【Hi-STANDARD ライヴレポート】『THE GIFT TOUR 2017』2017年12月14日 at さいたまスーパーアリーナ

2017年12月20日 / 17:30

2017年12月14日 at さいたまスーパーアリーナ 撮影:Teppei Kishida (okmusic UP's)

 2017年10月、実に18年振りとなる最新アルバム『The Gift』を発表したHi-STANDARD。バンドの新しい歴史の幕を開けたこの作品を掲げて行なわれた『THE GIFT TOUR 2017』のファイナル公演が、12月14日(木)にさいたまスーパーアリーナにて開催された。対バンのマキシマム ザ ホルモンもその喜びとハイスタ愛をたっぷりと表現し、会場に大きな期待と熱気があふれる中で始まったHi-STANDARDのステージ。全30曲、2時間半に及ぶライヴは、興奮と感動が休みなく押し寄せる、全編クライマックスと言える素晴らしい時間だった。

 “これからも生き続けっからね! こうなったら3人のうち、誰かがくたばるまで(ハイスタを)畳まねぇぞ!”。ライヴ中盤、横山 健(Gu&Vo)の力強い宣言に、大会場を埋める観客から歓喜の声が上がる。あぁ、新譜が聴けてツアーが観られただけで奇跡みたいな話なのに、こんな力強い言葉が聞けるなんて夢じゃなかろうか?

 怒号のような歓声に包まれて3人がステージに登場すると、難波章浩(Vo&Ba)が“THE GIFTってみんなへの贈り物じゃなくて、俺たちが“まだ何かやれる”って授かったってことだと思う。この3人がこのステージに経って、ツアーファイナル迎えるっていう奇跡。自分たちのパンクロックを信じてきてほんと良かったと思います”と語り、「The Gift」でライヴが始まる。この3人じゃないと絶対に生まれないダイナミックでドライブ感ある歌とサウンドが強烈な興奮と高揚感を生み、ライヴハウスのような熱気が大会場を包んだ。

 「Growing Up」「Summer Of Love」といった過去曲と「All Generations」「I know You Love Me」といった新曲を交互に披露した前半戦。現在進行系で進化してる3人の演奏に、新旧どちらの曲もキラキラした強烈な輝きを放つ。あくまで自然体、たった3人しかいないのに、ステージや会場の広さをまったく感じさせないハイスタの求心力、説得力といったどでかい存在感にも改めて感動。「Dear My Friend」や「Glory」に歌や手拍子を合わせながら当時の気持ちが蘇ったり、「Going Crazy」や「We’re All Grown Up」に現在の気持ちを重ねたり、「Pacific Sun」の横山のギターに酔いしれたり、感情揺さ振られまくった中盤。矢継ぎ早に演奏される一曲一曲を噛み締めながら、過ぎていく時間に名残惜しいような気持ちも生まれ、“この時間が終わらないでほしい!”とさえ思う。

 横山がアドリブ的な歌やプレイを挟んでいたずらな表情を見せたり、終始笑顔だった恒岡 章(Dr)の煽りで起きたニッポンコールが会場を震わせたり、“Hi-STANDARDやってて、今が一番楽しい。バンドっていいね!”と難波が正直な感想を語ったりと、メンバーもライヴを思い切り楽しむ中、真っ暗な会場を観客のスマホの光が星空のように美しく照らした「Starry Night」、“俺も1曲歌わせてもらおうか”と横山がヴォーカルを取った「The Sound Of Secret Minds」と続き、早くも終盤。「Stay Gold」「Free」「Maximum Overdrive」で会場中が一体となり最高潮の盛り上がりを見せ、美しく切ない「Brand New Sunset」がたっぷり余韻を残す中、本編が幕を閉じた。

 “まだまだハイスタ行くぜ、また始めよう!”と難波がハイスタの新しい始まりを宣言した「Another Starting Line」で始まったアンコールでは、“ハイスタから、ちょっと早めのクリスマスプレゼントです”と「Happy Xmas(War Is Over)」のカバーも披露。さらに観客も驚いたダブルアンコールまで行ない、この日は全30曲を披露。もう、大満足っ! アンコールラスト、希望あふれる未来を指し示す「Mosh Under The Rainbow」を聴きながら、僕はこの夢みたいな素敵な夜が再び訪れる日を想像していた。
撮影:【Hi-STANDARD】Teppei Kishida、半田安政(Showcase)、Takashi “TAKA” Konuma、Yuji Honda 【マキシマムザホルモン】浜野カズシ/取材:フジジュン
セットリスト
1.The Gift
2.Growing Up
3.All Generations
4.Summer Of Love
5.I Know You Love Me
6.Dear My Friend
7.Hello My Junior
8.Glory
9.Close To Me
10.Pink Panther Theme
11.Nothing
12.Going Crazy
13.We’re All Grown Up
14.Pacific Sun
15.California Dreamin’
16.Fighting Fists,Angry Soul
17.Starry Night
18.The Sound Of Secret Minds
19.Stop The Time
20.Stay Gold
21.Free
22.Maximum Overdrive
23.Brand New Sunset
<ENCORE1>
1.Another Starting Line
2.Teenagers Are All Assholes
3.Happy Xmas (War Is Over)
4.Can’t Help Falling In Love
5.Mosh Under The Rainbow
<ENCORE2>
1.My Heart Feels So Free
2.Turning Back
Hi-STANDARD
現在のパンク/メロコア・シーンを牽引したのは、間違いなくハイ・スタンダードだ。今では取り立てて珍しくないが、英語詞にいち早くアプローチしたことや、当初から海外に目を向けグローバルに活動したことなど、その功績は大きい。

91年、難波章浩“ナンバ”(vo&b)、横山健“ケン”(g)、恒岡章“ツネ”(dr)を中心に結成。94年にミニ・アルバム『ラスト・オブ・サニーデイ』でデビューして以来、オフスプリング/ラグワゴン/ランシド/NOFX/グリーンデイなどと共演を果たし、海外のバンドとのパイプラインを強化した。そうやってライヴ・バンドとしての実力を磨き、その成果を『グローイング・アップ』や『アングリー・フィスト』といった作品にすかさず反映。そして、99年リリースの『メイキング・ザ・ロード』に至っては、約70万枚のビッグ・セールスを記録——今までシーンに縁遠かった層にまで「メロコア」「ハイスタ」の2大キーワードを浸透させたのだ。

彼らが多くの人々に支持される理由は、結成当初から貫き通している熱いパンク・スピリットや、「みんなで歌える」をモットーとした音楽スタイルにあるだろう。それはイコール、社会的な一面をもち合わせた等身大の歌詞、一聴しただけで強烈な印象を残すフックの効いたメロディと言える。また、ナンバのパワフルなヴォーカル、ケンのアグレッシヴなギター・ワーク、ツネのタイトなドラミングといった、3人の絶妙なバランスも忘れてはいけないところだ。

00年8月、『AIR JAM 2000』を最後に活動停止。その後、横山健はBBQ CHICKENSのメンバーとして活動し、04年にはソロ・デビューを果たす。


音楽ニュースMUSIC NEWS

テイラー・スウィフト、4thアルバム『レッド』は“傷心について書いた”作品だったと語る

洋楽2020年10月29日

 テイラー・スウィフトが、2012年にリリースしたアルバム『レッド』について、失恋がテーマの作品だったと明かしている。  テイラーがコメントしている音声が聞けるのは、米誌ローリング・ストーンとAmazon Musicが提携して発足させた、同 … 続きを読む

アークティック・モンキーズ、War Child UK支援を目的としたライブ盤『Live At The Royal Albert Hall』を発売へ

洋楽2020年10月29日

 アークティック・モンキーズが、子どもたちを戦争から守る運動を行うWar Child UKの支援を目的に、ライブ・アルバム『Live At The Royal Albert Hall』を2020年12月4日にリリースすることを発表した。   … 続きを読む

【BETヒップホップ・アワード2020】ミーガン・ジー・スタリオン/ビヨンセ/ロディ・リッチらが受賞

洋楽2020年10月29日

 現地時間2020年10月27日、ミーガン・ジー・スタリオンが【BETヒップホップ・アワード2020】で<最優秀ヒップホップ・アーティスト賞>を含む3部門を制して最多受賞となった。過去3年間で<最優秀ヒップホップ・アーティスト賞>を女性が受 … 続きを読む

いきものがかり、ライブ特番のプレミア公開&山下穂尊によるインスタイベントが決定

J-POP2020年10月29日

 いきものがかりが、ファンが選んだ人気ライブ映像をまとめた番組『あなたが選(え)LIVE 上位をJOYしまSHOW!!!』を、2020年11月3日にYouTubeプレミア公開する。  結成記念日であり、また約2か月にわたり開催してきたファン … 続きを読む

“ジギー・スターダスト”への道のりを描いた、デヴィッド・ボウイ伝記映画『Stardust』の最新予告が到着

洋楽2020年10月29日

 故デヴィッド・ボウイの伝記映画、『Stardust』(スターダスト)の最新予告編が2020年10月28日にリリースされた。ジョニー・フリン演じる若き日のボウイは、まだ米国で全く知られていない道半ばのミュージシャンで、映画では“ジギー・スタ … 続きを読む

page top