Dragon Ash ライブ映像作品『Live Tour MAJESTIC Final at YOKOHAMA ARENA』 臨場感と立体感を追体験できる内容に

2018年2月16日 / 17:00

 Dragon Ashが、デビュー20周年を締めくくるメモリアルなライブとして1月28日に行った横浜アリーナ公演を完全映像化したライブ映像作品『Live Tour MAJESTIC Final at YOKOHAMA ARENA』の全収録楽曲とジャケットを公開した。

 3月28日にリリースする『Live Tour MAJESTIC Final at YOKOHAMA ARENA』の収録楽曲は全24曲。横浜アリーナで開催された【Dragonash Live Tour MAJESTIC Final】のライブステージを完全収録している。最新アルバムからの楽曲に往年の人気曲も幅広く加えたベスト選曲といえる内容で、WOWOWで生放送された内容とは異なり、複数台のスペシャルカメラを追加した完全別編集・別ミックスのコンプリート・エディションとなる。サウンドは、Dragon Ashのメインエンジニア飛澤正人氏が提唱する新機軸のステレオサウンド「VR SOUND」のミックス手法を採り入れ、ライブ会場の臨場感と立体感を追体験できる迫力あるサウンドに仕上がっている。ライブのオープニングからアンコールのさらにその先まで127分、余すことなく収録される。

 そして、【完全生産限定20th Anniversary記念パッケージ】と題したスペシャルパッケージに付属する、全400ページにおよぶ超ボリューミーな内容のDragon Ash初のインタビューBOOK“Intervista(インテルビスタ)”も完成。1997年以降、20年間にわたる30本以上のメンバー・インタビューを作品の歩みに即して編纂した初のインタビュー集となる。さらに、横浜アリーナ当日の写真を満載した全52ページのカラーフォトブックレット封入や豪華ボックス仕様など、特別な仕様となる完全生産限定20th Anniversary記念パッケージは必見だ。

◎リリース情報
LIVE Blu-ray&DVD『Live Tour MAJESTIC Final at YOKOHAMA ARENA』
2018/3/28 RELEASE
<Blu-ray完全生産限定20th Anniversary記念パッケージ> VIZL-1357 7,980円(tax out.)
<DVD完全生産限定盤20th Anniversary記念パッケージ> VIZL-1358 6,980円(tax out.)
<Blu-ray通常盤> VIXL-216 6,000円(tax out.)
<DVD通常盤> VIBL-885 5,000円(tax out.)
http://www.dragonash.co.jp/


音楽ニュースMUSIC NEWS

米津玄師「馬と鹿」が『ドラマアカデミー賞』で“最優秀ドラマソング賞”に

J-POP2019年11月20日

 米津玄師によるドラマ『ノーサイド・ゲーム』主題歌の「馬と鹿」が、ザテレビジョン主催の『第102回ザテレビジョンドラマアカデミー賞』において、“最優秀ドラマソング賞”を受賞した。  『ドラマアカデミー賞』では、国内の地上波連続ドラマを対象と … 続きを読む

Foorin&Foorin team E、英語版「Paprika」初披露 10人編成で笑顔の花を咲かせる

J-POP2019年11月19日

 英語ネイティブの5人組こどもユニット・Foorin team Eが、NHKホールにて開催された【ABUテレビソングフェスティバル in TOKYO】にて「Paprika」を初披露した。  『Foorin team E』は、先日11月14日 … 続きを読む

テイラー・スウィフト、元レーベルが過去曲のパフォーマンスを許可

洋楽2019年11月19日

 テイラー・スウィフトが、2019年11月24日に開催される【アメリカン ・ミュージック・アワード】(AMAs)のステージで、元レーベルであるビッグ・マシーン・レーベル・グループ(BMLG)からリリースした過去曲を演奏しないよう通告されたと … 続きを読む

カニエ・ウェスト、米ヒューストンの教会で牧師と対談

洋楽2019年11月19日

 カニエ・ウェストが2019年11月17日、米テキサス州ヒューストンのレイクウッド教会で行われた礼拝に参加し、午前の部で同教会の牧師でテレビ宣教師のジョエル・オスティーンと対談した。  キリスト教への回帰を宣言してから福音の伝道に力を入れて … 続きを読む

やくしまるえつこ、入手困難だった『わたしは人類』CD入りシャーレを限定販売

J-POP2019年11月19日

 やくしまるえつこ(相対性理論)が、11月19日から東京・森美術館にて開催されている展覧会【未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命――人は明日どう生きるのか】にて、“人類滅亡後の音楽”をコンセプトにバイオ・テクノロジーを駆使して制作、音源 … 続きを読む

page top