アデル、ブルーノがグラミー賞出演決定、米チャートはミーゴス、洋楽チャートはブルーノが首位に返り咲き:今週の洋楽まとめニュース

2017年1月28日 / 11:00

 今週の洋楽まとめニュースは、現地時間2017年2月12日に行われる【第59回グラミー賞】の話題から。先日、メタリカ、ジョン・レジェンド、キャリー・アンダーウッド、キース・アーバンが第一弾として授賞式でのパフォーマンスが発表されたが、今週に入り新たにアデルとブルーノ・マーズが出演することが発表された。過去に【グラミー賞】を10回受賞しているアデルが披露する楽曲は、今回ノミネートされているアルバム『25』収録曲とのことで、アデルが【グラミー賞】のステージで歌うのは4度目となる。先日、緊急プロモ来日したブルーノ・マーズのパフォーマンスも見逃せないところだ。

【第59回グラミー賞】、アデルのパフォーマンスが決定
【第59回グラミー賞】、ブルーノ・マーズのパフォーマンスが決定

 続いては、現地時間2017年1月21日、ドナルド・トランプ米大統領就任式の翌日に米ワシントンD.C.を中心に世界中で行われた全てのジェンダー、年齢、人種、文化の人々を団結させることが目的の【女性行進】について。ワシントンで行われた行進でのマドンナの激烈では、放送禁止用語満載のスピーチが賛否両論を巻き起こしたが、彼女は「文脈を無視して引用」されていると反論。このスピーチでマドンナは、選挙後から怒りのあまり「ホワイト・ハウスを爆破したいって随分考えた」と話していた。この【女性行進】にはマドンナのみならず、アリアナ・グランデ、ケイティ・ペリー、リアーナ、マイリー・サイラスなどの数多くのアーティストや世界中の何百万人もの人々が参加した。

マドンナ、ワシントン女性行進でのスピーチに対し「全体として捉えて」と訴える
マドンナ/ファレル/オノ・ヨーコ、ワシントン女性行進についてのアーティストたちによる投稿を総まとめ

 さて、今週の米ビルボード・ソング・チャートは、ミーゴズの「バッド・アンド・ブージーfeat.リル・ウージー・ヴァート」が、返り咲きの首位獲得を果たした。2週前(1月21日付チャート)に首位に立った「バッド・アンド・ブージー」は、先週、エド・シーランの新曲「シェイプ・オブ・ユー」がNo.1デビューを果たしたことで、一旦2位にダウンしたが、主要ポイントはそれぞれ安定していて、今週、再び首位に返り咲いた。一方のエド・シーランは、「シェイプ・オブ・ユー」が2位に留まるも、もう1曲の「キャッスル・オン・ザ・ヒル」は、先週の初登場6位から28位へ、大幅にランクダウンしている。

【米ビルボード・ソング・チャート】エド・シーラン首位キープならず、ミーゴズが1位に返り咲き
【米ビルボード・チャート】ミーゴズがソング・チャート首位返り咲き、The xxがALチャート2位に初登場(2/4付)

 替わって、今週のBillboard JAPAN洋楽チャートは、ブルーノ・マーズの「24K・マジック」が1位に返り咲き、通算12週目の首位をマークした。惜しくも2位にランクダウンしてまったエド・シーランの新曲「シェイプ・オブ・ユー」を倍以上のポイント数で下し、見事1位の座を奪還したブルーノ・マーズの「24K・マジック」。先週頭からプロモーション来日を果たし、大きなメディア露出が複数あったことを受け、デジタル・セールス、動画再生回数、Twitter、ストリーミングの4指標で洋楽勢断トツのTOPに。だが、来週はエド・シーランがプロモ来日を控えているため、首位を巡るデッドヒートがさらに過熱するのは間違いないだろう。

【ビルボード】ブルーノ・マーズが洋楽チャート1位に返り咲き、ザ・チェインスモーカーズ新曲が好発進

 そして、今週の米ビルボード・アルバム・チャートは、ザ・ウィークエンドの『スターボーイ』が、通算4週目のNo.1獲得を果たした。週間の総ユニット数が6万で首位を死守した、ザ・ウィークエンドの『スターボーイ』。全体的にアルバムのセールスが落ちていることもあり、収録曲のストリーミングが強いアーティストが、必然的に上位にランクイン。今週のソング・チャートでは、本作からの先行シングル「スターボーイ」が5位、「アイ・フィール・イット・カミング」が19位、「パーティー・モンスター」が36位に、それぞれランクインしていて、アルバムのセールスの内、6割近くが、これら収録曲のストリーミング・ポイントによるものだった。

【米ビルボード・アルバム・チャート】ザ・ウィークエンドが通算4週目のNo.1、The xxが2位に初登場

今週のその他の注目ニュース

カセット・テープの年間セールスが74%増、2年連続TOPはアノ映画のサントラ
エド・シーラン、母校の学生が登場する「キャッスル・オン・ザ・ヒル」MV公開
ジャスティン・ビーバー、元カノとの熱愛が噂されるザ・ウィークエンドに辛辣コメント
【アカデミー賞】初ノミネートのJ・ティンバーレイクやリン=マヌエル・ミランダが喜びのコメント
マイケル・ジャクソンの娘、パリスが父の死について率直に語る「あれは仕組まれたの」


音楽ニュースMUSIC NEWS

龍玄とし(Toshl)、新たなる活動「プロジェクト運命」第1弾は絵画展

J-POP2020年8月6日

 龍玄とし(Toshl)が、新たなる活動「プロジェクト運命」の第1弾として、絵画展【龍玄とし EXHIBITION 運命 音の世界を、描く】を、2020年10月6日より金沢21世紀美術館で開催する。  2019年、東京上野の森美術館を皮切り … 続きを読む

ザ・ウィークエンド、故ジュース・ワールドとのコラボを予告

洋楽2020年8月6日

 現地時間2020年8月4日、ザ・ウィークエンドが、故ジュース・ワールドとのコラボを予告するツイートを行った。  ザ・ウィークエンドは、「XO + 999 木曜日の夜」と自分を表す“XO”と故ジュース・ワールドが入れていたタトゥーで、彼が公 … 続きを読む

Official髭男dism、ニューEPより「HELLO」MV公開

J-POP2020年8月6日

 Official髭男dismが、8月5日にリリースしたニューEP『HELLO EP』より、「HELLO」のミュージックビデオを公開した。https://youtu.be/p1qM75a9FeE  フジテレビ系『めざましテレビ』のテーマソン … 続きを読む

東京事変、書き下ろしの新曲「青のID」が映画『さくら』主題歌に決定

J-POP2020年8月6日

 東京事変の書き下ろしの新曲「青のID」が、今秋公開の映画『さくら』の主題歌に決定した。  直木賞作家・西加奈子が家族を描く傑作小説『さくら』が映画化され、11月13日の公開が決定。その主題歌として、東京事変の新曲「青のID」を起用すること … 続きを読む

東京事変、書き下ろしの新曲「青のID」が映画『さくら』主題歌に決定

ジャパニーズロック2020年8月6日

東京事変の新曲「青のID」が、11月13日(金)に公開される映画『さくら』の主題歌に決定したことを発表した。 原作は累計55万部を突破する直木賞作家・西加奈子の同名小説。登場するのは、サクラと名付けられた1匹の犬と5人の家族。そして、彼らに … 続きを読む

page top