Dragon Ash、国立代々木競技場 第一体育館でのスペシャルライブのレポートが到着

2023年2月25日 / 18:00

2月23日(木・祝)@代々木国立第一体育館 photo by TAKAHIRO TAKINAMI (okmusic UP's)

2022年9月からスタートした、Dragon Ashのデビュー25周年を記念した全25公演のライブハウス&ホールツアー『DRAGONASH 25th ANNIV. TOUR 22/23 ~ ENTERTAIN ~』。そのファイナルを飾る『DRAGONASH 25th ANNIV. TOUR 22/23 ~ ENTERTAIN ~ FINAL』が、2月23日(木・祝)、国立代々木競技場第一体育館にて開催された。2023年2月21日にデビュー25周年を迎えたDragon Ashにとって、これが26年目の初のライブとなる。

目の前のLEDスクリーンに25年分のアーティスト写真が映し出された後、ステージから最初に鳴り響いたのは、今回のツアーの始まりに書き下ろされた「Entertain」だった。制限された日々を経て、エンターテンメント界の復活を告げるその曲に、フロアから大きな歓声が挙がる。続いて、湧き上がるオーディエンスの熱気に応えるように披露されたのは、本ライブに向けてリリースされた、オーディエンスが声で参加することを願って書き下ろされた最新曲「VOX」だ。

<ありったけの君の声を/吐き出せよ日々の思いを/ぶつけてよずっと続けてよ>

<答えてよその声こそ/僕らが音を鳴らす理由自体なんだ>

彼らがステージに立ち続ける理由と、共にライブを作り上げる観客に対する揺るぎない思い。26年目を迎えたバンドの信念を赤裸々に歌うその曲は、オーディエンスという盟友に向けた、Dragon Ashからのラブソングと言えるだろう。

今回のツアーにかける思いを綴った2曲で幕開けた後は、25周年ツアーのファイナルにふさわしい豪華でエモーショナルなDAショーがスタート。緑と紫の光の中で轟いた「Bring It」、DAのグランジ魂を象徴する「天使ノロック」、そして、パンキッシュなライブチューン「Iceman」では、冒頭からバンドは演奏に徹し、場内に響くオーディエンスの歌声が主役となる。さらに「Life goes on」、場内中が両手を高く上げてクラップを鳴らせた「陽はまたのぼりくりかえす」と、珠玉の名曲に合わせて観客のシンガロングが響き渡った後、ドラムの櫻井がステージから嬉しそうに語りかける。

「まさかこんな(風に観客の声が聞ける)日が来るなんて思いもしませんでした。演奏に支障が出るぐらい感情がたかぶってしまいました」

今やライブモンスターと呼ばれるDragon Ash。しかし、Kj、櫻井誠、IKÜZÖNE(馬場育三)の3人組としてデビューした頃は、思うように集客が望めないこともあった。だからこそ、彼らのモチベーションはいつだって、観客と共に作り上げるライブという熱狂だった。

「Let yourself go, let myself go」のスクラッチ音で記憶が1999年に引き戻された直後、「SBKー!」というKjの声を合図にステージに盟友、スケボーキングの2MCが登場し、ラテン×エレクトロなパーティーチューン「Episode 4」がスタート。ステージを縦横無尽に動き回るハイトーンVO、SHIGEOとローVOのSHUN、そしてKj。節目の祝宴にふさわしい3MCの賑やかなマイクパスと力強いバンドサウンドが絡み合う様子に場内も大熱狂だ。

冒頭のギターの1ストロークだけでフロアから歓声が上がったのは、ラウドな攻撃性だけでなく、繊細でピースフルな側面もDragon Ashの魅力だと広く知らしめた名曲「静かな日々の階段を」。マイクだけを手にしたKjが語りかけるように歌うその曲はやがて、盟友、PES作曲のRIP SLYMEの名曲「One」へのリスペクトに変わっていく。

ステージ前に再びLEDスクリーンが下ろされ、イメージ映像が映し出される中で始まったのは、ドラマの主題歌にもなった「Tiny World」。ロックバンドと観客が作るかけがえのない世界を守りたい……そんな確固たる思いが光のスクリーンの奥から溢れ出す。「Jump」→「百合の咲く場所で」と、熱狂チューンの連発に湧き上がる観客たちの楽しそうな姿がスクリーンに映し出された後、Kjがマイクに向かって話し出す。

「このツアーが始まってから音楽人生でいちばん怒られました。このままじゃライブを続けられないって…」

自分たちの音楽でオーディエンスが自由に感情を発散出来る場を作ること。それを信条とするDragon Ashにとって、自然発生した雪崩のようなエネルギーさえ封印しなければならない状況は、ライブバンドとしての存在意義を根底から覆すものだったに違いない。まだすべての問題が解決したわけではないが、それでもこの日、従来のバンドの理想とする場所に一歩、立ち戻ることが出来たことに感謝すると告げた後、Kjが叫ぶ。

「ミクスチャーロックは好きですかー!?」

無観客&無歓声を余儀なくされた期間中は演奏することを封印していたDAを代表するライブチューン「Fantasista」が轟く。「腹の底から声あげろ!」というKjの声に力強いコール&レスポンスと高らかに上げた両手でオーディエンスが応える。この日最大の熱狂の中、ステージに現れたのはラッパ我リヤだ。「Deep Impact feat. Rappagariya」でお茶の間に見せつけたガチンコ勝負の音と文化のこの異種格闘技こそ、Dragon Ashが掲げる「ミクスチャーロック」の真髄である。

「いつでも自分たちの音楽が日常のサンドバッグになるから、音楽をトリガーにして感情を解放して」というKjの言葉でスタートしたのは、音楽を通してさまざまな感情を分かち合う喜びを描いた「A Hundred Emotions」。音楽とそれを分かち合うための空間は、私たちが明日を生き抜くために必要不可欠な心の支えだ。

本編の最後に披露されたのは、最新のDAを象徴するライブチューン「New Era」。新たな時代を告げるその曲は、多くの喪失や苦難の時を「立ち止まらず進み続ける」ことで乗り越えて来た、Dragon Ashの姿そのものでもある。

アンコールを求めるオーディエンスが叫ぶ「Viva!Viva! La Revolution!」というコールが久しぶりに響く中、再びステージにメンバーが登場。「Drugs can’t kill teens」では、T$UYO$HIがIKÜZÖNEのベース使って演奏、ひとしきり場内を沸かせた後、「記念に」と、観客をバックにメンバー全員で記念撮影を開始。ドラムの櫻井の手の中でオリジナル・ベーシスト、IKÜZÖNE(馬場育三)の人形が微笑んでいる。

「中高生の時にここ代々木体育館でX_JAPANのhideさんのライブを見た思い出があります。同じステージに立てて馬場育三も喜んでくれてると思います。いつも一緒にステージに立っているつもりです」というドラムの櫻井の言葉に続けて、今度はターンテーブルのBOTSがマイクを取る。

「僕がバンドに加入していろいろあった約24年間、バンドを続ける意味、バンドってなんだろうと思ったこともありました。でも辞めるという選択肢はなくて、バンドの意味がわかるまで続けてみようと思いました。一人一人が結束して輪っかを繋ぎ止めているものがバンドなら……馬場育三、KenKen、ダンサーのATSUSHI、DRI-V、ステージに立ってる9人だけじゃなく、スタッフ、お客さん、今まで携わってくださった方みんなでDragon Ashという輪っかを作っていきましょう」

大歓声と拍手が沸き起こったいい話の最後に「恋人募集中です」というオチをつけたBOTSのMCの次は、ギターhirokiだ。

「気づけばもう26周年が始まってますが、俺たちの音楽をこれからも皆さんの傍においてもらえたら嬉しいです」

続いて、ベースのT$UYO$HIがマイクに向かう。

「今日がツアーファイナルだけど、今日からまた新たなEntertainmentが始まる気がします。今日立ち会ってくれた人は、歴史的瞬間に立ち会ったんだよっていつか言えるんじゃないかな」

それぞれが思いを語った後、「曲や詞を通して思いは伝えているけど…」と、Kjが言う。

「サク(櫻井)と中学の時に思いつきで始めた青春に、俺たちのやりたいことに25年間みんなが付き合ってくれて、本当にありがとうという気持ちなんですよ。こういう、自分たちがいちばん美しいと思う形のライブでツアーを終えられることに対しても。今年はまた聞き分けのないバンドマンに戻って、路地裏のライブハウスで会いましょう。今が革命前夜!」

そして披露された「Viva la revolution」は、さまざまな音楽を貪欲に飲み込み、その音楽性を劇的に進化させながらジャンルの壁をぶち壊し、突き進んできたDragon Ashの勝利の歌だ。あらゆる音やスタイルを自分たちの血肉として歌い奏できた革命児の魂は、今も間違いなく彼らの中で脈打ち続けている。

26年目の最初のライブの最後に披露されたのは、櫻井のドラムで始まる再会の曲「Curtain Call」だった。冒頭のドラムもノイジーなギターのレイヤードも、いつにも増して激しくリリカルに響く。心強い仲間と栄光を手に入れた一方で、その25年の道のりは、決して容易いものではなかった。そんなDragon Ashのデビュー25周年を祝うツアーのファイナルであり、26周年イヤーの始まりの日。ここからまた、彼らの新章が始まる。

3月22日(水)には、25周年を記念した総収録曲数のべ80曲以上、160コンテンツが収録された映像作品『Silver Lilies –Blu-ray BOX-』のリリースも決定。7人編成で開催された「THE SEVENS」と5人編成で開催された「THE FIVES」のライブ映像など、見どころ満載の映像作品となっている。

Photo by TAKAHIRO TAKINAMI

Text 早川加奈子

【セットリスト】

1 Entertain

2 VOX

3 Bring it

4 天使ノロック

5 Iceman

6 Life goes on

7 Under Age’s song

8 陽はまたのぼりくりかえす

9 Crush the window

10 Ivory

11 Let yourself go,Let myself go 

12 Episode 4

13 静かな日々の階段を

14 Today’s the Day

15 Lily

16 Tiny World

17 Jump

18 百合の咲く場所で

19 Fantasista

20 Deep Impact

21 A Hundred Emotions

22 New Era

<ENCORE>

EN1 Drugs can’t kill teens

EN2 Viva la revolution

EN3 Curtain Call
トリビュートアルバム『25 – A Tribute To Dragon Ash -』
2023年2月22日(水)発売

【完全生産限定25th Anniversary BOX A】(CD+Tシャツ(白/Lサイズ))

VIZL-2161/¥7,150(税込)

【完全生産限定25th Anniversary BOX B】(CD+Tシャツ(白/XLサイズ))

VIZL-2162/¥7,150(税込)

【完全生産限定25th Anniversary BOX C】(CD+Tシャツ(黒/Lサイズ))

VIZL-2163/¥7,150(税込)

【完全生産限定25th Anniversary BOX D】(CD+Tシャツ(黒/XLサイズ))

VIZL-2164/¥7,150(税込)

【初回生産限定紙ジャケ仕様】(CD)

VICL-65786/¥3,520(税込)

※オリジナルステッカー封入

<収録曲>

01. The BONEZ / 天使ノロック

02. ストレイテナー / 冬ノ道ノセイ

03. ACIDMAN / Fever

04. 山嵐 / 陽はまたのぼりくりかえす

05. PES / Viva la revolution

06. 10-FEET / 百合の咲く場所で

07. MAN WITH A MISSION / Fantasista

08. 04 Limited Sazabys / crush the window

09. BRAHMAN / few lights till night

10. MONGOL800 / 繋がりSUNSET

11. RED ORCA / SOCIABLE DESTRUCTION

12. ROTTENGRAFFTY / Walk with Dreams

13. HEY-SMITH / Ode to Joy

14.Dragon Ash / VOX

※Tシャツは白、黒の2色。サイズはそれぞれL、XLの2サイズからお選びいただけます。

※完全生産限定25th Anniversary BOXには初回生産限定紙ジャケ仕様CD

(オリジナルステッカー封入)が同梱されます。

※各商品はお客様のご予約・ご購入が予定数量に達し次第、販売終了となります。

◎トリビュートアルバムスペシャルサイト:

https://www.jvcmusic.co.jp/dragonash/25th/tribute/

【特典情報】

下記対象店舗にてトリビュートアルバム『25 -A Tribute To Dragon Ash-』(完全生産限定25th Anniversary BOX A~D:VIZL-2161, VIZL-2162, VIZL-2163, VIZL-2164, 初回生産限定紙ジャケ仕様CD:VICL-65786)をご予約・ご購入の方に先着で下記特典をプレゼント!

■完全生産限定25th Anniversary BOX A

https://www.jvcmusic.co.jp/-/Linkall/VIZL-2161.html

■完全生産限定25th Anniversary BOX B

https://www.jvcmusic.co.jp/-/Linkall/VIZL-2162.html

■完全生産限定25th Anniversary BOX C

https://www.jvcmusic.co.jp/-/Linkall/VIZL-2163.html

■完全生産限定25th Anniversary BOX D

https://www.jvcmusic.co.jp/-/Linkall/VIZL-2164.html

■初回生産限定紙ジャケ仕様

https://www.jvcmusic.co.jp/-/Linkall/VICL-65786.html

※ビクターオンラインストアにてご予約・ご購入のお客様限定、25周年オリジナル配送BOX は規定数に達したため終了いたしました。

配信トリビュートアルバム『25 – A Tribute To Dragon Ash -』 (Another Edition)
2023年2月22日(水)配信

<収録曲>

01. The BONEZ / 天使ノロック

02. 山嵐 / 陽はまたのぼりくりかえす

03. PES / Viva la revolution

04. 10-FEET / 百合の咲く場所で

05. 04 Limited Sazabys / crush the window

06. BRAHMAN / few lights till night

07. MONGOL800 / 繋がりSUNSET

08. RED ORCA / SOCIABLE DESTRUCTION

09. ROTTENGRAFFTY / Walk with Dreams

10. HEY-SMITH / Ode to Joy

11.Dragon Ash / VOX

https://dragonash.lnk.to/25_tribute_ae

◎14曲収録オリジナル配信はこちら

https://dragonash.lnk.to/25_tribute


音楽ニュースMUSIC NEWS

佐野元春 & THE HOBO KING BAND、ビルボードライブ3都市を巡るプレミアム・ライブの開催が決定

J-POP2024年7月24日

 佐野元春 & ザ・ホーボーキング・バンドによるプレミアム・ライブ【Smoke & Blue】の開催が決定した。  80年代のアンセム「ヤングブラッズ」(1985)の 2024年版新録バージョン「Youngbloods(New Re … 続きを読む

eill、ツアー追加公演を台湾&韓国で開催 新曲「BAE」配信スタート

J-POP2024年7月24日

 eillが、ツアー【BLUE ROSE TOUR 2024】の追加公演を、台湾と韓国にて開催する。  初の台湾公演は、11月3日に台北のHANA Spaceにて実施。韓国公演は初のソウル2daysとなり、11月23日・24日にmusins … 続きを読む

乃木坂46、新曲「チートデイ」ライブ映像を1週間限定公開

J-POP2024年7月24日

 乃木坂46が、新曲「チートデイ」のライブ映像を公開した。  現在先行配信中で、8月21日にCDリリースとなる新曲「チートデイ」。公開された映像は、7月20日・21日に開催された【真夏の全国ツアー2024】大阪・京セラドーム大阪公演で撮影さ … 続きを読む

SANARI、約1年4か月ぶりのニューシングル「Sky’s the limit」を7/31に配信リリース

J-POP2024年7月24日

 SANARIが、約1年4か月ぶりの新曲「Sky’s the limit」を7月31日にリリースすることを発表した。  また、各種音楽配信サイトでPre-Add / Pre-Saveがスタートしており、配信リリースに先駆けて、TikTokと … 続きを読む

Hey! Say! JUMP、4大ドームツアー全公演MCダイジェストを“ちょい見せ”

J-POP2024年7月24日

 Hey! Say! JUMPが、2024年8月21日にリリースとなるLIVE Blu-ray&DVD『Hey! Say! JUMP LIVE TOUR 2023-2024 PULL UP!』より、初回限定盤に収録される全公演MCダイジェス … 続きを読む

Willfriends

page top