EXILE HIROのラストライブで魅せた日本最大級のエンターテインメント

2013年10月4日 / 18:00

 9月26、27日に東京ドームで【EXILE LIVE TOUR 2013 “EXILE PRIDE”】の追加公演が行われ、年内でパフォーマー勇退を表明しているリーダーのHIROにとって最後のライブステージに。さらには新メンバー募集のオーディションを行うことを発表した。

 今回のツアーが始まる直前の4月、HIROは自ら立ち上げ今年で12年目を迎えるEXILEのパフォーマーから勇退することを発表し、世間を驚かせた。そしてツアーでは大阪、東京、名古屋、札幌、福岡のドーム会場を巡って70万人を動員。さらに9月から始まった追加公演でも、札幌以外のドーム会場で2DAYS公演を行い32万人と、総動員数は100万人を突破した。

 日本最大級のスケールは動員だけではない。スタッフ総員は1500人にのぼり、計2000平方メートルのLEDスクリーンが方々に配されたステージの全幅は100mを超えた。スタンド側に設置されたステージ脇から真反対のバックネット側へ移動するBOX CARはメンバー14人分が用意され、側面にはやはりLEDディスプレイが。会場上空を埋め尽くほど大量の銀テープが降り注いだ特効も3度発射され、果ては全長15mはあろうかという人型オブジェがアンコール時に登場して観衆の度肝を抜くなど、演出面の全てが最高級のツアーとなった。

 もちろん、EXILEのパフォーマンスは、さらにズバ抜けていたといっても過言ではない。今回のステージ本編は3つのブロックに分けられていたが、序盤は古代西洋を思わせるド派手なCG映像よりスタート。時にMAKIDAIによるDJプレイやTHE SECOND from EXILE、三代目 J Soul Brothers、GENERATIONS from EXILE TRIBEのアクトも織り交ぜながら、ダンサブルなアッパーチューンが次々に繰り広げられていく。

 中盤はATSUSHIとTAKAHIRO、2人のボーカルが中心のステージに。バラードメドレーなども披露されて女性ファンのため息を誘ったが、一番の見所は“PERFORMER’S PRIDE”と名づけられたダンスパートだった。こちらは各メンバーのソロダンスよりスタートするのだが、バックダンサーの衣装にはLEDが取り付けられてあり、ダンスやサウンドにシンクロして衣装が様々な色に発光するのだ。計算されたダンスの動きに合わせた光と闇のコントラストで魅せる“PERFORMER’S PRIDE”に、会場は幾度となくどよめきと歓声がこだました。

 そして「Rising Sun」や「時の描片~トキノカケラ~」、「BOW&ARROWS」など近年のヒットソングが立て続けに披露された終盤戦は、HIROのラストライブということも相まって会場は壮大なクライマック感に溢れた。12年の歴史を振り返る映像なども用意され、「愛すべき未来へ」で感動の大団円を迎えると、HIROは大歓声を送る47000人の観衆を見渡しながら、万感の表情で感謝を伝えた。

 また、アンコールでは来年の予定が発表され、三代目 J Soul Brothersのベスト盤リリースや新春ツアーを筆頭に、ATSUSHIのソロツアーと春リリース予定のフルアルバム。MAKIDAIによるクラブEXILE開催やUSAがプロデュースするDANCE EARTHプロデュース公演など、2014年も盛りだくさんの展開を予定されているという。

 EXILEのエンターテインメントは公演のスケールや動員、演出、パフォーマンスにおいて今、間違いなく日本一と言えるだろう。1つの象徴だったHIROが勇退し、新たなメンバーを迎える彼らは、これからどのような未来を選んでいくのか。10月16日には今回のツアーで5月に行われた東京ドーム公演の模様を収録したBlu-ray&DVDがリリースされるので、まだステージを見たことがないという人は、ぜひ一度、EXILEの凄味を体験してみて欲しい。

◎【EXILE LIVE TOUR 2013 “EXILE PRIDE”】追加公演
2013/09/26(木)、27(金) at 東京ドーム
セットリスト:
01.EXILE PRIDE
02.ALL NIGHT LONG
03.Each Other’s Way ~旅の途中~
04.Flower Song
05.Choo Choo TRAIN
06.VICTORY
07.WON’T BE LONG
08.FIREWORKS
09.THINK ‘BOUT IT!(THE SECOND from EXILE)
10.SURVIVORS feat. DJ MAKIDAI(THE SECOND from EXILE)
11.FIGHTERS(三代目 J Soul Brothers)
12.BURNING UP(EXILE TRIBE(三代目 J Soul Brothers VS GENERATIONS))

13.Ti Amo
14.ふたつの唇
15.道しるべ(EXILE ATSUSHI)
16.with…(EXILE TAKAHIRO)
17.PERFORMER’S PRIDE
18.バラードメドレー
ただ…逢いたくて、Your eyes only、We Will~あの場所で~ -Orchestra Version-、運命のヒト、もっと強く、One Love
19.道

20.Rising Sun
21.No Limit
22.I Wish For You
23.時の描片~トキノカケラ~
24.BOW&ARROWS
25.Someday -House Version 2012-
26.銀河鉄道999
27.愛すべき未来へ

En1.24karats TRIBE OF GOLD
En2.Love, Dream&Happiness


音楽ニュースMUSIC NEWS

ボン・イヴェール、『Blood Bank』リリース10周年を記念したリイシュー盤を発売

洋楽2020年1月23日

 ボン・イヴェール(Bon Iver)が、2009年にリリースした『Blood Bank EP』の10周年を記念した新装盤を2020年3月27日にリリースすることを発表した。  最新アルバム『i,i』を携えて、Zepp Tokyoで開催され … 続きを読む

スティーヴン・マルクマス、“偶然生まれた”3部作ラストのテーマは“新たなステージにあるフォーク・ミュージック”

洋楽2020年1月23日

 スティーヴン・マルクマス&ザ・ジックスのアルバム『Sparkle Hard』(2018年)とエレクトロニック・ビーツなどを取り入れた実験的な作品『Groove Denied』(2019年)に次いで、“偶然生まれた”という3部作の最後を飾る … 続きを読む

ワンオク、ヒゲダン、King Gnu、Creepy Nuts、SIRUP、スカパラ、スペシャ音楽祭典の授賞式へ

J-POP2020年1月23日

 日本最大の音楽専門チャンネル スペースシャワーTVが主催する、国内最大の音楽の祭典【SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2020】授賞式の出演者が発表された。  2019年のミュージックシーンを彩った豪華アーティストが集結 … 続きを読む

休職処分の【グラミー賞】主催団体新代表、セクハラ/ノミネート操作/不正会計など団体の不祥事を告発

洋楽2020年1月23日

 【グラミー賞】を主催する通称レコーディング・アカデミーのデボラ・デューガン(Deborah Dugan)代表が、先週突然休職処分を受けた問題で、米音楽界を揺るがす内容の告発状が米雇用機会均等委員会(Equal Employment Opp … 続きを読む

【先ヨミ】NCT DREAM『THE DREAM』が47,387枚を売り上げて首位走行中 King Gnu/MISIAが続く

J-POP2020年1月23日

 今週のCDアルバム売上レポートから2020年1月20日~1月22日の集計が明らかとなり、NCT DREAMの『THE DREAM』が47,387枚を売り上げて首位を走っている。  NCT DREAMは韓国のボーイズ・グループであるNCTの … 続きを読む

page top