マーク・ロンソン」に関連する42件の記事

マーク・ロンソン、ガガ/マイリーなど豪華アーティスト多数参加ドキュメンタリーの予告公開

音楽ニュース2019年10月8日

 現地時間2019年10月12日にYouTubeで公開されるマーク・ロンソンのドキュメンタリー『How to Be: Mark Ronson』のトレイラー映像が解禁された(https://youtu.be/2DAu7ZSfwvw)。  これまで数々の賞を受賞してきたロンソンの制作プロセスと生い立ちに迫る、このドキュメン・・・続きを読む

『レイト・ナイト・フィーリングス』マーク・ロンソン(Album Review)

音楽ニュース2019年6月25日

 “2010年代を代表する一曲”を挙げるなら、まっさきに「アップタウン・ファンク」を選ぶ。好き嫌いは別として、この曲にはそれだけのインパクトがあり、リスナーのテンションを持ち上げる絶大なパワーがあるからだ。海外のみならず、日本でもCMやテレビ番組などに多数起用さ・・・続きを読む

マーク・ロンソン、マイリー&リアムのためにウェディング定番曲を口笛で披露

音楽ニュース2018年12月27日

 マイリー・サイラスとリアム・ヘムズワースの結婚を祝して、現地時間2018年12月26日にマーク・ロンソンが、2人のためにウェディング・ソングを披露する映像を自身のTwitterに公開した。彼は、先日マイリーとコラボ・シングル「ナッシング・ブレイクス・ライク・ア・ハート・・・続きを読む

<ライヴ・レポート>世界的ヒットメイカー=マーク・ロンソン、星野源とのダブル・ヘッドライナー・ショーで2万人を魅了

音楽ニュース2018年12月18日

 『アップタウン・ファンク』で世界を席巻してから4年、映画『アリー/スター誕生』の事実上の主題歌「シャロウ~『アリー/スター誕生』愛のうた」への参加で【グラミー賞】最優秀レコード賞ほか4部門と【ゴールデン・グローブ賞】候補に挙がり、マイリー・サイラスをゲス・・・続きを読む

マーク・ロンソン、「アップタウン・ファンク」を巡り再び告訴される 相手側はザップの名曲に酷似と主張

音楽ニュース2017年9月14日

 大ヒット曲「アップタウン・ファンク」を巡り、マーク・ロンソンが再び告訴された。今度はファンク・バンド、ザップによる1980年の名曲「気分はザッピー / More Bounce to the Ounce」の版権を有するLastrada Entertainment Company, Ltd.という会社が、ロンソンほかプロデ・・・続きを読む

マーク・ロンソンvsケヴィン・パーカー/ウータン・クラン/チャイルディッシュ・ガンビーノ~【ガヴァナーズ・ボール】現地レポート(土曜日編)

音楽ニュース2017年6月10日

 現地時間2017年6月2日~4日にかけて、米NYランダルズ・アイランドで開催された【ガヴァナーズ・ボール】。今年は、チャンス・ザ・ラッパー、フェニックス、トゥールがヘッドライナーを務め、他にもロード、ウータン・クラン、ウィズ・カリファ、マーク・ロンソン&ケヴィン・・・続きを読む

「月曜から夜ふかし」で大注目の「フェフ姉さん」がソニーミュージックのスーパースターをメッタ斬り!

音楽ニュース2016年12月20日

 グラミー賞で最優秀レコードを受賞した「アップタウン・ファンク feat. ブルーノ・マーズ」を含むマーク・ロンソンの最新アルバム『アップタウン・スペシャル』など最新のヒット・アルバムから、先日ノーベル文学賞を受賞して世界中で話題となったボブ・ディランの『追憶の・・・続きを読む

マーク・ロンソン&ブルーノ・マーズを某ファンクバンドが著作権侵害で告訴

音楽ニュース2016年10月31日

 大ヒット曲「アップタウン・ファンク」でコラボしたマーク・ロンソンとブルーノ・マーズが、著作権侵害で訴えられた。1980年代初めに活動していたファンクバンド、コラージュ(Collage)が告訴したとのこと。米ゴシップ・ニュースサイト“TMZ”が報じている。  コラージュ側・・・続きを読む

マーク・ロンソンの「アップタウン・ファンク」が米でダイヤモンドディスクに認定

音楽ニュース2016年10月19日

 マーク・ロンソンとブルーノ・マーズによる大ヒット曲「アップタウン・ファンク」が、アメリカでダイヤモンドディスクに認定された。米レコード協会(RIAA)が10月18日に発表した。  RIAAによるゴールドおよびプラチナディスク認定が拡張し、1999年にダイヤモンドディスク・・・続きを読む

もうすぐサマソニ!米ビルボード・チャートを賑わす出演アーティストをピックアップ~マーク・ロンソン/チャーリー・プース/The 1975 and more

音楽ニュース2016年8月16日

 2016年7月22日~24日の3日間にわたって開催された【FUJI ROCK FESTIVAL 2016】に続き、8月20日~21日には【SUMMER SONIC 2016】がいよいよスタートする。世界的ポップ、ロック、EDMアクトらが出演し、若層を中心に盛り上がりをみせるという印象の【SUMMER SONIC】だが、今・・・続きを読む

マーク・ロンソン&ブルーノ・マーズ グラミー効果継続で洋楽チャート首位をキープ、リアーナが遂にTOP5圏内に

音楽ニュース2016年3月2日

 先週10か月ぶりに首位に返り咲いたマーク・ロンソンの「アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ」が、Billboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”で通算5週目の1位をマークした。  スーパーボウルでのパフォーマンスなど【グラミー賞】にむけて、徐々にポイントを・・・続きを読む

「アップタウン・ファンク」、グラミー効果で約10か月振りの首位!

音楽ニュース2016年2月24日

 先週から1つ順位を上げて、約10か月振りにBillboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”でマーク・ロンソンの「アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ」が首位を獲得した。  「アップタウン・ファンク~」は、【第58回グラミー賞】の受賞の影響で、エアプレイが急伸・・・続きを読む

【第58回グラミー賞】年間最優秀レコードはマーク・ロンソンft.ブルーノ・マーズ「Uptown Funk」が受賞

音楽ニュース2016年2月16日

 世界最高峰の音楽賞として注目を集める【第58回グラミー賞】の授賞式が日本時間の2月16日(火)に開催。各部門の受賞アーティストが発表され、<年間最優秀レコード>はマーク・ロンソンft.ブルーノ・マーズによる「Uptown Funk」が受賞した。  第58回となる今年の授賞式・・・続きを読む

テイラー、マルーン5、ケンドリック!2015年最強の洋楽ヒット曲集『2016 GRAMMY ノミニーズ』が1月29日発売決定

音楽ニュース2016年1月12日

 【第58回グラミー賞】ノミネート楽曲が収録されたコンピレーション盤『2016 GRAMMY ノミニーズ』が1月29日発売される。  シリーズ22作目となる今作は、【第58回グラミー賞】にノミネートされた21のアーティストによるヒットを21曲フィーチャーしている。楽曲が収録されて・・・続きを読む

2015年は“ラジオライクな曲”と“来日”と“ロングヒット”な洋楽

音楽ニュース2015年12月10日

 2015年のエアプレイは、マーク・ロンソン「アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ」が首位を獲得。2014年12月のチャートから、チャート圏内の常連として2015年を駆け抜け、ラジオライクな曲として定着し、リスナーも納得の結果となった。  同じく2位のカーリー・・・・続きを読む

オバマ米大統領夫妻、2015年のお気に入りの1曲を発表

音楽ニュース2015年12月10日

 オバマ大統領によるSpotifyのエレクトリック・サマー・プレイリストに始まり、同夫人の“デイ・オブ・ザ・ガール”ミックスに至るまで、米大統領夫妻が音楽に対し熱い思いを持っているのは明らかだ。そんなオバマ大統領夫妻にとっての2015年のフェイバリット・ソングがこの度・・・続きを読む

【全米年間シングル・チャート】マーク・ロンソン「アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ」がエド・シーランやウィズ・カリファを抑え首位に

音楽ニュース2015年12月9日

 2015年の年間シングル・チャートは、マーク・ロンソンの「アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ」が堂々の首位に輝いた。  1月17日付HOT100チャートから、通算14週にわたって首位をマークし続けた「アップタウン・ファンク」。その後も圏外にダウンすることなく・・・続きを読む

英国での週間音楽ストリーミング数が5億回を突破

音楽ニュース2015年7月27日

 英国での音楽ストリーミング数が初めて週5億回を超えたことが、英国レコード産業協会(BPI)とオフィシャル・チャート・カンパニー(OCC)が発表した新しいデータにより明らかになった。  この大記録は7月16日締めのウィークリー集計時に達成したもので、英国の消費者は20・・・続きを読む

マーク・ロンソン「uptown funk」、収益200万ドルの分配方法は?

音楽ニュース2015年6月23日

 マーク・ロンソンがブルーノ・マーズとコラボした楽曲「uptown funk」。米ビルボード・シングル・チャート“ホット100”史上2番目に長くトップの座に君臨した同曲の印税収益内訳を米ビルボードが推測している。  同トラックは、もともと、ロンソンをはじめ、マーズ、ジェフ・・・続きを読む

マーク・ロンソン&ブルーノ・マーズ 遂に14週目の首位に!米ビルボード・シングル・チャート歴代最長No.1記録2位に

音楽ニュース2015年4月10日

 米ビルボード・シングル・チャート14週目の1位に輝き、マライア・キャリー&ボーイズⅡメンの「ワン・スウィート・デイ」が保持する歴代最長No.1記録の16週まで、後2週となったマーク・ロンソン&ブルーノ・マーズの「アップタウン・ファンク」。  先週2010年代の最長No.1・・・続きを読む

page top