米倉千尋」に関連する件の記事

『ランティス祭り2019』、初日公演からスペシャルなメニューが目白押し!

音楽ニュース2019年6月22日

2009年、2014年と行なわれてきたレーベル設立の周年を記念して開催されるアニソンフェス『ランティス祭り』が、設立20周年の今年、5年振りに復活! ランティスレーベル20年の歴史を支えた数多くのアーティストがアニメソングやファンへの感謝の想いを込める“A・R・I・G・A・・・・続きを読む

【速レポ】『ランティス祭り』DAY1(5):カバーコーナーに沸いた中盤戦

音楽ニュース2019年6月21日

■ TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND &佐咲紗花&NOW ON AIR■開演から3時間半が経ち、イベントも折り返し。ここで現れたのがシーンでは異色のテクノポップユニット・TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDだ。結成25年と、実にランティスより長い歴史を持つ彼らが披露したのは、『・・・続きを読む

【速レポ】『ランティス祭り』DAY1(4):アイカツスターズ!らのメドレーでヒートアップ

音楽ニュース2019年6月21日

■ 妖精帝國 ■妖精帝國を象徴する国旗がなびく様がスクリーンに映し出され、どんよりとした漆黒の曇り空を背景に一羽のカラスが何やら不穏な物語の始まりを告げる中、シンフォニックなサウンドが押し寄せ“いくぞ、幕張!”の一声を合図に真っ赤なサイリウムの海、ひしめく巨民・・・続きを読む

水木一郎、“原点”に立ち返るデビュー50周年記念ライヴで30曲熱唱

音楽ニュース2018年8月11日

水木一郎が8月10日、Zepp Tokyoで『水木一郎 デビュー50周年記念 特別公演~原点オンパレードだゼーット!~』と銘打った50周年記念ライヴを開いた。 “アニキ”の愛称で親しまれ、“アニメソング界の帝王”としていまなお第一線で活躍中の水木。1968年7月にカンツォーネ歌謡・・・続きを読む

かなでももこ、摩天楼オペラや米倉千尋など1stミニアルバム参加プロデューサーのコメントを公開

音楽ニュース2014年9月27日

かなでももこが10月15日(水)発売する1stミニアルバム「KANADE」収録曲に参加したプロデューサー陣のコメントと、店舗別の購入者特典の絵柄が公開された。 1stミニアルバム「KANADE」には、宮下浩司氏、俊龍氏、米倉千尋氏、霜月はるか氏、摩天楼オペラ、サイキック・・・続きを読む

大阪で本格的アニソン・フェス<nonstop アニソントレイン祭>開催決定

音楽ニュース2012年7月13日

大阪市で夏に毎年行われている「大阪城サマーフェスティバル」の一環として、8月3・4・5日の3日間に渡り<nonstop アニソントレイン祭>と題したイベントの開催が決定し、7月12日、東京・虎ノ門のホテルオークラで記者会見が行われ、出演者の中からアフィリア・サーガ・イー・・・続きを読む

ライヴイベントも! 米倉千尋が“泣けるアニソン”を歌うアルバム!

音楽ニュース2010年12月16日

シングルチャートに毎週多くのアニメソングが入り、毎週の様に大型ホールでアニソンイベントが開催されるなど、盛り上がりをみせているアニソンシーン。そんな中、メロディの美しい名曲“泣けるアニメの名曲”を取り上げた“癒し”の力を持つカヴァーアルバム『泣けるアニソン』・・・続きを読む

  • 1

page top