DADARAY、川谷絵音作詞作曲の「少しでいいから殴らせて」MV公開

2017年10月23日 / 19:00

DADARAY (okmusic UP's)

ゲスの極み乙女。のメンバーである休日課長(Ba)と、ゲスの極み乙女。やindigo la Endのライブとレコーディングでサポートを務め、katyusha名義でも活動しているえつこ(Key)、REIS(Vo)の3人組ユニット・DADARAYが12月6日にリリースするアルバム『DADASTATION』のジャケット写真、及びアルバム収録曲の「少しでいいから殴らせて」のMVを公開した。

フォトグラファーにオノツトムを迎えて撮影されたアルバム『DADASTATION』のジャケット写真はREISの凛とした表情が印象に残る、POPでありながら可憐なデザイン。同作1曲目に収録の「少しでいいから殴らせて」は作詞作曲を川谷絵音(ゲスの極み乙女。/indigo la End)が手掛け、MVはゲスの極み乙女。「勝手な青春劇」のMVも担当した柿本ケンサクが監督を務めており、Instagramを思わせる正方形の画角の中《少しでいいから殴らせて》というインパクトのある歌から始まる。ジャケット写真のアートワークとも通ずるカラフルな世界観のもと、メンバー3人とサポートメンバーであるindigo la Endの長田カーティス、佐藤栄太郎の演奏が収められている個性的な仕上がりになっている。また、REISとえつこが休日課長をビンタするシーンにも注目だ。

DADARAYは11月からは東名阪でインストアイベントも予定しているので、こちらも是非チェックしてほしい。
【川谷絵音 コメント】

「(「少しでいいから殴らせて」について)殴っても、その後仲直りすればいいさ。自分勝手だけどみんなそんなもん。サウンドは浮遊感もありつつサビは80年代の歌謡曲をイメージしました。しかしMVは正方形でインスタ仕様とかなり今っぽい雰囲気です。このギャップを楽しんでください。」
「少しでいいから殴らせて」MV

https://www.youtube.com/watch?v=j98-yxQe-lcアルバム『DADASTATION』
2017年12月6日発売

WPCL-12807/¥3,000+税

<収録曲>

1.少しでいいから殴らせて

2.場末

3.大人やらせてよ (DADA ver.)

4.美しい仕打ち

5.誰かがキスをした

6.ダダステーション

7.トモダチ

8.WOMAN WOMAN

9.僕らのマイノリティ

10.For Lady (Remix by YYIOY)

11.イキツクシ

12.東京Σ

13.優しく鬼に
【『DADASTATION』発売記念インストアライブ】
11月12日(日) 大阪・HMVグランフロント大阪店 店内イベントスペース

11月24日(金) 愛知・HMV栄店 店内イベントスペース

12月01日(金) 東京・HMVエソラ池袋店 店内イベントスペース

12月10日(日) 東京・タワーレコード新宿店 7Fイベントスペース


音楽ニュースMUSIC NEWS

ヒゲダン藤原、kz、KEYTALK首藤、ビッケブランカ、「放課後プレイリスト」対談動画OUT TAKE編を公開

J-POP2020年8月6日

 藤原聡(Official髭男dism)、kz(livetune)、首藤義勝(KEYTALK)、ビッケブランカ、agehaspringsのプロデューサーらによる、「放課後プレイリスト」の対談動画OUT TAKE編が公開された  「放課後プレ … 続きを読む

『ブラック・イズ・キング』ビヨンセ(Visual Album Review)

洋楽2020年8月6日

 冒頭の「すべての生き物は、繊細なバランスで共存している。それを理解し、敬意を払うのだ」というメッセージが、本作を要約しているというべきか。「ブラックは私が愛する肌の色」というポリシーや、ロバート・ファリス・トンプソンによる『黒人の神々と王 … 続きを読む

チャンス・ザ・ラッパー、妻や娘たちと米育児雑誌の表紙を飾る

洋楽2020年8月6日

 チャンス・ザ・ラッパーと幼馴染みで妻のカーステン・ベネットが、夫婦や家族のお手本として最新の米育児雑誌『ペアレンツ』の表紙を飾った。  現地時間2020年8月5日、チャンスはインスタグラムに二人の娘も映った雑誌の表紙を「ママとパパ」とキャ … 続きを読む

【先ヨミ】Sexy Zone『RUN』が20万枚セールスで現在シングル首位、髭男/嵐が続く

J-POP2020年8月6日

 今週のCDシングル売上レポートから2020年8月3日~8月5日の集計が明らかとなり、Sexy Zoneの『RUN』が200,585枚を売り上げ、現在首位に立っている。  新しいレーベル<Top J Records>からの第1弾シングルとし … 続きを読む

page top