KAKASHI、LACCO TOWERを迎えた全国ツアーの最終公演はアットホームなステージに

2019年5月29日 / 15:00

5月22日@東京・渋谷TSUTAYA O-WEST (okmusic UP's)

KAKASHIが5月22日に東京・TSUTAYA O-WESTにて2ndミニアルバム『PASSPORT』のリリースツアー『心の向かう方へツアー』のファイナル公演を開催した。

2018年12月に『PASSPORT』をリリースし、2019年1月12日よりスタートした『心の向かう方へツアー』のファイナル公演は、対バンに同じ群馬の先輩にあたるロックバンド、LACCO TOWERを迎え、自身最大キャパとなる東京・TSUTAYA O-WESTにて開催。まず初めに登場したLACCO TOWERで松川(Vo)は“愛しき後輩のリリースツアーファイナルに来ていただいて本当にありがとうございます”と挨拶し、“普通ツアーファイナルは彼らがメインなわけですが、今日は我々同じ60分いただいております”とKAKASHIの心意気を語った。同じ群馬県で、互いに苦悩しながら活動を続けているKAKASHIについて“弟たちがO-WESTでファイナルを迎えるなんて感慨深い”と語りながら、会場に集まったファンに向けて“あいつらの思いはたぶん一番わかるバンドだからこそ、今日はとても嬉しい”と新曲「夜明前」を贈るなど、全60分のステージで魅了した。

いよいよ齊藤雅弘(Gu)、関佑介(Dr&Cho)、中屋敷智裕(Ba&Cho)、堀越颯太(Vo&Gu)が登場し、KAKASHIのステージが始まる。堀越が“群馬のKAKASHIです、どうぞよろしく!”と叫び「信じている」でライブをスタート。「失くせないから」「流星の中で」そして新曲「花火」とたたみかけると、堀越は“忘れもしない、2012年2月23日に群馬・高崎clubFLEEZで、LACCO TOWERとDOOKIE FESTAというバンドのオープニングアクトで演らせてもらって、そこが僕らとLACCO TOWERの始まりでした”と回想。バンドへの感謝を伝えながら“今日をすごく楽しい一日にしたい”と意思表明して「心向方向」「旅立つ夜に」とプレイしていった。

このO-WESTのステージには、約8年前にオープニングアクトで立ったことがあると振り返った堀越は“その日がこの先バンドで頑張ってもいいかなという一日だった”と緊張しながらも楽しい記憶として刻まれていたと語る。そして“いつか自分たちの力でここに立ちたいと思った、今日その夢がひとつ叶いました。あなたのおかげで、その夢を叶えてもらうことができました”と集まったファンに感謝の言葉を送った。

また、“自分が特別じゃないなら、特別になればいいと思った”と力強く決意の歌「灯京」を歌うと「変わらないもの」では齊藤、中屋敷も前方で激しくプレイし、関のコーラスとともにシンガロングが沸き起こる一幕も。高まる熱気に、堀越も嬉しそうに飛び跳ねながら始めた「本当の事」では、会場いっぱいにクラップが広がっていった。

ラストスパートでは、堀越が“ナンバーワンになれないならオンリーワンになればいいって信じて歩いてきた。だけどそれじゃ駄目なんだよ。俺は今日、LACCO TOWERに、この時代に、俺自身に絶対勝ちてえ!”と叫び「違うんじゃないか」「ドブネズミ」をパフォーマンス。かけがえのない存在だというLACCO TOWERに“あの人たちの一言一言に突き動かされて、悩まされて、今日までの夜を越えてきた”とこれまでの苦悩を滲ませた堀越。目の前にしている“この景色を忘れない”と誓って「愛しき日々よ」を真っ直ぐに歌い、本編を終了した。

迎えたアンコールでは、8月17日に地元・高崎clubFLEEZと高崎clubFLEEZ Asileにて『俺たちの群馬だ!』と銘打った企画イベントを開催することを発表。合わせて10月26日に恒例の自主企画フェス『灯火祭』の開催をアナウンスした。最後にツアーについて、中屋敷は“より濃くなったツアーになりました”と振り返り、関は“メンバーひとりひとり殻を破ったというか、覚悟を持って回れたのが一番嬉しい”と話す。

齊藤は“次のアルバムはヤベーの作るのでよろしくお願いします”とマイペースに、堀越は“メンバーひとりひとりが覚悟を持ってバンドに挑んでるな、と思うことが数え切れないほどあった”と明かし、そんなメンバーに救われたという。それも“今日集まってくれた“あなた”のおかげ”と新曲「愛していたい」を捧げ、“O-WEST、一緒に歌おう!”とシンガロングから始まった「ドラマチック」で、会場いっぱいにつきあがった両手とともに締め括った。

さらなるダブルアンコールに呼び込まれたメンバーは、再度「ドブネズミ」をプレイ。最後は堀越と関がファンへ身を投げ、ステージにはLACCO TOWERの重田雅俊(Dr)、塩崎啓示(Ba)、細川大介(Gt)、真一ジェット(Key)が乱入。皆が笑顔で自由に楽器をとり、アットホームなステージで1日が締め括られた。

photo by ハライタチ

【セットリスト】

1. 信じている

2. 失くせないから

3. 流星の中で

4. 花火 (*新曲)

5. 心向方向

6. 旅立つ夜に

7. 灯京

8. 変わらないもの

9. 本当の事

10. 違うんじゃないか

11. ドブネズミ

12. 愛しき日々よ

<ENCORE1>

1. 愛していたい(新曲)

2. ドラマチック

<ENCORE2>

ドブネズミ
ミニアルバム『PASSPORT』
2018年12月5日発売

UNCR-10/¥1,599(税込)

<収録曲>

1.ドブネズミ

2.変わらないもの

3.信じている

4.心向方向

5.コーヒーとオイル

6.旅立つ夜に

7.愛しき日々よ


音楽ニュースMUSIC NEWS

FRUITS ZIPPER、夏の4曲連続リリース第1弾「skyfeelan」配信スタート

J-POP2022年8月12日

 FRUITS ZIPPERが、4曲連続で楽曲をリリースすることを発表し、第1弾シングル「skyfeelan」をデジタル・リリースした。  同曲は、FRUITS ZIPPERにとって5作目となる楽曲。1stシングル「君の明るい未来を追いかけ … 続きを読む

竹内まりや、映画『いつか、いつも‥‥‥いつまでも。』主題歌決定

J-POP2022年8月12日

 竹内まりやの「幸せの探し方」が、映画『いつか、いつも‥‥‥いつまでも。』の主題歌に決定した。  日常の中の小さな幸せや人生の愛おしさを歌うこの楽曲は傷つき戸惑いながらも“幸せ”探しを模索する主人公たちの背中をそっと押すように、本作を優しく … 続きを読む

go!go!vanillas、最新曲「ペンペン」MVメイキング映像公開

J-POP2022年8月12日

 go!go!vanillasが、最新曲「ペンペン」ミュージックビデオのメイキング映像を公開した。https://youtu.be/8Xj_WJrSWeo  オリジナリティ溢れる“ペンギン”というテーマ性と、go!go!vanillasなら … 続きを読む

おゴージャスなピアニスト、五条院凌が初のBillboard公演開催

J-POP2022年8月12日

 ピアニスト、五条院凌(ごじょういん りょう)が8月10日にBillboard Live YOKOHAMAにて自身4回目となるワンマンコンサートを開催した。  ステージには赤いカーペットの真ん中にピアノを配置。1st公演では森の中にいるよう … 続きを読む

【先ヨミ】B’z『Highway X』がAL首位走行中 Ado/岩橋玄樹が続く

J-POP2022年8月12日

 今週のCDアルバム売上レポートから2022年8月8日~8月10日の集計が明らかとなり、B’zの『Highway X』が113,056枚を売り上げて首位を走っている。  『Highway X』はB’zの22ndアルバムで、配信シングルとして … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top