【SPYAIR×BLUE ENCOUNT】 『SPYAIR×BLUE ENCOUNT <LOCK ON!!!!>』 2017年9月5日 at 新木場STUDIO COAST

2017年9月20日 / 10:00

SPYAIR×BLUE ENCOUNT (okmusic UP's)

 “誰かにとってはただの平日だけど、ここにいる全員にとっては最高の記念日だから”。そんな田邊駿一(Vo&Gu/BLUE ENCOUNT)のMCに観客が大きな歓声で応えた、スペシャルな夜。LINE LIVEの番組『さしめし』の対談から実現した、SPYAIRとBLUE ENCOUNTによる『SPYAIR×BLUE ENCOUNT 』。超満員の観客の腕に巻かれたLEDリストバンドが光り、フロアーが青く染まる中、先行BLUE ENCOUNTが登場。「MEMENTO」でライヴが始まると一気に熱が上がり、フロアーが渦を巻く。

 「DAY×DAY」「Survivor」とアッパーな曲が続き、ツアーやフェスを経てさらに逞しく強固になった歌と演奏に観客が腕を突き上げ、身体を揺らす。初顔合わせながら、どっちのファンとか関係なしに一体感を見せる会場には“楽しもう”の気持ちが充満していた。ライヴ中盤、田邊がこの対バンが実現した経緯について語っていると、“喋りすぎだろ!”と袖で待機していたSPYAIRのIKE(Vo)が登場。“どうせなら一緒にやりたい”という会話から、IKEが大好きな曲と語る「もっと光を」を田邊とIKEのツインヴォーカルで披露し、両者のファンを大いに喜ばせる。ラストの会場に夏を呼び戻した新曲「SUMMER DIVE」では、ギターを置いた田邊がタオルを振って観客と一緒に踊り、誰よりもこの夜を楽しんでいる姿を観せ、ステージを後にした。

 続いて、サイレン音で会場が赤に染まり、SPYAIRが登場。タイトな演奏に重厚な低音が響くサウンドに、IKEのヴォーカルが強烈な存在感を放つ「OVERLOAD」、“遊ぼうか?”と始まった「現状ディストラクション」で、会場をLEDの色だけではないSPYAIR色に染める。“少し大人な曲に挑戦しました”と語った新曲「MIDNIGHT」、UZ(Gu&Programming)の幻想的なギターで始まった「サクラミツツキ」、ダンサブルな4つ打ちで会場を揺らした「ROCKIN’ OUT」と、変幻自在のサウンドで魅せた中盤。短い時間ながら、SPYAIRというバンドの持つ懐の深さや振り幅の広さをしっかり見せ付ける。

 MCではIKEが“気を抜いたら抜かれそうなライバルというか、後輩というか、憎たらしいヤツらというか…(笑)”とブルエンを語り、田邊が登場。“終わるの嫌です! ツアー、一緒にやりましょう!!”と田邊が懇願すると、“また対バンする時は来てくれますか?”と観客に問い、IKEが大歓声を受けると、「サムライハート(Some Like It Hot!!)」を再びツインヴォーカルで披露。ここから何かが始まる予感をさせる、まさに記念日と呼ぶに相応しい夜だった。
撮影:鈴木公平/取材:フジジュン
セットリスト
【BLUE ENCOUNT】
1.MEMENTO
2.DAY×DAY
3.Survivor
4.ルーキールーキー
5.NEVER ENDING STORY
6.PLACE
7.もっと光を
8.JUST AWAKE
9.ロストジンクス
10.LAST HERO
11.HANDS
12.SUMMER DIVE
【SPYAIR】
1.OVERLOAD
2.現状ディストラクション
3.WENDY ~It’s You~
4.イマジネーション
5.MIDNIGHT
6.サクラミツツキ
7.ROCKIN’ OUT
8.RAGE OF DUST
9.サムライハート(Some Like It Hot!!)
<ENCORE>
SINGING
SPYAIR
スパイエアー:2005年結成。10年8月にシングル「LIAR」でメジャーデビュー。東京ドームでのステージをバンドの次なる目標に掲げ、新たなるフィールドに挑んでいく、いわば“戦への狼煙上げ”となる第一弾シングル「THIS IS HOW WE ROCK」を16年7月にリリース。同年11月に発表した“戦い”をテーマにした「RAGE OF DUST」はTVアニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第2期OPテーマとして大きな話題を呼び、ロングセールスを記録。17年8月にはオトナの土ドラ『ウツボカズラの夢』主題歌でもある「MIDNIGHT」をリリースした。
BLUE ENCOUNT
ブルーエンカウント:熊本発、都内在住の4人組エモーショナルギターロックバンド。熱く激しくオーディエンスと一体となる熱血なパフォーマンスがライヴシーンで話題を呼び、2014年9月にEP『TIMELESS ROOKIE』でメジャーデビュー。16年10月には日本武道館単独公演を成功させ、17年1月にアルバム『THE END』をリリースし、全国ツアーを敢行。


音楽ニュースMUSIC NEWS

ヒゲダン藤原、kz、KEYTALK首藤、ビッケブランカ、「放課後プレイリスト」対談動画OUT TAKE編を公開

J-POP2020年8月6日

 藤原聡(Official髭男dism)、kz(livetune)、首藤義勝(KEYTALK)、ビッケブランカ、agehaspringsのプロデューサーらによる、「放課後プレイリスト」の対談動画OUT TAKE編が公開された  「放課後プレ … 続きを読む

『ブラック・イズ・キング』ビヨンセ(Visual Album Review)

洋楽2020年8月6日

 冒頭の「すべての生き物は、繊細なバランスで共存している。それを理解し、敬意を払うのだ」というメッセージが、本作を要約しているというべきか。「ブラックは私が愛する肌の色」というポリシーや、ロバート・ファリス・トンプソンによる『黒人の神々と王 … 続きを読む

チャンス・ザ・ラッパー、妻や娘たちと米育児雑誌の表紙を飾る

洋楽2020年8月6日

 チャンス・ザ・ラッパーと幼馴染みで妻のカーステン・ベネットが、夫婦や家族のお手本として最新の米育児雑誌『ペアレンツ』の表紙を飾った。  現地時間2020年8月5日、チャンスはインスタグラムに二人の娘も映った雑誌の表紙を「ママとパパ」とキャ … 続きを読む

【先ヨミ】Sexy Zone『RUN』が20万枚セールスで現在シングル首位、髭男/嵐が続く

J-POP2020年8月6日

 今週のCDシングル売上レポートから2020年8月3日~8月5日の集計が明らかとなり、Sexy Zoneの『RUN』が200,585枚を売り上げ、現在首位に立っている。  新しいレーベル<Top J Records>からの第1弾シングルとし … 続きを読む

page top