AKB48 次世代エース候補並ぶ新ユニット発表、篠田麻里子が涙の卒業

2013年7月22日 / 18:45

 7月20、21日の福岡公演より、AKB48が全国5大ドームを巡る【AKB48・2013真夏のドームツアー ~まだまだ、やらなきゃいけないことがある~】をスタートさせた。

<初日 じゃんけん大会で柏木由紀VS渡辺麻友、研究生で構成された新ユニット>

 福岡 ヤフオク!ドームにて行われた両日の公演は、それぞれ3万2000人が来場。大観衆が見守る中、初日からAKB48をはじめ、地元のHKT48、SKE48、NMB48といった姉妹グループのメンバーが次々とパフォーマンスを披露していく。福岡出身で明日のコンサートで卒業となる篠田麻里子も、世界的ダンサー KENTO MORI、仲宗根梨乃と共にダンスを繰り広げ、地元のファンの歓声に応えた。

 ライブのほか、初日の公演では9月18日に日本武道館で行う【AKB48 34thシングル選抜じゃんけん大会】の組み合わせ抽選会が実施され、柏木由紀と渡辺麻友による対戦などが決まった。また、AKB48研究生の小嶋真子、西野未姫、岡田奈々、SKE48研究生の北川綾巴、NMB48研究生の渋谷凪咲、HKT48研究生の田島芽瑠、朝長美桜からなる新ユニット結成をサプライズ発表。合わせて彼女たち7人の楽曲披露を、7月31日の札幌ドームで行うことがアナウンスされた。

<2日目 篠田麻里子が涙の卒業「生まれ変わっても、AKB48を選びます」>

 福岡公演2日目。総選挙の際に卒業を発表した篠田麻里子にとって、AKB48でのラストステージは彼女のソロ曲「プラスティックの唇」で幕を開け、MCコーナーでは「初めてAKB48として「大声ダイヤモンド」に参加して緊張していた時、マリコ様が最初に声を掛けてくれた」(松井珠理奈)、「満員電車に乗って一緒に通っていたことも」(板野友美)、「チームAをどうしていくかでケンカした」(高橋みなみ)など、各メンバーが思い出を振り返る。

 さらにコンサートの中では、篠田が“まりぱんだ”がデザインされたバルーンに乗ってドーム内を周回。アンコール時には長い時間共に過ごしてきたメンバーと卒業ソング「涙のせいじゃない」を歌唱するも、曲が進むにつれてあふれ出す感情に抗い切れなくなったようで、最後は思わず声を詰まらせる場面もあった。

 そして、いよいよ訪れることとなった別れの時。劇場前でのチラシ配り、劇場で必死にフリを覚える様子、初めてのステージパフォーマンス、じゃんけん大会優勝…など、AKB48として歩んできた7年半の歴史を振り返る映像が次々に映し出された後、篠田がステージへ。会場に響くマリココールに瞳を潤ませながら、「自分で決めたことなのに、みんなと楽しい時間を過ごしていたら、まだこの場所にいたいと思ってしまいました」と胸に去来する素直な気持ちを伝え、それでも「私は私らしく卒業したいと思います。後に続く後輩たちにどうバトンタッチをするかが重要なので、みんなの目標になれるよう頑張ります」と今後の活躍を約束。

 自身が担っていたチームAの新キャプテンには横山由依を指名して「由依なら出来る」と後を託すと、改めて家族や友人、メンバー、スタッフ、ファンに感謝し、「私は生まれ変わっても、AKB48を選びます」とグループへの愛情を言葉に。最後は笑顔でメンバーと握手や抱擁を交わしながら「上からマリコ」を披露し、「ありがとうございました。これからもAKB48グループの応援をよろしくお願いします」と深々と頭を下げて舞台を後にした。

 (C)AKS

◎篠田麻里子 コメント
自分で決めたことなのに、みんなと楽しい時間を過ごしていたら、まだこの場所にいたいと思ってしまいました。私は私らしく卒業したいと思います。後に続く後輩たちにどうバトンタッチをするかが重要なので、みんなの目標になれるよう頑張ります。
AKB48は、まだまだ上を目指せる最高のアイドルグループです。私はチームAのキャプテンとして私の想いを継承してもらうため、私から次期キャプテンを指名させていただきたいと思います。チームA新キャプテンは、横山由依。由依なら出来る。
私は本当に幸せでした。私を生んでくれた両親、支えてくれた家族、友達、そしてメンバー、スタッフ、そして私を7年半育ててくれたファンの皆さん、本当にありがとうございました。
私は生まれ変わっても、AKB48を選びます。

◎【AKB48・2013真夏のドームツアー ~まだまだ、やらなきゃいけないことがある~】
7月31日(水) 札幌ドーム
8月7日(水) 京セラドーム大阪(1日目)
8月8日(木) 京セラドーム大阪(2日目)
8月16日(金) ナゴヤドーム(1日目)
8月17日(土) ナゴヤドーム(2日目)
8月22日(木) 東京ドーム(1日目)
8月23日(金) 東京ドーム(2日目)
8月24日(土) 東京ドーム(3日目)
8月25日(日) 東京ドーム(4日目)


音楽ニュースMUSIC NEWS

米津玄師「馬と鹿」自身3曲目のストリーミング累計1億回再生突破

J-POP2021年12月8日

 米津玄師「馬と鹿」が、Billboard JAPANチャートにおけるストリーミングの累計再生回数1億回を突破した。  「馬と鹿」は、米津玄師がドラマ『ノーサイド・ゲーム』の主題歌として書き下ろした楽曲。2019年9月11日に10thシング … 続きを読む

NiziU「Take a picture」自身3曲目のストリーミング累計1億回再生突破

J-POP2021年12月8日

 NiziU「Take a picture」が、Billboard JAPANチャートにおけるストリーミングの累計再生回数1億回を突破した。  「Take a picture」は、NiziUの2ndシングル『Take a picture/P … 続きを読む

くじら、自身歌唱の新曲「ジオラマの中で」MV公開 大島智子による書き下ろし漫画

J-POP2021年12月8日

 くじらが、新曲「ジオラマの中で」を配信リリースし、ミュージックビデオを公開した。  作詞・作曲・編曲すべてを自身でこなし、VOCALOIDを使った作品や、yama「春を告げる」、SixTONES「フィギュア」、DISH//「君の家しか知ら … 続きを読む

【Heatseekers Songs】夜のひと笑い「ミライチズ」V7達成 鈴木鈴木「ホワイトキス」3位に初登場

J-POP2021年12月8日

 2021年12月8日公開(集計期間:2021年11月29日~12月5日)の“JAPAN Heatseekers Songs”は、夜のひと笑い「ミライチズ」が1位を獲得した。  首位7週目に突入した「ミライチズ」は、当週ダウンロード52位、 … 続きを読む

マカロニえんぴつ「ブルーベリー・ナイツ」自身2曲目のストリーミング累計1億回再生突破

J-POP2021年12月8日

 マカロニえんぴつ「ブルーベリー・ナイツ」が、Billboard JAPANチャートにおけるストリーミングの累計再生回数1億回を突破した。  「ブルーベリー・ナイツ」は、マカロニえんぴつが2019年2月にリリースしたミニアルバム『LiKE』 … 続きを読む

amazon

page top