米倉涼子、7/26に名ミュージカル・ナンバー世界配信で世界デビュー

2019年7月3日 / 11:30

 現在ブロードウェイで公演中のミュージカル『シカゴ』に出演している米倉涼子が、ミュージカル・ナンバー「ロキシー」で世界デビューを果たすことが分かった。

 2012年にブロードウェイデビューを飾り、2017年の『シカゴ』20周年アニバーサリーイヤーにもブロードウェイ公演でロキシー・ハート役を務めた米倉涼子は、自身の女優人生20周年を記念する2019年、日本人女優史上初となる3度目のブロードウェイの舞台を踏んでいる。初演から22年を迎え、アメリカ作品として歴代1位のロングラン、そして世界36か国・500都市以上・12言語で上演されているメガヒット・ミュージカル『シカゴ』は、実話に基づいた二人の悪女によるスキャンダラスなシンデレラ・ストーリーで、「オール・ザット・ジャズ」など名曲揃いのミュージカル・ナンバーが誕生。鬼才ボブ・フォッシーの振付を体現するセクシーな衣装に身を包んだ超一流のダンサーたちは、世界中の観客を魅了している。

 米倉演じるロキシーの名ナンバー「ロキシー」は、7月26日よりiTunesやSpotifyなどの主要音楽配信サービスを通して全世界120か国以上で配信スタート。本楽曲は、日本盤CD『シカゴ』のボーナストラックとして収録されることが決定している。NYから世界へ、キュートでセクシー、時にはユーモラスなロキシーのキャラクターを見事に演じ切る米倉涼子の魅惑の歌声が響き渡る。

Photo by Junji Ishiguro

◎米倉涼子コメント
私にとって特別なミュージカル『シカゴ』という作品で、この度3度目の夢の舞台ブロードウェイに立て、自分が演じるロキシー・ハートの大切なナンバーである「ロキシー」を、NYでカンパニーの皆さんとレコーディングデビューでき、そして、素晴らしい体験をさせて頂けたことをとても嬉しく思います。世界中の方にも私の「ロキシー」を楽しんでいただけると嬉しいです。このレコーディングに沢山のお力添えをくださった方々に感謝します――米倉涼子

◎ロブ・ボウマン(『シカゴ』ブロードウェイ音楽監督)コメント
素晴らしい! リョーコがこの2分半に込めた豊かなキャラクター、希望、愛らしさ、艶、魂、ユーモアがとても美しく伝わってきます。
リョーコ、おめでとう。そして携ったすべての人にもおめでとう!
ブラボー!!

◎リリース情報
アルバム『ミュージカル『シカゴ』ニュー・ブロードウェイ・キャスト・レコーディング[ジャパン・スペシャル・エディション]』
2019/7/31 RELEASE
SICP-31280 2,500円(tax out.)
※解説・歌詞・対訳付


音楽ニュースMUSIC NEWS

米津玄師「馬と鹿」が『ドラマアカデミー賞』で“最優秀ドラマソング賞”に

J-POP2019年11月20日

 米津玄師によるドラマ『ノーサイド・ゲーム』主題歌の「馬と鹿」が、ザテレビジョン主催の『第102回ザテレビジョンドラマアカデミー賞』において、“最優秀ドラマソング賞”を受賞した。  『ドラマアカデミー賞』では、国内の地上波連続ドラマを対象と … 続きを読む

Foorin&Foorin team E、英語版「Paprika」初披露 10人編成で笑顔の花を咲かせる

J-POP2019年11月19日

 英語ネイティブの5人組こどもユニット・Foorin team Eが、NHKホールにて開催された【ABUテレビソングフェスティバル in TOKYO】にて「Paprika」を初披露した。  『Foorin team E』は、先日11月14日 … 続きを読む

テイラー・スウィフト、元レーベルが過去曲のパフォーマンスを許可

洋楽2019年11月19日

 テイラー・スウィフトが、2019年11月24日に開催される【アメリカン ・ミュージック・アワード】(AMAs)のステージで、元レーベルであるビッグ・マシーン・レーベル・グループ(BMLG)からリリースした過去曲を演奏しないよう通告されたと … 続きを読む

カニエ・ウェスト、米ヒューストンの教会で牧師と対談

洋楽2019年11月19日

 カニエ・ウェストが2019年11月17日、米テキサス州ヒューストンのレイクウッド教会で行われた礼拝に参加し、午前の部で同教会の牧師でテレビ宣教師のジョエル・オスティーンと対談した。  キリスト教への回帰を宣言してから福音の伝道に力を入れて … 続きを読む

やくしまるえつこ、入手困難だった『わたしは人類』CD入りシャーレを限定販売

J-POP2019年11月19日

 やくしまるえつこ(相対性理論)が、11月19日から東京・森美術館にて開催されている展覧会【未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命――人は明日どう生きるのか】にて、“人類滅亡後の音楽”をコンセプトにバイオ・テクノロジーを駆使して制作、音源 … 続きを読む

page top