aiko、東京スカパラダイスオーケストラ、[Alexandros]など11月下旬から12月中旬リリースの7作を紹介

2017年12月26日 / 20:30

(okmusic UP's)

フリーマガジンokmusic UP’s vol.159(11/20発行)に掲載中の『DISC GUIDE』から、11月下旬から12月中旬リリースの作品7作を紹介!

1.「予告」/aiko

2.「白と黒のモントゥーノ feat. 斎藤宏介(UNISON SQUARE GARDEN)」/東京スカパラダイスオーケストラ

3.「明日、また」/[Alexandros]

4.『東京、這う廊』/THURSDAY’S YOUTH

5.「愛を教えてくれた君へ」/クアイフ

6.『WHITE』/uchuu,

7.『WOLF』/アルコサイト
「予告」/aiko
Single 11/29 Release

PONY CANYON

PCCA-15037

¥1,200 (税抜)

※初回限定仕様盤:カラートレイ

 &8Pブックレット
20周年イヤー第一弾は躍動感あふれるポップチューン。夢なんて何度も見ればいい、選べなくたってそれでいいと歌う歌詞が気持ちをスッと楽にさせてくれる。夢中になって駆け抜けた季節は曲がりくねっていたけれど、振り返ってみたら、それもきれいだというaikoの人生の経験値があってこそ歌えるポジティブソング。希望がキラキラ降ってくるような曲調に“予告”というタイトルを付ける感性も彼女らしい。

TEXT:山本弘子
「白と黒のモントゥーノ feat. 斎藤宏介(UNISON SQUARE GARDEN)」/東京スカパラダイスオーケストラ
Single 11/29 Release

cutting edge

【CD+DVD】

CTCR-40390/B ¥2,300(税抜)

【CD only】

CTCR-40391 ¥1,200(税抜)
UNISON SQUARE GARDENの斎藤宏介(Vo&Gu)をゲストヴォーカルに迎えたニューシングルはドラマ24『新宿セブン』のオープニングテーマとしてオンエア中。身体を揺らさずにはいられないゴキゲンなラテンのリズムとハイトーンでスイートな斎藤のヴォーカルが生み出したポップな化学反応。スカパラらしい楽曲に新しいヴィヴィッドな色が加わった印象だ。寒さが増す日々、温熱効果が期待できる粋なナンバーで盛り上がろう。

TEXT:山本弘子
「明日、また」/[Alexandros]
Single 11/29 Release

UNIVERSAL J

【完全生産限定盤(ラバーバンド付)】

UPCH-7379 ¥1,700(税抜)

【通常盤】

UPCH-5929 ¥1,200(税抜)
クロレッツのCMソングとしてOA中の「明日、また」をタイトルに冠した約10カ月振りのシングルは、ダンサブルなアンセムである表題曲に今の世相を斬るアグレッシブなロックナンバーと、ブレイクビーツを大胆に使ったR&B調のバラードをプラス。3曲に共通するスキルアップしたバンドの演奏とデジタルなサウンドを高次元で掛け合わせる試みからはバンドの野心がうかがえる。現在、バンドは新曲の制作に邁進中。その成果に期待!

TEXT:山口智男
『東京、這う廊』/THURSDAY’S YOUTH
Album 11/29 Release

Lastrum

LACD-0289

¥2,500(税抜)
Suck a Stew Dryから改名した4人組バンド、THURSDAY’S YOUTH初のフルアルバム。ダーティーな轟音ギターが印象深い「Drowsy」でシューゲイザーを薫らせるなど、サウンド面での変化が随所にしっかりある。そして、世の中に渦巻くもやっとしたムードを汲み取り、抱えざるを得ない悩ましい感情を歌う。「東京」では《冷たい街並に飲み込まれても 僕らの体は温かいぜ いつだって》なんて、時にやさしさを滲ませながら。

TEXT:田山雄士
「愛を教えてくれた君へ」/クアイフ
Single 11/29 Release

EPIC Records Japan

【期間限定生産盤(DVD付)】

ESCL-4948〜9 ¥1,500(税込)

【通常盤】

ESCL-4947 ¥1,200(税込)

※初回仕様:PlayPASS対応
満を持してのメジャーデビューシングル。タイトル曲はTVアニメ『いぬやしき』への書き下ろしEDテーマで、歌心もアレンジも新境地へ! 光と闇の描写に長けるクアイフが、迷い歩く人間の機微、整理をつけようとしてもつかない想いを、温かみこぼれるメロディーで愛しく表現した。音の浮遊感も◎。カップリングは去年の「snow traveler」に続く冬の名ポップス。“変わっていく”、そんなバンドの気概が詰まった一枚です。

TEXT:田山雄士
『WHITE』/uchuu,
EP 12/6 Release

SPACE SHOWER MUSIC

PECF-3194

¥1,389(税抜)
軽快なダンスビートとカッティングギターに乗せた、伸びやかな歌とメロディーが爽快な「FLY」で掴み、作品世界の深いところまで一気に連れて行ってくれる最新EP。歌とバンドとエレクトロが三位一体で生み出す、痛快かつ高揚感ある楽曲たちに浸っていると、ラスト「Freedom」が心を開放。聴き終えたあと、何度も聴きたくなる中毒性と一緒に、この感覚を生で体感したい欲求が生まれてくる。

TEXT:フジジュン
『WOLF』/アルコサイト
Mini Album 12/13 Release

STROKE RECORDS

STR-1046

¥1,600(税抜)
キャッチーなメロディーに乗せたリアルな言葉、荒削りな演奏に見える剥き出しの感情が聴く者の心に響く、大阪発4人組ロックバンドの2ndミニアルバム。《僕にはお父さんがいない》という告白で始まる「本当のこと」は、今まで言えなかった“本当のこと”を歌う北林英雄(Vo&Gu)の正直な言葉や逞しくも悲痛な歌声が胸を打つ。どの曲からも伝わる、音楽で自分や世の中と闘ってる姿勢は最高にロックです!

TEXT:フジジュン


音楽ニュースMUSIC NEWS

ゆず、「うたエール」弾き語りVerを配信リリース!売り上げは西日本豪雨被災地へ寄付!

ニュース2018年7月15日

ゆずが2018年にリリースした楽曲「うたエール」を弾き語りバージョンとして急遽レコーディングし、7月20日(金)に配信リリースすることを発表した。その収益金を西日本を中心に被害を受けた『平成30年7月豪雨』の被災地へ支援金として全額寄付され … 続きを読む

HYDE、ソロライブツアーに“東名福”14公演追加決定

ジャパニーズロック2018年7月15日

6月29日(金)ZEPP TOKYOより始まったHYDEソロライブツアー『HYDE LIVE 2018』の追加公演が決定した。すでに10公演が終了し、多くの公演をソールドアウトしている中、東京8公演・名古屋2公演・福岡4公演が追加され、全3 … 続きを読む

やくしまるえつこの新曲が聴ける『ハイスコアガール』ED映像公開

ニュース2018年7月15日

TVアニメ『ハイスコアガール』のエンディング映像が公開された。エンディングテーマを歌うのはやくしまるえつこ(相対性理論)の新曲「放課後ディストラクション」。やくしまるえつこがティカ・α名義で作詞・作曲・プロデュースを担当し、編曲、プログラミ … 続きを読む

トゥエンティ・ワン・パイロッツ 「ジャンプスーツ」&「二コ・アンド・ザ・ナイナーズ」トゥエンティ・ワン・パイロッツ(Song Review)

洋楽2018年7月15日

 2015年リリースの4thアルバム『ブラーリーフェイス』(全米1位)で大ブレイクを果たした、 米オハイオ州出身のオルタナティブ・ロック・デュオ=トゥエンティ・ワン・パイロッツ。本作からは、「ストレスド・アウト」(2位)と「ライド」(5位) … 続きを読む

『サマー・パック』 チャイルディッシュ・ガンビーノ(EP Review)

洋楽2018年7月15日

 本作『サマー・パック』は、夏をテーマにした「サマータイム・マジック」と「フィールズ・ライク・サマー」の2曲を収録した、2004年の『Kauai』以来4年振りとなるEP盤。EP盤というと、通常4~6曲は収録されるものだが、特に何曲以上という … 続きを読む

page top