マイケル・モンロー、故ディー・ディー・ラモーンとの奇跡のコラボが実現!

2015年10月8日 / 15:00

マイケル・モンロー (okmusic UP's)

10月7日に発売となった元ハノイ・ロックスのシンガー、マイケル・モンローのニューアルバム『ブラックアウト・ステイツ』。その中に、伝説のパンクバンド、ラモーンズのオリジナルメンバーであり、2002年に他界したディー・ディー・ラモーンが生前マイケルに提供した未発表曲が収録されている。

曲のタイトルは「アンダー・ザ・ノーザン・ライツ」。ディー・ディーがラモーンズを脱退した1989年直後の1990年代前半。ニューヨークでマイケルとディー・ディーはよくつるんでいたそうで、そのときディー・ディーが書き溜めた中から、“フィンランド出身だからピッタリだ”という理由でマイケルにレコーディングを勧めたのがこの曲だ。マイケルはディー・ディー手書きの歌詞を未だに持っており、『ブラックアウト・ステイツ』のカラーブックレットには、その歌詞を画像として使用した。

こうして、ロック界のレジェンドであるマイケルとディー・ディーの奇跡のコラボレーションが、20余年の時を経て実現。往年のロック/パンクファンは聞き逃せない1曲だ。

また、この『ブラックアウト・ステイツ』の発売を記念して、マイケル・モンローと日本の人気シルバーアクセサリーブランド、アルテミスクラシックとのコラボレーションで生まれた特製Tシャツが、10月6日(火)より発売を開始した。マイケルとアルテミスクラシックとのコラボは過去にもあったが、そのアイテムが商品化されるのは今回が初めて。ビクターエンタテインメントとアルテミスクラッシック、それぞれの通販ページで異なるデザインが販売される。各50枚限定ということで、売り切れ御免のレアアイテムになるだろう。

さらに、日本の音楽ファンと海外アーティストのコミュニケーションの橋渡しを支援するウェブサービス「asQme」で、マイケル・モンローに質問できるキャンペーンもスタート。ファンが日本語で質問を投稿し、英訳されたものに対し、アーティストが動画で回答するという人気企画となっている。

■ビクターバージョン特製Tシャツ 購入ページ

http://victorentertainmentshop.com/articles/view/infomation/365

■アルテミスクラシックバージョン特製Tシャツ 購入ページ

http://www.rakuten.ne.jp/gold/artemisclassic/

■asQme

http://asq.me/ask/michaelmonroe-japan

アルバム『BLACKOUT STATES』
発売中

【3,000セット生産限定盤】(CD+DVD)

VIZP-141/¥4,500+税

<収録曲>※高音質SHM-CD

01.This Ain’t No Love Song / ディス・エイント・ノー・ラヴ・ソング

02.Old King’s Road / オールド・キングス・ロード

03.Goin’ Down With The Ship / ゴーイン・ダウン・ウィズ・ザ・シップ

04.Keep Your Eye On You / キープ・ユア・アイ・オン・ユー

05.The Bastard’s Bash / ザ・バスターズ・バッシュ

06.Good Old Bad Days / グッド・オールド・バッド・デイズ

07.R.L.F. / R.L.F.

08.Blackout States / ブラックアウト・ステイツ

09.Under The Northern Lights / アンダー・ザ・ノーザン・ライツ

10.Permanent Youth / パーマネント・ユース

11.Dead Hearts On Denmark Street / デッド・ハーツ・オン・デンマーク・ストリート

12.Six Feet In The Ground / シックス・フィート・イン・ザ・グラウンド

13.Walk Away / ウォーク・アウェイ

14.Skulls / スカルズ(日本盤ボーナストラック)

15.Hot Head / ホット・ヘッド(日本盤ボーナストラック)

<DVD:『マイケルズ・50thバースデイ・ギグ』>

01.Opening / オープニング

02.Trick Of The Wrist / トリック・オブ・ザ・リスト

03.Got Blood? / ガット・ブラッド?

04.Modern Day Miracle / モダン・デイ・ミラクル

05.Motorvatin’ / 炎のドライビン

06.Hammersmith Palais / ハマースミス・パレ

07.Interview With Michael (Part 1) / インタヴュー・ウィズ・マイケル(パート1)

08.’78 / ‘78

09.All You Need / オール・ユー・ニード

10.Nothin’s Alright / ナッシンズ・オールライト

11.Not Fakin’ It / ノット・フェイキン・イット

12.Malibu Beach Nightmare / マリブ・ビーチの誘惑

13.Get On / ゲット・オン

14.Dead, Jail Or Rock ‘N’ Roll / デッド、ジェイル・オア・ロックン・ロール

15.Interview With Michael (Part 2) / インタヴュー・ウィズ・マイケル(パート2)

16.Happy Birthday To Michael / ハッピー・バースデイ・トゥ・マイケル

17.I Wanna Be Loved / アイ・ウォナ・ビー・ラヴド

18.Missä Muruseni On / ミッサ・ムルセニ・オン

19.Million Miles Away / ミリオン・マイルス・アウェイ

【通常盤】(CDのみ)

VICP-65334/¥2,500+税

<収録曲>※高音質SHM-CD

01.This Ain’t No Love Song / ディス・エイント・ノー・ラヴ・ソング

02.Old King’s Road / オールド・キングス・ロード

03.Goin’ Down With The Ship / ゴーイン・ダウン・ウィズ・ザ・シップ

04.Keep Your Eye On You / キープ・ユア・アイ・オン・ユー

05.The Bastard’s Bash / ザ・バスターズ・バッシュ

06.Good Old Bad Days / グッド・オールド・バッド・デイズ

07.R.L.F. / R.L.F.

08.Blackout States / ブラックアウト・ステイツ

09.Under The Northern Lights / アンダー・ザ・ノーザン・ライツ

10.Permanent Youth / パーマネント・ユース

11.Dead Hearts On Denmark Street / デッド・ハーツ・オン・デンマーク・ストリート

12.Six Feet In The Ground / シックス・フィート・イン・ザ・グラウンド

13.Walk Away / ウォーク・アウェイ

14.Skulls / スカルズ(日本盤ボーナストラック)


音楽ニュースMUSIC NEWS

King & Prince永瀬廉、映画『うち執』完成披露試写会に登壇 「これが初主演作で心から良かった」

J-POP2019年4月18日

 2019年5月17日より公開の映画『うちの執事が言うことには』の完成披露試写会が4月18日に都内で行われ、永瀬廉(King & Prince)、清原翔、神宮寺勇太(King & Prince)、優希美青、神尾楓珠、矢柴俊博、村上淳、吹越満 … 続きを読む

ロード、サイモン&ガーファンクルの名曲を地元のチャリティ・ライブでカヴァー

洋楽2019年4月18日

 先月、ニュージーランドのクライストチャーチで起こったモスク銃乱射事件の被害者を支援するために行われたチャリティ・コンサート【You Are Us/Aroha Nui】で、ロードがサイモン&ガーファンクルによる米No.1ヒット「サウンド・オ … 続きを読む

AAAMYYYが北九州の名所を巡る、「愛のため」MV公開

J-POP2019年4月18日

 AAAMYYYの楽曲「愛のため」のMVが、分散型動画メディア「lute/ルーテ」のYouTubeチャンネルで公開された。  「愛のため」は2月6日にリリースされた1stフルアルバム『BODY』の収録曲。MVの制作は北九州市と、北九州市で活 … 続きを読む

シアラ、自身のレーベルよりニューアルバム『ビューティー・マークス』リリースへ

洋楽2019年4月18日

グラミー賞受賞シンガー、シアラが自身で設立したレーベル“Beauty Marks Entertainment”より、7枚目となるニューアルバム『ビューティー・マークス』を6月5日にリリースする。  国内盤ボーナス・トラックには、SNSで注目 … 続きを読む

<コラム>コリーヌ・ベイリー・レイ来日記念特集~「心の歌」で多くの人を魅了し続ける理由-彼女の「痛み」と「喪失」

洋楽2019年4月18日

 筆者が彼女のライブを初めて観たのは、2011年3月8日の渋谷AXでの公演だ。2008年に死去した夫、ジェイソン・レイに捧げた2ndアルバム『The Sea』と、自身の音楽的なルーツに立ち返り「愛」をテーマに選曲したEP『The Love … 続きを読む

page top