVOホール

12月23日(日) 熊本・熊本B9.V1

<2019年>

1月12日(土) 愛媛・松山WstudioRED

1月13日(日) 高知・高知X-pt.

1月19日(土) 愛知・ElectricLadyLand

1月20日(日) 静岡・Live House 浜松 窓枠

1月26日(土) 兵庫・神戸VARIT.

1月27日(日) 石川・金沢van van V4

2月10日(日) 岡山・livehouse IMAGE

2月11日(月・祝) 鳥取・米子laughs

2月16日(土) 山梨・甲府KAZOO HALL

2月23日(土) 栃木・HEAVEN’S ROCK Utsunomiya

3月02日(土) 福岡・DRUM Be-1

3月03日(日) 広島・Cave-Be

3月16日(土) 岩手・盛岡 CLUB CHANGE WAVE

3月17日(日) 青森・青森クォーター

3月23日(土) 京都・京都磔磔

3月24日(日) 大阪・梅田CLUB QUATTRO
アルバム『ALL TIME BEST~全部このままで~1988-2018』
2018年5月21日発売

【初回生産限定盤】(3CD+DVD)

MUCD-8121~24/¥4,500+税

<収録曲>

■CD DISC1

1.全部このままで (1988.05.21 「全部このままで」より)

2.MY GENERATION (1988.05.21 「全部このままで」より)

3.いつもここにいるよ (1988.05.21 「全部このままで」より)

4.すてきな夜空 (1988.11.10 「ひとつ抱きしめて」より)

5.声がなくなるまで (1988.11.10 「ひとつ抱きしめて」より)

6.明日が来なくても (1988.11.10 「ひとつ抱きしめて」より)

7.歩いていこう (1989.06.21 「歩いていこう」より)

8.風見鶏 (1989.06.21 「歩いていこう」より)

9.砂時計 (1989.06.21 「歩いていこう」より)

10.エルマーの夢 (1989.06.21 「歩いていこう」より)

11.白いクリスマス (1989.11.21 「白いクリスマス」より)

12.Let’s Goヒバリヒルズ (1990.06.28 「Let’s Go Hibari-hills」より)

13.START (1991.02.21 「START」より)

14.メロディー (1991.02.21 「START」より)

15.僕を灰に (1991.02.21 「START」より)

16.スケッチブック (1991.11.15 「TOO BAD」より)

17.ロマンチック (1992.11.11 「STAR BLUE」より)

18.時の列車 (1994.05.21 「DAYS」より)

■CD DISC2

01.さらば愛しき危険たちよ (1995.05.21 「nine」より)

02.ユア・ソング (1996.07.01 「EXIT」より)

03.HEAVY DRINKER (2012.01.18 「B(S)T」より)

04.青春 (2012.04.25 「LOST&FOUND」より)

05.NO FUTURE (2012.04.25 「LOST&FOUND」より)

06. 虹 (2013.02.13 「FLAGSHIP」より)

07.アニバーサリー (2013.02.13 「FLAGSHIP」より)

08.希望の詩 (2015.11.18 「BACK BAD BEAT(S)」より)

09.愛しい人よ ~2018ver. ~

10.休みの日 ~2018ver. ~

11.言葉につまる ~2018ver. ~

12.One-Way  ☆新曲

■CD DISC3

JUN SKY WALKER(S) COUNTDOWN LIVE 29/30 XXX

(2017/12/26.27 @渋谷Lamama) 

01.カギは誰が (2017/12/27)  

02.だから自由はここにある (2017/12/27)  

03.カステラ (2017/12/26)  

04.JACK&BETTY (2017/12/26)  

05.誓いを立てて (2017/12/27)  

06.EVE&LOVE  (2017/12/27)  

07.遠くへ行かないで (2017/12/26)  

08.BAD MORNING  (2017/12/27)  

09.その日まで (2017/12/27)  

10.ロックンロール☆ミュージック (2017/12/26)  

■DVD

Live TOMATO JUN SKY WALKER(S) (C) tvk

『#113 1988.12.31 OA Live TOMATO SPECIAL’ 88-‘ 89 at 新宿コマ劇場』

1.全部このままで 

2.いつもここにいるよ

3.だけど一人じゃいられない 

4.ガラスの街

5.SUICIDE DAY 

6.ひとつ抱きしめて

7.すてきな夜空

8.MY GENERATION

『#133 1991.11.26 REC Live TOMATO at 日清パワーステーション』

1.START

2.つめこんだHAPPY

3.風見鶏

4.だから自由はここにある

5.ひとつ抱きしめて

6.エンジェル

【通常盤】(3CD)

MUCD-1408~10/¥3,500+税

<収録曲>

■CD DISC1

1.全部このままで (1988.05.21 「全部このままで」より)

2.MY GENERATION (1988.05.21 「全部このままで」より)

3.いつもここにいるよ (1988.05.21 「全部このままで」より)

4.すてきな夜空 (1988.11.10 「ひとつ抱きしめて」より)

5.声がなくなるまで (1988.11.10 「ひとつ抱きしめて」より)

6.明日が来なくても (1988.11.10 「ひとつ抱きしめて」より)

7.歩いていこう (1989.06.21 「歩いていこう」より)

8.風見鶏 (1989.06.21 「歩いていこう」より)

9.砂時計 (1989.06.21 「歩いていこう」より)

10.エルマーの夢 (1989.06.21 「歩いていこう」より)

11.白いクリスマス (1989.11.21 「白いクリスマス」より)

12.Let’s Goヒバリヒルズ (1990.06.28 「Let’s Go Hibari-hills」より)

13.START (1991.02.21 「START」より)

14.メロディー (1991.02.21 「START」より)

15.僕を灰に (1991.02.21 「START」より)

16.スケッチブック (1991.11.15 「TOO BAD」より)

17.ロマンチック (1992.11.11 「STAR BLUE」より)

18.時の列車 (1994.05.21 「DAYS」より)

■CD DISC2

01.さらば愛しき危険たちよ (1995.05.21 「nine」より)

02.ユア・ソング (1996.07.01 「EXIT」より)

03.HEAVY DRINKER (2012.01.18 「B(S)T」より)

04.青春 (2012.04.25 「LOST&FOUND」より)

05.NO FUTURE (2012.04.25 「LOST&FOUND」より)

06. 虹 (2013.02.13 「FLAGSHIP」より)

07.アニバーサリー (2013.02.13 「FLAGSHIP」より)

08.希望の詩 (2015.11.18 「BACK BAD BEAT(S)」より)

09.愛しい人よ ~2018ver. ~

10.休みの日 ~2018ver. ~

11.言葉につまる ~2018ver. ~

12.One-Way  ☆新曲

■CD DISC3

JUN SKY WALKER(S) COUNTDOWN LIVE 29/30 XXX

(2017/12/26.27 @渋谷Lamama) 

01.カギは誰が (2017/12/27)  

02.だから自由はここにある (2017/12/27)  

03.カステラ (2017/12/26)  

04.JACK&BETTY (2017/12/26)  

05.誓いを立てて (2017/12/27)  

06.EVE&LOVE  (2017/12/27)  

07.遠くへ行かないで (2017/12/26)  

08.BAD MORNING  (2017/12/27)  

09.その日まで (2017/12/27)  

10.ロックンロール☆ミュージック (2017/12/26)  


音楽ニュースMUSIC NEWS

『1月19日はなんの日?』サザン・ソウルの大御所、ウィルソン・ピケットの命日

洋楽2020年1月19日

1月19日はサザン・ソウルを代表するシンガー、ウィルソン・ピケットの命日。  1942年3月18日、アメリカ・アラバマ州ピラットビル生まれのピケットは、1963年にソロ・シンガーとしてデビュー。1964年に名門アトランティック・レーベルに移 … 続きを読む

TM NETWORK、35周年記念べストアルバムにファン投票70曲を収録

J-POP2020年1月18日

 TM NETWORKのデビュー35周年を記念して、2020年3月18日にリリースとなるべストアルバムの詳細が決定した。  ベスト盤は、ソニー・ミュージックダイレクトよりリリースの『Gift from Fanks T』、エイベックスよりリリ … 続きを読む

ナナヲアカリ、アニメ『理系が恋に落ちたので証明してみた。』ED曲のMV公開

J-POP2020年1月18日

 ナナヲアカリが、2020年2月5日にリリースとなるニュー・シングル『チューリングラブ feat.Sou / ピヨ』より、収録曲「チューリングラブ feat.Sou」のミュージックビデオを公開した。  ゲストボーカルにSouを迎えた新曲「チ … 続きを読む

清水翔太、ソニーミュージック初の男性ヴォーカリスト・オーディションにサプライズ登場

J-POP2020年1月18日

 清水翔太が、ソニーミュージックが開催している男性ヴォーカリスト・オーディションにサプライズ登場した。  本オーディションは、ソニーミュージックのオーディションブランド「ONE in a Billion(ワン・イン・ア・ビリオン)」の第一弾 … 続きを読む

『マニック』ホールジー(Album Review)

洋楽2020年1月18日

 1994年生まれ、米ニュージャージー州出身。2010年代後期を代表する女性シンガーとして、世界中に多くのファンを獲得しているホールジーの、2020年代初、通算3作目となるスタジオ・アルバム『マニック』が完成。まずは簡単に、これまでの功績を … 続きを読む

page top