夏木マリ、BLUE NOTE TOKYOで開催中のライブ『MARI de MODE 5 Jubilee』初日公演のレポートが到着

2023年4月21日 / 13:00

『MARI NATSUKI "MARI de MODE 5 Jubilee" New Single Release Live』2023年4月20日 at BLUE NOTE TOKYO (okmusic UP's)

 数多くの国民的な映画・ドラマに出演する一方、舞台演出家や慈善活動家としての顔も持つ夏木マリ。自分らしさを愚直に追求する生きざまと凛としたたたずまいは多くの日本人を魅了しているが、音楽ジャンルを超越して活動する夏木の歌手としての側面も見逃せない。歌手デビューから50周年という節目の今年、ジャズの殿堂ブルーノート東京で行われたライヴを聴いた。

 クールなブルーノートの舞台に華やかな黄緑の衣装で登場した夏木は、まず元ピチカート・ファイヴの小西康陽による楽曲「私のすべて」を抒情溢れる表現で歌い、すぐさま聴衆の心をつかむ。同じく小西による「港のマリー」では、ボサノヴァスタイルの軽やかなスタイルを披露。前半はその後も「むかし私が愛した人」など、小西による楽曲を中心に、一気に歌いきった。

 夫でパーカショニストの斉藤ノヴ、ギターの田中義人ら腕利きのミュージシャンが支えるバンドを背後にして歌う夏木は、ひたすらこの舞台を楽しんでいるように見える。このジャズシンガーを凌ぐような夏木の圧倒的な歌唱力と表現力を目の当たりにすると、なぜ小西がここまで夏木マリに固執してきたのかがよくわかる。

 夏木は少女時代、27歳でこの世を去ったカリスマ、ジャニス・ジョプリンに憧れて歌手を目指した。まさに歌手としての原点であるジャニスの「Cry Baby」では、夏木の持つ類稀な感性が爆発。続く「60 Blues」では、自身の人生を振り返った歌詞をユーモアも交えて情感たっぷりに歌い、会場を大いに盛り上げた。伝説的ブルースバンド、憂歌団の「おそうじオバチャン」など意外性のある曲も用意され、ブルーノートは変幻自在かつジャンルレスな音楽の舞台と化した。そこには、まさに「夏木マリ」としか言いようがないパフォーマンスがあった。

 デビュー50周年の今年、夏木は笠置シヅ子の名曲「東京ブギウギ」を現代風にアレンジした「TOKYO JUNK BOOGIE」を発表した。現代音楽や映像音楽の世界で活躍する作曲家、坂東祐大をプロデューサーに迎え、ドラムの石若駿ら現代ジャズのトップランナーが収録に参加した話題作だ。今回のライヴでも新作アレンジ2曲のうち、スタンダードヴァージョン「TOKYO Standard BOOGIE WOOGIE」が披露された。

 僕自身、原曲の東京ブギウギは過去の映像や音源でしか聴いたことはなかったが、夏木が歌うとまるで別物の曲になる。ジャズや現代音楽、ブルースなど様々な音楽の要素を取り入れつつ、世代を超えて楽しめる音楽を届けたい。そんな夏木の迸る想いがあふれる熱唱だった。

 コロナ禍では音楽や演劇をはじめとする文化芸術は「不要不急」とされ、肩身の狭い状況に追い込まれた。むろん夏木も例外ではなかったが、このコロナ禍を経て夏木が再認識したことがある。それは、「やっぱり歌が大好きだ」という極めてシンプルな感情だ。歌を歌っている時は、自身の全てを解放し、自由になれるのだろう。表現者・夏木マリの音楽への愛が、誰よりも深いことを強く認識したステージだった。
撮影 :佐藤 拓央/文:岩崎貴行
【ライブ情報】

『MARI NATSUKI “MARI de MODE 5 Jubilee” New Single Release Live』

4月20日(木) BLUE NOTE TOKYO

4月21日(金) BLUE NOTE TOKYO

Open 5:30pm / Start 6:30pm

MEMBER:

 夏木マリ(ヴォーカル)

 田中義人(ギター)

 川崎哲平(ベース)

 山内陽一朗(ドラムス)

 井上薫(キーボード)

 柴田敏孝(ピアノ、キーボード)

 斉藤ノヴ(パーカッション)

ご予約はこちら:

https://www.bluenote.co.jp/jp/artists/mari-natsuki/

『祝・日比谷野音100周年 MARI NATSUKI 50 Jubilee LIVE』

9月16日(土) 東京・日比谷野外音楽堂

出演:夏木マリ 他

※ゲスト・チケット等その他情報は後日発表
配信&7インチシングルEP「TOKYO JUNK BOOGIE」
2023年4月19日(水)発売

COKA-93/¥2,500(税抜)

<収録曲>

■SIDE A

東京ブギウギ -JUNK BOOGIE-

■SIDE B

東京ブギウギ

Produced and Arranged by 坂東祐大

Banksia Trio  

Bass:須川崇志 Piano:林 正樹 

Drums:石若 駿

+ 松丸契(Sax)

+ 岡田拓郎(Guitar)


音楽ニュースMUSIC NEWS

back number「怪盗」ストリーミング累計3億回再生突破

J-POP2024年7月17日

 back number「怪盗」が、Billboard JAPANチャートにおけるストリーミングの累計再生回数3億回を突破した。  「怪盗」は、back numberが2021年5月24日にリリースしたデジタルシングル。ドラマ『恋はDeep … 続きを読む

優里「ドライフラワー」ソロ史上初のビリオンヒット ストリーミング累計10億回再生突破

J-POP2024年7月17日

 優里「ドライフラワー」が、Billboard JAPANチャートにおけるストリーミングの累計再生回数10億回を突破した。  「ドライフラワー」は、優里が2020年10月25日にリリースしたデジタルシングル。カラオケやカバーの定番曲としてロ … 続きを読む

back number「高嶺の花子さん」ストリーミング累計5億回再生突破

J-POP2024年7月17日

 back number「高嶺の花子さん」が、Billboard JAPANチャートにおけるストリーミングの累計再生回数5億回を突破した。  「高嶺の花子さん」は、back numberが2013年6月26日にリリースした8thシングルの表 … 続きを読む

【スタプラローカリズムvol.4】でスタプラ地方グループ3組が名古屋に緊急集合 クレイ勇輝(キマグレン)とのコラボも

J-POP2024年7月16日

 ももいろクローバーZや私立恵比寿中学などが所属する、スタープラネット(以下、スタプラ)の名古屋発ガールズグループ・TEAM SHACHI、九州を拠点に活動するばってん少女隊、東北を拠点に活動するレッスン生グループ・いぎなり東北産の地方組3 … 続きを読む

Arakezuri、10月から週一ツーマン&12月に恵比寿LIQUIDROOMワンマンライブ開催を発表

J-POP2024年7月16日

 Arakezuriが7月16日に東京・渋谷CLUB QUATTROで開催した【Road to QUATTRO】のファイナルで、12月20日に東京・恵比寿LIQUIDROOMでワンマンライブ【Arakezuri one man live & … 続きを読む

Willfriends

page top