広末涼子&一青窈『はなちゃんのみそ汁』全国公開直前イベントに登場 主題歌「満点星」大合唱

2016年1月6日 / 19:01
広末涼子&一青窈『はなちゃんのみそ汁』全国公開直前イベントに登場 主題歌「満点星」大合唱 画像1

 日本中が涙したベストセラー実話エッセイを映画化。広末涼子×滝藤賢一×赤松えみな×一青窈の幸せなアンサンブルから成る映画『はなちゃんのみそ汁』の全国公開直前イベントが、1月6日 テアトル新宿にて開催された。

 このイベントには、主演の広末涼子と姉役を務めた一青窈が登場。新年に相応しい華やかな衣装を纏った二人の姿に、観客席からは大きな拍手が贈られた。広末は「年始のお忙しい中、劇場に足を運んでくださって、本当にありがとうございます。今年1本目の映画になる方も多いのかもしれないですね。映画いかがでしたか?」と、客席に投げかけると、割れんばかりの拍手に「ありがとうございます! この映画に出会えて、千恵さんと出会えて、私自身も沢山のことを学び、成長させてもらったように思います。この映画が、みなさんの中で優しくあったかく思い出に残るものになってくれたら嬉しいです」と感謝を述べ、今年の抱負について「この映画を出発点として、昨年から撮影した作品が盛りだくさんなので、仕事を頑張りたいです!」と意気込んだ。

 主題歌「満点星」を書下ろし、主人公・千恵の姉役として出演もする一青は「妊婦の時代に撮影期間を迎え、公開と共に出産という非常にめでたい幕開けとなりました!」と本作との縁の深さを語り、今回のオファーについて「24時間テレビで初めて、(本作のモデルとなっている)安武はなちゃんと信吾さんにお会いして、千恵さんが私の『ハナミズキ』が好きだったと伺い、今回の映画のお話を頂いて『ハナミズキ』ではない曲を作ることにすごくプレッシャーを感じたことを覚えています。広末さんのお姉さん役で出演するというのも、遠い顔をしているのに大丈夫かなという不安がありました(笑)」と本音を明かし、会場を沸かせた。広末との共演については「広末さんは笑顔の種類が沢山あって、いつも見とれていました」と語った。

 本作が初の演技経験となる、はなちゃん役の赤松えみなについて聞かれると、広末は「感情を作り上げていくというよりも、1回目のお芝居が一番よくて、その新鮮さや自由さ、素直さを切り取れるように、滝藤さん含めみんなで現場作りをしていました。えみなちゃんがいつもにこにこ笑い、自由でいてくれたから、より本当の家族に見えたんじゃないかなと思います」と、一青は「一番最後のシーンの撮影中、広末さんがえみなちゃんをわが子のようにあやしながら撮影していて、本当の家族に見えて、みんなリアルな涙を流していたと思います」と語った。また、広末は「最後のコンサートのシーンなど一番大事なところは、いつもはなは一青さんの近くにいなきゃいけなかったから、大変だったんじゃないかな。コンサートのシーンも一青さんが大号泣している横で、えみなちゃんがぼ~っとしていて…(笑)」一青も「その後ろで安武はなちゃんと信吾さんが大号泣していました(笑)」とあったか~いエピソードを明かし、会場を和ませた。

 “素直な告白”という花言葉を持つドウダンツツジの名前からとったという主題歌「満点星」へ込めた思いについて尋ねられると、一青は「脚本が吹き出してしまうほど、本当に面白可笑しくて、これはいい映画になるなと確信しながら、詩を書いていました。とにかく“生まれてくれてありがとう”という千恵さんのはなちゃんへの想いを込めました」と明かした。劇中で歌を披露した広末は「この曲を最後のシーンでストーリーに乗せて、自分に入ってきたときに本当に胸がいっぱいになりました」と答えた。

 そして二人は客席の方へと移動。主題歌「満点星」を一青の生歌に合わせ、広末と観客による大合唱が。劇中さながらの演出に映画の余韻と相まって涙を拭う人の姿が多く見られた。号泣する観客に一青は手を指しのべ、さらなる感動を誘い、あったか~い歌声に会場は一体感で包まれる。合唱後、一青は「ありがとう、一緒に歌ってくれて」と感無量な様子で感謝を述べ、広末は涙ぐみながら「やっぱりいい曲ですね。こうやって映画を観終わった方たちと共有できて、気持ちが溢れているのが感じられて、本当に嬉しいです。」と喜びを口にした。

 最後に広末は「人を幸せにしてくれる映画だと思っています。千恵さんを演じられて本当に幸せでした。命にありがとう、ママにありがとう、みんなにありがとうという気持ちが伝わるとうれしいです。沢山の方に観ていただきたいです!」とメッセージを贈りイベントは終了した。

◎映画『はなちゃんのみそ汁』
出演:広末涼子、滝藤賢一、一青窈、紺野まひる、原田貴和子、春風ひとみ、遼河はるひ、赤松えみな(子役)、平泉 成、木村理恵、北見敏之、高畑淳子、鶴見辰吾、赤井英和、古谷一行
原作:安武信吾・千恵・はな「はなちゃんのみそ汁」(文藝春秋刊)
監督・脚本:阿久根知昭(『ペコロスの母に会いにいく』脚本)
主題歌:一青窈「満点星」(ユニバーサルミュージック/EMI Records)
配給:東京テアトル<東京テアトル70周年記念作品> 
2015年/日本/デジタル/118分/ヴィスタ/カラー/5.1ch
(C)2015「はなちゃんのみそ汁」フィルムパートナーズ
文部科学省選定(成人向き・家庭向き) 年少者映画審議会推薦
12月19日(土)よりテアトル新宿&福岡県内先行公開、
2016年1月9日(土)より全国拡大公開


音楽ニュース

ウルフルズ、全国ネット・新番組がスタート!新曲もOA! 画像1

ウルフルズ、全国ネット・新番組がスタート!新曲もOA!

J-POP2016年5月16日

 2016年6月4日(土)から、FM OSAKAをキーステーションとしたJFN38局ネットでは、土曜日の朝、休日のお昼前に、ウルフルズの楽曲とメンバーのトークで、あたたかく、前向きになれるラジオ番組がスタートする。    毎週ウルフルズのメ … 続きを読む

T.M.Revolutionと小田和正とのオールタイムベスト対決、結果は? 原田知世のセルフカバー第2弾もTOP5入り 画像1

T.M.Revolutionと小田和正とのオールタイムベスト対決、結果は? 原田知世のセルフカバー第2弾もTOP5入り

J-POP2016年5月16日

 5月25日付のBillboard JAPAN週間セールスアルバムチャート“Top Albums Sales”は、T.M.Revolutionのデビュー20周年記念したオールタイムベストアルバム『2020 -T.M.Revolution A … 続きを読む

キスマイ新作が20万超えでモーニング娘。とのチャートレースを制す、TOP5には『マクロスΔ』やリトグリも 画像1

キスマイ新作が20万超えでモーニング娘。とのチャートレースを制す、TOP5には『マクロスΔ』やリトグリも

J-POP2016年5月16日

 5月25日付のBillboard JAPAN週間セールスシングルチャート“Top Singles Sales”は、Hey!Say!JUMP『真剣SUNSHINE』が約27.4万枚というビッグセールスで初登場1位を記録。14.5万枚と同じく … 続きを読む

音楽イベント【TUMBLING DICE 6】ザ・クロマニヨンズ、THE BACK HORN、サンボマスターが出演 画像1

音楽イベント【TUMBLING DICE 6】ザ・クロマニヨンズ、THE BACK HORN、サンボマスターが出演

J-POP2016年5月16日

 “ロックバンドを全力で応援する”をスローガンに、ホットスタッフ・プロモーションが贈るイベントの6回目【HOT STUFF presents TUMBLING DICE 6】が8月17日にTSUTAYA O-EASTで開催される。  今回出 … 続きを読む

井の頭公園の定時放送が“やくしまるえつこアナウンス”&“相対性理論の楽曲放送”に 画像1

井の頭公園の定時放送が“やくしまるえつこアナウンス”&“相対性理論の楽曲放送”に

J-POP2016年5月16日

 2017年に井の頭恩賜公園(東京・吉祥寺)が100周年を迎えることを記念して、やくしまるえつこによる公園放送がスタートした。  この放送では、毎日10時、12時、16時の公園定時放送がやくしまるえつこの声になり、やくしまるのアナウンスと共 … 続きを読む

more

お知らせ

サイト名の変更について

4月1日からサイト名を「エンタメOVO」に変更いたしました。
「エンタメOVO」は引き続き、テレビを中心に、映画、音楽など各種エンタメニュースを配信するサイトとして強化して参ります。URLや編集部の連絡先については、変更ありません。
今後ともお引き立てを賜りますよう、何卒宜しくお願いいたします。

page top