グリーン・デイが久々全米No.1、新アルバム『レボリューション・レディオ』にて

2016年10月17日 / 17:00

 グリーン・デイのニューアルバム『レボリューション・レディオ』が、全米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”にてNo.1を獲得することが明らかになった。同バンドにとって全米No.1アルバムはこれが3作目だ。ニールセン・ミュージックによると、同12作目のスタジオ・アルバムは10月13日締め週で9万5,000ユニット相当を売り上げたとのこと。そのうち9万枚が純粋なアルバム・セールスだったという。

 “Billboard 200”では従来のアルバム・セールスをはじめ、収録各曲の売り上げをアルバムの売り上げとして換算するtrack equivalent albums(TEA)や、同じくストリーミングを換算するstreaming equivalent albums(SEA)などの多元的消費をもとに人気のアルバムを週間でランキング化している。

 グリーン・デイが全米アルバム・チャートNo.1を獲得するのは実に7年以上ぶり。前回首位をとったのは『21世紀のブレイクダウン(21st Century Breakdown)』で、同作は2009年5月30日付チャートで1位初登場となった。その前作『アメリカン・イディオット』は初のNo.1アルバムとなり、2004年と2005年に非連続で3週にわたり1位を獲得している。

 『21世紀のブレイクダウン』の次のスタジオ・プロジェクトは、『ウノ!』、『ドス!』、『トレ!』の3部作で、2012年に立て続けてのリリースとなった。『ウノ!』、『ドス!』はそれぞれ、最高位の2位と9位に初登場。『トレ!』はトップ10入りを逃し、同じく初週で最高位となった13位にランクインした。また、ブレイク作となった『ドゥーキー』は1995年1月に最高位2位を記録。ニューアルバム『レボリューション・レディオ』は、バンド史上10作目のトップ10アルバムとなった。

 なお、『レボリューション・レディオ』からのリードシングルとなる「バン・バン」は、“Alternative Songs”チャートにおいて自身21曲目のトップ10入りを果たしている。同チャート28年の記録上、グリーン・デイ以上のトップ10ソングを獲得しているのは、フー・ファイターズ(22曲)、U2(23曲)、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ(25曲)のみとなる。


音楽ニュースMUSIC NEWS

ウィル・スミス、過去に警察から受けた差別を告白「10回以上Nワードで呼ばれた」

洋楽2020年7月10日

 ポッドキャスト『On One With Angela Rye』に出演したウィル・スミスが、地元フィラデルフィアで幼少期に受けた黒人差別を赤裸々に語った。  今年5月に起こったジョージ・フロイド殺害事件を発端に現在も続いているBlack L … 続きを読む

浪漫革命、音楽で革命を起こすバンドの新曲「ふれたくて」MV公開

J-POP2020年7月10日

 浪漫革命が、2020年7月22日発売のニュー・アルバム『ROMANTIC LOVE』より、収録曲「ふれたくて」の先行配信を開始し、ミュージックビデオを公開した。  京都で結成し活動3年目となる音楽で革命を起こすバンド、浪漫革命。今回のMV … 続きを読む

ナオト・インティライミ、10/7にEP『オモワクドオリ』発売決定

J-POP2020年7月10日

 デビュー10周年を迎えたナオト・インティライミが、初のEP『オモワクドオリ』を10月7日に発売することを決定した。  ナオト・インティライミは、毎年7月10日に開催している【ナオト日LIVE】を新型コロナウイルス感染拡大防止のため、202 … 続きを読む

神はサイコロを振らない、メジャーデビュー&新曲リリース決定

J-POP2020年7月10日

 神はサイコロを振らないが、7月10日に無観客配信ライブを行い、終盤のMCの中で、ユニバーサルミュージック内の邦楽レーベルであるVirgin Musicと契約し、メジャーデビューすることを発表した。  アーティストとレーベルとの契約は対面の … 続きを読む

BLUE ENCOUNT、ニュー・シングルのリリース&2021年の横浜アリーナ公演を発表

J-POP2020年7月10日

 BLUE ENCOUNTが、ニュー・シングル『ユメミグサ』を、2020年9月2日にリリースする。  8月28日より全国公開される映画『青くて痛くて脆い』に主題歌として起用された、ブルエンの新曲「ユメミグサ」。初回生産限定盤に付属する特典D … 続きを読む

page top