アフター・コロナのヒットパターン?!  yamaの「春を告げる」が急上昇

2020年5月23日 / 19:00

 今週のHot100は非常に興味深いチャートとなった。首位が瑛人の「香水」、2位がYOASOBIの「夜に駆ける」となっている。彼らはいずれもSNSをきっかけに楽曲主導でヒットしており、人気アーティストだからという理由ではない。例えば、ここしばらく上位を占拠していたOfficial髭男dism、King Gnu、LiSA、あいみょんなどは、ライヴの動員や大型タイアップといった実績を持っている。しかし、瑛人やYOASOBIはそういった要素とは無縁であり、楽曲そのものが評価され、YouTube、Tik Tok、TwitterといったSNS上でじわじわと自然発生的に盛り上がってきているのが特徴だ。

 その観点で見ると、24位に急上昇してきたyamaの「春を告げる」も同じ傾向のヒット曲といえる(【表1】)。yamaは2年ほど前からカヴァー曲の動画をアップし始めた、いわゆる「歌い手」と呼ばれるシンガーのひとり。BINというユニットでも活動しているが、「春を告げる」はソロ名義としては初のオリジナル楽曲だ。4月17日から動画のアップと配信リリースが行われていたが、じわじわと拡散されていき、一カ月以上経った今週でいきなり上位にランクインしてきた。この勢いだと、来週はさらに上位に食い込むのではないだろうか。

 こういった傾向は今後も続くだろう。というのも、ライヴでリアルに音楽を体験できない今の状況では、アーティスト性を体感するのはなかなか困難だからだ。リモートでの音楽番組出演などメディアでも様々な工夫が行われているが、やはり限界がある。となると、アーティスト・プロモーションよりも、一曲入魂で勝負した方が近道だ。ウェブやSNSなどで映える楽曲を作り、拡散してもらうというのがひとつのパターンとなっていくことだろう。そういった意味においても、yamaの「春を告げる」は、アフター・コロナの音楽地図を象徴する一曲になるのかもしれない。Text:栗本斉

◎栗本斉:旅&音楽ライター、選曲家。レコード会社勤務の傍ら、音楽ライターやDJとして活動を開始。退社後、2年間中南米を放浪し、現地の音楽を浴びる。その後フリーランスとして活動した後、2008年から2013年までビルボードライブのブッキングマネージャーに就任。フリーランスに戻り、雑誌やライナーノーツなどの執筆や音楽評論、ラジオやストリーミングサービスにおける構成選曲などを行っている。


音楽ニュースMUSIC NEWS

音楽ファンの声、エールを募集!music UP's/OKMusic特別企画『Power To The Music』【vol.32】公開

ジャパニーズロック2020年5月30日

フリーマガジン『music UP’s』/Webサイト『OKMusic』編集部では、新型コロナウイルス感染拡大の影響でライヴやCDリリースの中止/延期が続いていることを受け、音楽ファンの声を集めた特別企画『Listener’s V … 続きを読む

コード・オーヴァーストリート、80’s感満載のサマーチューンで日本デビュー

洋楽2020年5月30日

 世界中で人気を博した米ドラマ『glee/グリー』のサム・エヴァンス役で知られるコード・オーヴァーストリートが、オルタナティブ・ポップ・バンドプロジェクト「オーヴァーストリート」として日本デビューを果たした。  2020年5月29日から配信 … 続きを読む

サンダーキャット、話題のオリジナルマスクが予約受付中

洋楽2020年5月30日

 海外で発売され話題となっていたサンダーキャットのロゴマスクに加え、延期となったワールドツアーのポスターデザインを起用したイラストマスク、そして本人こだわりのキッズ用マスクの3種が、BEATINKオフィシャルサイトで受注受付中だ。  最新作 … 続きを読む

清木場俊介、最新ライブ映像作品よりバースデーサプライズの模様を公開

ジャパニーズロック2020年5月30日

清木場俊介が最新ライブ映像作品『ROCK&SOUL 2019-2020 “CHANGE”』から新たなトレーラー映像を公開した。 前回のホールツアー『REBORN』から2年半ぶりに敢行されたホールツアー『CHANGE』は、 … 続きを読む

YOASOBI&藤井 風が総合首位、「Pretender」史上初3億達成、フジファブリック×小林武史:今週の邦楽まとめニュース

J-POP2020年5月30日

 2020年6月1日付のBillboard JAPAN 総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100”で、YOASOBIの「夜に駆ける」が総合首位を獲得した。初の総合トップを飾った「夜に駆ける」は、週間動画国内再生数が2015年6月から … 続きを読む

page top