ポール・マッカートニー、故ジョン・レノンの映像とライブで「アイヴ・ガッタ・フィーリング」をデュエット

2022年5月2日 / 12:40

 現地時間2022年4月28日、米ワシントン州スポケーンのスポケーン・アリーナで行われたポール・マッカートニーの【ゴット・バック・ツアー】の開幕公演では、観客のためにいくつかのサプライズが用意されていた。約20年ぶりに「ゲッティング・ベター」が披露されたり、『マッカートニーIII』の収録曲「ウィメン・アンド・ワイヴズ」がライブで初披露されたりする中、観客の度肝を抜いたのは6曲からなるアンコールの1曲目だった。

 ポールは、亡きソングライティング・パートナーである故ジョン・レノンへのオマージュとして、1970年の『レット・イット・ビー』の名曲「アイヴ・ガッタ・フィーリング」を、1969年1月に英ロンドンのアップル本社屋上で行われたザ・ビートルズの伝説的なライブの映像を上映しながら生前のレノンとバーチャル・デュエットした。最近はホログラムやデジタル技術を駆使して故人と共演するアーティストが増えているが、ファンが撮影した今回の二人の映像は、実にハートウォーミングな印象を与えていた。

 楽曲の冒頭でポールは、背後のスクリーンにパステル・カラーの渦が映し出される中、ギターをかき鳴らして演奏を始めた。途中で彼がスクリーンの方を向くと、ジョンが自身のパートを歌っている声が入り、観客からは高揚感で息をのむ音が漏れた。「Everybody had a hard year~」とジョンが映像の中で歌い、ポールは映像に合わせてカウンター・メロディーを歌った。

 演奏後にポールは、このバーチャル・デュエットが実現した経緯を語った。彼が、「“ザ・ビートルズ:Get Back”を監督したピーター・ジャクソンからある日メールが来たんだ。“ジョンの声を抽出できますよ。ライブで一緒に歌えます”と言われた」と説明すると観客から歓声があがり、79歳の彼は肩をすくめながら、「僕は、“なるほど……”と思ってね」と付け加えた。

 ポールの2019年以来となるツアーは、計14公演が行われ13都市を回る予定だ。次の公演は、5月2日と3日にワシントン州シアトルのクライメート・プレッジ・アリーナで開催される。


音楽ニュースMUSIC NEWS

【ビルボード】BOYNEXTDOOR『HOW?』アルバム・セールス首位獲得 超特急/宇多田ヒカルが続く

J-POP2024年4月22日

 2024年4月24日公開(集計期間:2024年4月15日~4月21日)のBillboard JAPAN週間アルバム・セールス・チャート“Top Albums Sales”で、BOYNEXTDOORの『HOW?』が当週80,930枚を売り上 … 続きを読む

【ビルボード】ME:I『MIRAI』26.3万枚でシングル・セールス首位

J-POP2024年4月22日

 2024年4月24日公開(集計期間:2024年4月15日~4月21日)のBillboard JAPAN週間シングル・セールス・チャート“Top Singles Sales”で、ME:Iの『MIRAI』が初週263,399枚を売り上げて、首 … 続きを読む

ウィロー、ニューAL『エンパソーゲン』にジョン・バティステ/セイント・ヴィンセント参加

洋楽2024年4月22日

 ウィローの6枚目のスタジオ・アルバム『エンパソーゲン』から「b i g f e e l i n g s」が先行リリースされた。  2022年の5thアルバム『』に続く『エンパソーゲン』で、ウィローはオルタナティブ&ジャズ調の新たな方向性を … 続きを読む

急きょ追加公演が決定、【TWICE 5TH WORLD TOUR ‘READY TO BE’ in JAPAN SPECIAL】

J-POP2024年4月22日

 TWICEが、【TWICE 5TH WORLD TOUR ‘READY TO BE’ in JAPAN SPECIAL】追加公演を、2024年7月20日と21日に東京・味の素スタジアムにて開催することが決定した。  【TWICE 5TH … 続きを読む

オジー・オズボーン/フォリナー/シェールら、2024年の【ロックの殿堂】入り決定

洋楽2024年4月22日

 現地時間2024年4月21日に放送された米オーディション番組『アメリカン・アイドル』で、司会のライアン・シークレストと【ロックの殿堂】入りしている審査員のライオネル・リッチーが、今年殿堂入りするアーティストを明らかにした。  クイーン・オ … 続きを読む

Willfriends

page top