『ハン・ソロ』来日会見に主演オールデン、チューバッカ、ロン・ハワード監督が登壇

2018年6月11日 / 21:00

 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』の日本公開まで2週間余りとなった2018年6月11日に、主演ハン・ソロ役を演じるオールデン・エアエンライク、チューバッカ、そして本作のメガホンをとったロン・ハワード監督が来日記者会見に出席した。

 始めに4年ぶりの来日のハワード監督より「本作と共に、大好きな日本に来ることができて心から嬉しい」と挨拶があり、ハン・ソロの若き日を演じ、今回が初来日となるオールデン・エアエンライクは「一度も訪れたことがなかった素晴らしい街に来ることができ、とても嬉しいです。ぜひ日本のみなさんにも本作を楽しんでいただきたいです」と笑顔で挨拶をした。ハン・ソロの相棒であるチューバッカからの雄叫びの挨拶には、「大好きな日本で、みなさんにお会いできて嬉しい。フラッシュが多いけど大丈夫です」と隣のオールデンが説明した。

 早速、質疑応答が行われ、ハワード監督へ「ハン・ソロという人気キャラクターを本作で描くにあたり意識したことは?」という質問が投げられると「本作はワクワクするアドベンチャー。人間関係とアクション、この2つを通して若きハン・ソロは試練を与えられ、乗り越えることで我々がよく知るハン・ソロへと形成されていく。カスダン親子による素晴らしい脚本と、オールデンを始めとするキャストを信じていたから、素晴らしい作品が出来上がった」と答えた。

 オールデンへの質問では、「SWシリーズで圧倒的支持のあるハン・ソロを演じる上で意識したことは?」という質問に対し「みなさんが知っているハン・ソロになる前の物語であり、彼はとても理想主義で夢見る男だった。役作りとして意識したことは、彼をリアルな人物として演じること、そしてみんなの知るハン・ソロに続くよう一貫性をもって演技をするよう、バランス作りに徹底した」と役作りについて語り、さらにハリソン・フォードとのエピソードを聞かれると、「ハリソンも作品を観て、気に入ってくれたようだったので嬉しい。彼のプライベートジェットに乗せてもらい、応援のコメントをもらった。また彼からのアドバイスとしては、必要なことは全て教えてもらったが『内容については口外するな』と言われたよ」と、ハリソンとの貴重なエピソードを語った。最新作の見どころを聞かれたチューバッカは短く雄叫びをあげ、「ハン・ソロと仕事をしていること」とオールデンが通訳し、笑いを取った。

 さらに、「役が決まったときのお気持ちは?」との質問が出ると、オールデンは「大変光栄だった。SWの一員、そしてハン・ソロという、愛されているキャラクターを演じることができて幸せだった」と答え、「役が決まったときの周囲の反応は?」という質問に対しては「役が決まったことや、撮影について3か月間は秘密にしておかないといけなかった。やっと周囲に打ち明けたときには、普段はおめでとうと言われるのに、ショックを受けたような驚き方をされたよ」と当時の様子を話した。別の記者からは「ハン・ソロ役を勝ち取った時のプレッシャーはあったか? 撮影中の大変だったエピソードは?」と聞かれると、オールデンは「SWという大作に出演することはプレッシャーがあったし、毎日が挑戦だった。だから今作はその挑戦を受けて立った。でも、プレッシャーはどの作品にもあるもの。役に対して責任をもち、最善を尽くした。そして本作はCGがとても少ない作品で、一緒に映るエイリアンや爆発などもほとんどが本物だった。ミレニアム・ファルコンに乗っているシーンでは実際に目の前のスクリーンに宇宙映像が映し出された中で撮影したんだ。素晴らしい環境の中で楽しみながら演じることができてとても光栄だった」と貴重なエピソードを話した。

 この日、スペシャルゲストとして、SWファンである歌舞伎俳優の市川海老蔵が祝いに駆けつけた。監督、オールデンと握手をし、チューバッカと熱いハグを交わした海老蔵は、ハン・ソロとチューバッカが初めて出会う運命の場に立ち会う“ストームトルーパー役”の日本語吹替キャストして参加していることが判明。声優として参加した感想について海老蔵は「子どもの頃から好きな作品に参加出来て嬉しい。父がSWが大好きなので、父に伝えたいです」と、本作での声の出演について喜びを表した。最後に、来日したキャスト・監督へのサプライズ・プレゼントとして、平成26年に南座で海老蔵主演の公演『壽三升景清(ことほいでみますかげきよ)』にて演じられた「悪七兵衛景清(あくしちびょうかげきよ)」の隈取りを贈呈。海老蔵から大きな額に入った隈取りが贈呈されると、オールデンは初めて見る限取りに驚いた様子で、日本語で「ありがとう」と丁寧に感謝の意を述べた。オールデン、チューバッカ、ロン・ハワード監督は6月12日実施のレッドカーペットイベントにも登壇する予定だ。本作最後の公開地である日本での封切りに向け、駆け抜ける。

◎公開情報
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』
2018年6月29日(金)より、全国公開
監督:ロン・ハワード
出演:オールデン・エアエンライク、ウディ・ハレルソン、エミリア・クラーク、ドナルド・グローヴァー、ヨーナス・スオタモほか
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.


音楽ニュースMUSIC NEWS

DJ RYOWがニューアルバム発売へ、AI、AK-69、般若ら豪華アーティスト20組集結

J-POP2021年3月1日

 名古屋を拠点に活動するヒップホップDJ/プロデューサー、DJ RYOWが通算12作目となるニューアルバム『Still Dreamin’』を3月24日に発売。豪華参加アーティストが明らかになった  総勢24組のアーティストが参加し“ドリーム … 続きを読む

ちゃんみな、斬新なコンセプトの東名阪ホールツアー開催

J-POP2021年3月1日

 ちゃんみなが、東名阪ホールツアー【PRINCESS PROJECT 5】を、2021年5月に開催する。  1年5か月ぶりとなるライブは、3公演2部制。それぞれの公演で物語が完結しながらも、1部から2部へと物語が繋がっていく斬新なコンセプト … 続きを読む

<ライブレポート>YOASOBI初ライブ【KEEP OUT THEATER】を振り返る 興奮を拡散させる“仕掛け”も考察

J-POP2021年3月1日

 2月14日、YOASOBIのオンラインライブ【KEEP OUT THEATER】が開催された。  チケット購入者は約4万人。一躍ブレイクを果たしたYOASOBIの初ライブというだけでも大きな注目を集めたわけなのだが、実際に蓋を開けてみたら … 続きを読む

Tempalay、移籍発表後初&ホール公演初のワンマンよりライブレポート到着

J-POP2021年3月1日

 2月26日、Tempalayが【Tempalay Live 2021】を中野サンプラザで開催した。この日はワーナー内レーベルunBORDEへの移籍発表後の初ワンマンで、ホールでの単独公演も彼らにとっては初めて。多彩な照明演出とともに、サイ … 続きを読む

BTS「Dynamite」の歌詞をジョージ・クルーニーが真面目に朗読

洋楽2021年3月1日

 Wマガジンが毎年発表している“ベスト・パフォーマンス特集号”の一環として、俳優のジョージ・クルーニーがBTSの「Dynamite」の歌詞を朗読している“Lyrical Improv”と題された映像が、2021年2月26日に公開された。   … 続きを読む

amazon

page top