【Chart insight of insight】トップ・アイドルなのに、なぜ売れ方が違うのか? 超特急と嵐を比較

2017年5月6日 / 12:00

 チャートの上位には、女性アイドル・グループが入れ代わり立ち代わりランクインしてくるイメージが強い。しかし、先週のHot100の首位は嵐、今週は超特急と、男性アイドル・グループが勢い付いている。ただ、いずれも獲得したポイントの要素が微妙に違うのが面白い。

 まず、今週1位となった超特急の「超ネバギバDANCE」(【表1】)。新曲とフリー・ライヴの告知タイミングだった4/3付でツイッターの指数が急上昇。以来、話題作りをしながら今週はその指数が1位にまで上り詰めている(水色のグラフ)。この話題性に伴って、セールスのポイントも今週は初登場1位を記録(紫のグラフ)。73万枚という売り上げが1位のもっとも重要な要素だが、前煽りもうまく連携したヒットといえるだろう。

 先週1位だった嵐の「I’ll be there」は、今週も圧倒的な強さを見せ、2位をキープしている(【表2】)。彼らも新曲リリース発表時の3/20付でツイッターが一気に6位にまで上昇しており、超特急と似た構図ではある。しかし、発売を迎えてからは、セールス・データだけを見ると初週こそ1位を獲得しているが、2週目の今週は14位まで下降してしまった(紫のグラフ)。ではなぜそれでも2位をキープしているかというと、ちょっと表では見辛いが、ルックアップ(CDのPC読み取り数)がダントツの1位だからだ(オレンジのグラフ)。レンタルでの圧倒的な人気だからだが、裏を返せばグレーユーザーが多いという指標でもある。

 レンタルに頼らず、コア・ファンへのアプローチで成功した超特急と、レンタルを見据えて幅広いファン層を取り込む嵐。どちらが長く上位に残るのか、今後の動きに注目していきたい。text by 栗本斉


音楽ニュースMUSIC NEWS

【第62回グラミー賞】ランDMCとエアロスミスが名曲「Walk This Way」で会場をロック

洋楽2020年1月27日

米ロサンゼルスのステープルズ・センターで開催されている【第62回グラミー賞授賞式】でランDMCとエアロスミスがパフォーマンスを行った。  ロックとヒップホップという異色のミックスで一つのジャンルを作り上げた2グループ。ステージはまずエアロス … 続きを読む

【第62回グラミー賞】リル・ナズ・Xが「オールド・タウン・ロード」披露、BTSが初パフォーマンス

洋楽2020年1月27日

【第62回グラミー賞授賞式】で6部門でノミネートされているリル・ナズ・Xが「オールド・タウン・ロード」を披露し、その豪華なゲスト参加が話題を呼んだ。  米ビルボード・ソング・チャートで17週連続No.1を獲得した「オールド・タウン・ロード」 … 続きを読む

【第62回グラミー賞】タイラー・ザ・クリエイター『IGOR』が<最優秀ラップ・アルバム>受賞

洋楽2020年1月27日

 現地時間2020年1月26日に米LAのステイプルズ・センターにて開催されている 【第62回グラミー賞授賞式】で、タイラー・ザ・クリエイターの『IGOR』が<最優秀ラップ・アルバム>を受賞した。  歓喜の涙に咽ぶ母親とともに登壇したタイラー … 続きを読む

【第62回グラミー賞】5部門ノミネートのアリアナ・グランデ、圧巻のパフォーマンスでアリアナ一色に

洋楽2020年1月27日

【第62回グラミー賞授賞式】でアリアナ・グランデがパフォーマンスを行った。  ミュージカル『ディア・エヴァン・ハンセン』で知られるベン・プラットの紹介で登場したアリアナは「imagine」、「My Favorite Things / 7 r … 続きを読む

【第62回グラミー賞】プリンス追悼パフォーマンスでアッシャーが抜群の歌声とダンスを披露

洋楽2020年1月27日

現地時間1月26日に【第62回グラミー賞授賞式】が開催され、2016年に亡くなったプリンスを追悼するスペシャル・パフォーマンスが行われた。  アッシャーと長年プリンスと共に活動したシーラ・Eが中心となって行われたこのパフォーマンスでは、「L … 続きを読む

page top