熊木杏里」に関連する30件の記事

熊木杏里、バンド・アレンジ中心のニュー・アルバム『なにが心にあればいい?』11月リリース

音楽ニュース2020年9月30日

 熊木杏里が、ニュー・アルバム『なにが心にあればいい?』を、2020年11月11日にリリースする。  本作は、思うように外にも出られず、不安や焦燥を感じてしまう世の中になってしまったいまだからこそ、レコーディングというものにライブを込め、アルバムとして届けよう、と・・・続きを読む

熊木杏里、AL『人と時』から「亡き歌」MV公開

音楽ニュース2019年11月26日

 熊木杏里が、アルバム『人と時』から収録曲「亡き歌」のミュージックビデオを公開した(https://youtu.be/oq0l1maGAq4)。 今回ミュージックビデオが公開となった「亡き歌」は、とくに母親の目線で強く感じた感情を書き記したもの。 “届かなかった小さき声”は、もどかし・・・続きを読む

熊木杏里、約2年半ぶり新アルバムの全曲先行配信がスタート

音楽ニュース2019年9月25日

シンガーソングライターの熊木杏里が、10作目で15周年作品となるオリジナルアルバム『群青の日々』から約2年半ぶりとなる新作『人と時』を、10月30日(水)にリリース。また9月25日(水)から全曲先行配信がスタートした。 同作は、近年のライブを支えているベーシストの森・・・続きを読む

熊木杏里 セットリスト事前公開! 本人と聴き手の人生が交錯する沖縄初ライブ【熊木杏里を語る会~熟考】

音楽ニュース2019年7月9日

 人生を蒼い炎で燃やした歌で聴き手の心を震わせ続けている、唯一無二の女性シンガーソングライター 熊木杏里。7月14日 沖縄OUTPUTにて【wandering note ~南の島から~【熊木杏里を語る会~熟考】】なる企画ライブを開催するのだが、そのセットリストを事前に公開すること・・・続きを読む

熊木杏里 初の沖縄ライブ開催決定! 本人とファンの人生を楽曲に乗せる【熊木杏里を語る会~熟考】

音楽ニュース2019年4月17日

 人生を蒼い炎で燃やした歌で聴き手の心を震わせ続けている、唯一無二の女性シンガーソングライター 熊木杏里。7月14日 沖縄OUTPUTにて【wandering note ~南の島から~【熊木杏里を語る会~熟考】】なる企画ライブを開催することになった。  近年は中国でも精力的に活動し・・・続きを読む

小田和正、音楽特番『風のようにうたが流れていた』放送! 矢野顕子、杏らが出演

音楽ニュース2019年3月8日

3月29日(金)全国TBS系にて深夜24時20分から『小田和正音楽特番「風のようにうたが流れていた」』が放送される。本番組の収録が小田和正の出身校である聖光学院(神奈川県横浜市)で行なわれ、これまでTBSで放送してきた小田の音楽番組では初登場となる杏や矢野顕子をはじめ・・・続きを読む

熊木杏里、アニメ『約束の七夜祭り』主題歌「あわい」を配信リリース

音楽ニュース2018年7月9日

熊木杏里が、村田和也監督作品XFLAG(TM)オリジナルアニメ『約束の七夜祭り』の主題歌となった楽曲「あわい」を、デジタルシングルとして7月7日よりリリースした。 熊木が“「あわい」は、目に見えない気持ちを素直に歌った曲。感情を突き動かしてくれるアレンジにも是非耳・・・続きを読む

熊木杏里、デビュー15周年の締めくくりに感謝と決意の【An's meeting ~ホントのライブベスト版~ 15th篇】開催

音楽ニュース2018年3月26日

 熊木杏里が3月24日に東京・東京国際フォーラム ホールCにてワンマンライブ【An's meeting ~ホントのライブベスト版~ 15th篇】を開催した。  ベスト盤を軸にライブを展開することはあっても、“ライブのベスト版”と銘打ってステージを構成することはそう多くはないのでは・・・続きを読む

熊木杏里 衝撃の1stアルバムから15年……あの頃の自分と対峙する重要作品発売「15年の時を経て、殺風景にまた巡り会う」

音楽ニュース2018年1月26日

 人生を蒼い炎で燃やした歌で聴き手の心を震わせ続けている、唯一無二の女性シンガーソングライター 熊木杏里。昨年末に小田和正による音楽特番『クリスマスの約束』への出演も果たした彼女が、原点とも言える作品の特別仕様をリリースする。  今回リリースが決定したのは・・・続きを読む

小田和正の『クリスマスの約束』、2017年は千葉ポートアリーナで開催

音楽ニュース2017年11月17日

小田和正によるクリスマス恒例のコラボレーションライブ番組『クリスマスの約束』が、2017年は12月25日(月)深夜23時40分からTBS系列にて放送される。2001年の放送開始以来、深夜帯にもかかわらず常に高視聴率をマーク。これまで2度にわたりギャラクシー賞を受賞、さらに放・・・続きを読む

熊木杏里“青春”が生み出した楽曲群 キング時代のアルバムハイレゾ配信第2弾開始

音楽ニュース2016年6月17日

 人生を蒼い炎で燃やした歌で聴き手の心を震わせ続けている、唯一無二の女性シンガーソングライター 熊木杏里。キングレコード時代のアルバムのハイレゾ配信第二弾がスタートした。  2002年デビュー。自身の悩み、葛藤をストレートに表現する詩の世界と、フォークソングを・・・続きを読む

熊木杏里 進化の一途辿ったキングレコード時代アルバム一挙ハイレゾ配信

音楽ニュース2016年5月20日

 人生を蒼い炎で燃やした歌で聴き手の心を震わせ続けている、唯一無二の女性シンガーソングライター 熊木杏里。数々のCM、ドラマ、映画等も通じ、その才能が広く周知されたキングレコード時代のオリジナルアルバム5作品と2枚組ベスト盤のハイレゾ配信が決定した。  2002年・・・続きを読む

熊木杏里 ヤマハ移籍を記念してヤマハホールで追加公演開催

音楽ニュース2016年5月9日

 人生を蒼い炎で燃やした歌で聴き手の心を震わせ続けている、唯一無二の女性シンガーソングライター 熊木杏里。ヤマハに移籍して初のツアー【熊木杏里 LIVE TOUR 2016 “飾りのない明日”】がスタートし、5月8日に東京・キネマ倶楽部公演が行われた。  ソールドアウトとなっ・・・続きを読む

熊木杏里、プロデューサーに扇谷研人を迎えた自身9作目となるアルバムをリリース

音楽ニュース2016年3月16日

熊木杏里が3月16日、オリジナルフルアルバム『飾りのない明日』をリリースした。自身9作目となる今作には、プロデューサーに扇谷研人を迎え、これまでの作品には無い柔らかさを感じさせる仕上がりとなっている。 結婚・出産を経験して人生観が変化してきた彼女が、人・・・続きを読む

熊木杏里 中島みゆきら所属のヤマハへ移籍 3/16アルバム『飾りのない明日』発売

音楽ニュース2016年1月13日

 人生を蒼い炎で燃やした歌で聴き手の心を震わせ続けている、唯一無二の女性シンガーソングライター 熊木杏里。中島みゆきらを手掛けるヤマハミュージックコミュニケーションズに移籍し、その第一弾となる9thオリジナルアルバム『飾りのない明日』を3月16日にリリースする。・・・続きを読む

熊木杏里がヤマハミュージックコミュニケーションズへの移籍を発表

音楽ニュース2016年1月12日

映画、ドラマ、CM などで30曲以上のタイアップ実績を持ち、その独特な歌声の魅力から映像クリエイターからも評価されコラボレーションをしている熊木杏里が、中島みゆきを筆頭とする女性シンガーソングライターを多く手掛けるヤマハミュージックコミュニケーションズへ移籍し・・・続きを読む

熊木杏里 静かなる怪物覚醒【歌が姿を見せる日】の衝撃……来年のアルバム発売&ツアー開催も示唆

音楽ニュース2015年11月25日

 人生を蒼い炎で燃やした歌で聴き手の心を震わせ続けている、唯一無二の女性シンガーソングライター 熊木杏里。11月22日 日本橋三井ホールにて【熊木杏里 LIVE in autumn 「歌が姿を見せる日」】と題したワンマンライブを開催した。 <1対1での対峙……熊木杏里を極限まで近く・・・続きを読む

熊木杏里 春ツアー「生きているがゆえ」でビルボード&ブルーノートに立つ

音楽ニュース2015年1月15日

 人生を蒼い炎で燃やした歌で聴き手の心を震わせ続けている、唯一無二の女性シンガーソングライター 熊木杏里。待望のツアー【熊木杏里 LIVE TOUR 2015「生きているがゆえ」】を実施する。  アルバム『生きているがゆえ』をリリースしたばかりの彼女が、今作を携えたツアー・・・続きを読む

熊木杏里 必見の新曲「あなただった」ミュージックビデオ公開

音楽ニュース2014年12月12日

 人生を蒼い炎で燃やした歌で聴き手の心を震わせ続けている、唯一無二の女性シンガーソングライター 熊木杏里。12月17日リリースの新アルバム『生きているがゆえ』より「あなただった」のミュージックビデオを公開した。  オリジナルフルアルバムとしては約3年ぶりとなる『・・・続きを読む

熊木杏里、約3年ぶりのオリジナルフルアルバム『生きているがゆえ』発売決定

音楽ニュース2014年11月30日

熊木杏里が12月17日(水)に約3年ぶりのオリジナルフルアルバム『生きているがゆえ』をリリースすることが決定した。 熊木杏里は2001年にテレビ番組の歌手オーディションでグランプリに輝き、2002年にシングル「窓絵」でデビュー。感情をストレートに表現する詩と柔・・・続きを読む

  • 1
  • 2

page top