バビン・ラバリ」に関連する件の記事

映画と映画館に恋をした少年。映画愛に満ちた『エンドロールのつづき』【映画コラム】

ほぼ週刊映画コラム2023年1月19日

『エンドロールのつづき』(1月20日公開)  2010年、インドの田舎町で暮らす9歳の少年サマイ(バビン・ラバリ)は、学校に通いながら父のチャイ店を手伝っている。厳格な父は映画を低俗なものと考えているが、信仰するカーリー女神の映画だけは特別だとし、これで・・・続きを読む

  • 1
Willfriends

page top