ビョーク、音楽業界に蔓延するダブル・スタンダードについて言及

2016年12月22日 / 14:00

 現地時間2016年12月18日、米テキサス州ヒューストンで開催された実験アートフェスティバル【デイ・フォー・ナイト】にビョークがDJとして出演し、自身が“大好きなミュージシャン”のエイフェックス・ツイン、アルカ、ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーらと会場を盛り上げた。シンガー、ソングライター、プロデューサーの顔を持つビョークにとって、DJプレイは大きな喜びを与えてくれる新しい表現方法だが、そのことについてのメディアの見解が気に入らないと打ち明けた。

 「他の男性アーティストがそうしないのに、私が“パフォーマンス”しないで机の後ろに“隠れている”ことを理解できない幾つかの媒体があった。これは性差別だと思うし、この激動の一年の最後に見過ごすわけにはいかない」と彼女はFacebookに投稿した。

 女性が高い評価を受けたければ愛情や心の問題だけを題材として選ぶべきだが、男性は科学や政治やユーモアなどの題材を自由に掘り下げることができるという、ジェンダーによって引き起こされるダブル・スタンダードについて彼女は言及している。

 「政治的な“ヴォルタ”では、妊娠している自爆テロ犯やフェロー諸島とグリーンランドの独立について歌い、教育的な“バイオフィリア”では銀河や原子について歌ったけれど、破局について歌った“ヴァルニキュラ”までは、メディアから完全に受け入れられることはなかった。男性は次から次へと題材を変えることが許されている。SFや時代物を扱ったり、ドタバタ喜劇で笑いをとったり、サウンドスケープの形成に没頭する音楽オタクになっても構わない。でも女性はできない。胸を切り開いて、私たちの人生における男性や子供について血を流さなければ、観客を裏切っているとされる」と彼女は綴った。

 「ただ、変化が広がっているのは分かっている」とビョークは続け、批評家からダブル・スタンダードを適用されたり、目くじらを立てられたりせず、男性が享受している敬意と創造の自由が女性にも許される時が来ると前向きにメッセージを締めくくった。

◎ビョークによる投稿
https://www.facebook.com/bjork/posts/10154812739376460


音楽ニュースMUSIC NEWS

岩田剛典、森の中で演じるのではなく“生きた”映画『Vision』の撮影を振り返る

J-POP2018年4月26日

 映画『Vision』の完成報告会が4月26日(木)に都内で行われ、永瀬正敏、夏木マリ、岩田剛典、美波、河瀬直美監督らが登壇した。さらに、ジャズピアニストの小曽根真も登場し、テーマソングをピアノで披露した。  河瀬監督と三度目のタッグとなる … 続きを読む

BiS 見逃せない新SGタイトルは『Don't miss it!!』収録内容&メンバー入れ替え戦の実施発表

J-POP2018年4月26日

 BiSが、2018年7月4日にリリースするシングル『Don’t miss it!!』の収録内容と、メンバー入れ替え戦「BiS.LEAGUE」の実施を発表した。  メンバー入れ替え戦「BiS.LEAGUE」は、シングル『Don& … 続きを読む

嘘とカメレオン、TVアニメ『SNSポリス』OP曲アニメコラボ映像を公開&先行配信シングル「モームはアトリエにて」楽曲配信スタート

J-POP2018年4月26日

 嘘とカメレオンの楽曲「モームはアトリエにて」と本楽曲が起用されているTVアニメ『SNSポリス』(TOKYO MX)のコラボ映像が2018年4月25日にYouTubeで公開された(https://youtu.be/gfzjy5D7fx4)。 … 続きを読む

香取慎吾による作品制作メイキング動画「#香港慎吾アート」公開! フリーハンドで大胆に描いたものとは

J-POP2018年4月26日

 香取慎吾による初のストリートアート作品のメイキングシーンを含む、香港政府観光局のプロモーション映像「#香港慎吾アート」が公開された(https://youtu.be/UbA2uZjB2U4)。  毎年3月、香港では「香港アートマンス」とし … 続きを読む

山崎まさよし 映画主題歌アルバム発売決定! あの名曲は山田孝之×長澤まさみ×福田雄一監督の映画挿入歌に

J-POP2018年4月26日

 2018年6月1日より全国公開となる映画『50回目のファーストキス』の挿入歌に、山崎まさよしの代表曲「One more time, One more chance」が使用されていることが明らかとなった。  本作は、山田孝之と長澤まさみがダ … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top