ビルボードジャパン年間チャート発表、シングル総合は三代目JSB「R.Y.U.S.E.I.」、アルバム総合はドリカムのベスト盤が1位

2015年12月11日 / 06:00

 Billboard JAPAN 年間チャートが発表され、シングル総合チャート「Billboard JAPAN HOT 100 of the year 2015」は、異例のロングセールスを遂げた三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「R.Y.U.S.E.I.」が獲得した。

 同作は、2014年6月にリリースされ2014年の年間チャートで19位を獲得した。2015年も、地上波露出のたびにYouTubeの再生回数を伸ばしTwitterでも話題になるなど、幅広い層に浸透。結果、ダウンロードとストリーミングがパッケージのセールスをも引き上げるという理想的なサイクルを生み、見事首位を獲得した。

 また、6月からスタートした複合アルバムチャート「Billboard JAPAN Hot Albums of the year 2015」は、DREAMS COME TRUEの『DREAMS COME TRUE THE BEST ! 私のドリカム』が1位を獲得。パッケージのセールス数のみでみると、2位の嵐『Japonism』が1位だったが、ダウンロードとルックアップによってドリカムがその差を覆す、複合チャートならではの接戦を繰り広げた。日本においてストリーミング元年となった2015年のJ-POPは、デジタルでの展開がヒットを生むという新しいフェーズに突入したと言えるだろう。

◎三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE 今市隆二 コメント
Billboard JAPANチャートのHot100年間1位というのはなかなか獲れるものではないですし、それだけ多くの人が「R.Y.U.S.E.I.」を愛してくれたことに対しても感謝の気持ちでいっぱいです。

◎三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE  登坂広臣 コメント
2014年は「R.Y.U.S.E.I.」にとっても僕ら自身にとっても「良い年だったね」という形で締め括ることが出来たんですけど、今年も「R.Y.U.S.E.I.」が名誉ある形で1位を頂けたということで、自分たちとしても「代表曲になったんだな」と実感することができます。

◎DREAMS COME TRUE 中村正人 吉田美和 コメント
「ドリカムワンダーランドイヤー」である2015年に、「私のドリカム」が、Billboard JAPAN年間チャートHot Albumsで1位を獲得したことは、とても大きな意味のあることです。ベストアルバムといえども、大切に大切に作り上げた「CDアルバム」という作品。その作品に対してみなさまから評価を頂けるということほど、音楽家として嬉しいことはありません。これからも「私のドリカム」と言って頂けるような楽曲を一曲でも多く生み出せるよう全力で頑張ろうと、スタッフ共々、決意を新たにしています。重ね重ね、このアルバムを手に取って頂いたみなさまに感謝いたします。

◎Billboard JAPAN Hot 100 of the Year 2015
1位 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「R.Y.U.S.E.I.」
2位 嵐「Sakura」
3位 嵐「愛を叫べ」
4位 嵐「青空の下、キミのとなり」
5位 SEKAI NO OWARI「Dragon Night」
6位 カーリー・レイ・ジェプセン「アイ・リアリー・ライク・ユー」
7位 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「Summer Madness」
8位 AKB48「僕たちは戦わない」
9位 ゲスの極み乙女。「私以外私じゃないの」
10位 家入レオ「君がくれた夏」

◎Billboard JAPAN Hot Albums of the Year 2015
1位 DREAMS COME TRUE 『DREAMS COME TRUE THE BEST ! 私のドリカム』
2位 嵐『Japonism』
3位 Mr.Children『REFLECTION』
4位 安室奈美恵『_genic』
5位 関ジャニ∞[エイト]『関ジャニ∞の元気が出るCD!!』
6位 Superfly『WHITE』
7位 Hey!Say!JUMP『JUMPing CAR』
8位 Kis-My-Ft2『KIS-MY-WORLD』
9位 ナオト・インティライミ『THE BEST!』
10位 μ’s『μ’s Best Album Best Live! Collection II』


音楽ニュースMUSIC NEWS

スティーヴ・レイシー、ニューAL『ジェミニ・ライツ』から「バッド・ハビット」のMV解禁

洋楽2022年7月1日

 先日シングル「マーキュリー」を発表したばかりのスティーヴ・レイシーがニュー・アルバム『ジェミニ・ライツ』を2022年7月15日にリリースすると発表した。これに合わせて、シングル第二弾「バッド・ハビット」のMVを公開された。  【グラミー賞 … 続きを読む

ベイビーフェイス、エラ・メイ/ケラーニなどを迎えた新AL『Girls Night Out』のリリースを発表

洋楽2022年7月1日

 先月、エラ・メイと共演した新曲「Keeps On Fallin」を配信した、ベイビーフェイスが、新たに契約を結んだ米キャピトル・レコーズから新作アルバム『Girls Night Out』を間もなくリリースする事を発表した。  「キャピトル … 続きを読む

FM802の7月度ヘビロにクボタカイとアレクサンダー23 が決定

J-POP2022年7月1日

 FM802が、2022年7月の邦楽・洋楽ヘビーローテーション楽曲を発表した。  邦楽は、クボタカイの「ピアス」、洋楽は、アレクサンダー23の「ザ・ハーデスト・パート」で、1か月にわたって各ワイド番組などで毎日オンエアされる。   ◎邦楽「 … 続きを読む

マルーン5、12月に3年ぶりの来日公演開催

洋楽2022年7月1日

 マルーン5が、3年ぶりとなる来日公演を2022年12月に開催することが決定した。  本公演は、3月から開始したワールドツアーの日本公演となり、初のドームツアーだ。 「Sugar」、「Payphone」、「Girls Like You」、「 … 続きを読む

今年の【ナインティナインのオールナイトニッポン歌謡祭】第1弾にTRF/T.M.Revolution/ネクライトーキー/ロバート秋山/ミキ昴生

J-POP2022年7月1日

 ナインティナインがパーソナリティを務めるラジオ番組『ナインティナインのオールナイトニッポン』のアリーナイベント【オールナイトニッポン55周年記念 ナインティナインのオールナイトニッポン歌謡祭】が、10月30日に神奈川・横浜アリーナにて開催 … 続きを読む

amazon

page top