ゲスの極み乙女。、喜多村英梨、UNISON SQUARE GARDENなど1月リリースの9作を紹介

2018年1月31日 / 18:30

(okmusic UP's)

フリーマガジンokmusic UP’s vol.161(1/20発行)に掲載中の『DISC GUIDE』から、1月リリースの作品9作を紹介!

1.「棘と吹雪と」/上杉 昇

2.「戦ってしまうよ」/ゲスの極み乙女。

3.『MODE MOOD MODE』/UNISON SQUARE GARDEN

4.「妄想帝国蓄音機」/喜多村英梨

5.『アイハベル』/Kiroro

6.「DREAMIN’」/NAMBA69

7.「ロトカ・ヴォルテラ」/KEYTALK

8.「冬盤」/打首獄門同好会

9.『Too Much Is Never Enough』/FIVE NEW OLD
「棘と吹雪と」/上杉 昇
Single 1/10 Release

pojjo record

OPCD-1182

¥1,700(税込)
90年代に数々のヒットを放ったWANDSの元ヴォーカリストが12年振りにリリースするシングル。心を閉ざした人に歌いかける情熱的なバラードの表題曲に真島昌利の「アンダルシアに憧れて」と、じゃがたらの「Tango」のカバーを加えた全3曲を収録。ヴァイオリンをフィーチャーしたジプシージャズなアレンジが印象に残る。新境地に円熟味を宿らせた、まさに意欲作。25周年記念ボックスも同時リリース!

TEXT:山口智男
「戦ってしまうよ」/ゲスの極み乙女。
Single 1/24 Release

unBORDE/WARNER MUSIC JAPAN

【初回限定盤(DVD付)】 

WPZL-31409 ¥2,200(税抜)

【通常盤】 

WPCL-12827 ¥1,200(税抜)
約2年振り、5枚目となるCDシングル。タイトル曲はスマートフォン&タブレット向けの対戦カードゲーム『クラッシュ・ロワイヤル』TVCMソングに起用。川谷絵音(Vo&Gu)が実際に『クラロワ』をプレイしたのち、30分ほどで書き下ろしたそうで、彼らの得意とする深みを持たせすぎないプログレポップが奇っ怪な音色も含みながら痛快に炸裂している。皮肉たっぷりの「イメージセンリャク」など、ダーク&したたかに抉ってくる一枚。

TEXT:田山雄士
『MODE MOOD MODE』/UNISON SQUARE GARDEN
Album 1/24 Release

TOY’S FACTORY

【初回限定盤A(Blu-ray付)】

TFCC-86635 ¥5,500(税抜)

【初回限定盤B(DVD付)】

TFCC-86636 ¥4,800(税抜)

【通常盤】

TFCC-86637 ¥2,800(税抜)
全12曲が鋭さを持った、強烈でトリッキーなアルバムが届いた。新鮮味のあるシンプルでポップな楽曲がありつつも、あくの強いメロディーを運ぶベースラインと狂気的なドラミング、セクシーさと迫力がマッチした歌声が終始ユニゾン節を炸裂させている。1秒先でさえ予測のつかない展開と、ユニークな言葉選びからは彼らのポテンシャルの高さをひしひしと感じた。改めて彼らと向き合いたくなる、大胆不敵な傑作だ。

TEXT:千々和香苗
「妄想帝国蓄音機」/喜多村英梨
Single 1/24 Release

ロッカンミュージック/テイチクエンタテインメント

【初回限定盤(DVD付)】

TECI-599 ¥1,800(税抜)

【通常盤】 

TECI-600 ¥1,300(税抜)
脳髄から魂までをも揺さぶる激重&超濃密なラウドサウンド、そして妖艶な歌声が紡ぎ出す摩訶不思議な世界は、まさしく“妄帝国”そのもの。ベーシスト兼ボカロPとして活躍する鬱P作の表題曲をはじめ、数々のラウドロック界の猛者たちによって生み出された楽曲たちからは闘争心があふれ、喜多村英梨の魂と見事に共鳴を果たした。各地でヘドバン&モッシュの嵐を巻き起こすであろう本作は、この冬を間違いなく熱くする!

TEXT:佐藤志保
『アイハベル』/Kiroro
Album 1/24 Release

Colourful Records/ビクターエンタテインメント

VICL-64907

¥3,000(税抜)
前アルバムから13年という歳月は、ふたりの音楽性をじっくりと深化させたことがよく分かる。とにかく振り幅が広く、「Let’s Go Together」のゴスペルアレンジを筆頭に、ライヴを意識したというロックナンバー「無敵なBig Smile」など、やわらかな空気感を残した唯一無二の楽曲が顔を揃え、聴く者を飽きさせることなく穏やな音の波で包み込む。デビュー20周年という節目を皮切りに、ふたりの新たな歩みにも期待したい。

TEXT:佐藤志保
「DREAMIN’」/NAMBA69
Single 1/24 Release

POP SPEED RECORDS

PSR-1002

¥2,000(税抜)

※ライヴDVD付
昨年はHi-STANDARDの活動で多忙だったNAMBA(Vo&Ba)だが、自身のバンドで3曲入り音源を投下! 現4人体制でのライヴも目覚ましく向上しており、今作はそのバンドの勢いを封じ込めたエネルギッシュな内容に。表題曲はポップな歌メロが突き抜ける疾走感に漲っているし、レゲエ色を忍ばせてエクストリームに振り切れた「MANIAC II」はアドレナリン噴出のモッシュ曲。さらにラウド化した熱血盤!

TEXT:荒金良介
「ロトカ・ヴォルテラ」/KEYTALK
Single 1/24 Release

Getting Better Records

VICL-37346

¥800(税抜)

※完全限定生産盤特典:全国ツアーチケット最速web先行抽選予約シリアルナンバー封入
捕食関係の方程式を表わす難解なタイトルが付いた表題曲は、4人の演奏技術の高さも再確認できるクールでスリリングなサウンドに、シリアスな文学的歌詞を乗せたKEYTALKの新境地。深みと奥行きあるツインヴォーカルやアレンジは心の奥底に誘ってくれるトリップ感もあり、ヘッドホンでどっぷり浸るのも楽しい。2曲目のポップで甘酸っぱい「アオイウタ」とのギャップも彼ららしくて実に良いです。

TEXT:フジジュン
「冬盤」/打首獄門同好会
Single 1/24 Release

LD&K Records

284-LDKCD

¥1,200(税抜)
3月の日本武道館公演に向けた、夏秋冬春連続リリース第三弾。“生活密着型ラウドロック”を自称する彼らが今回選んだテーマは“スマホの画面が割れた日”。うっかりスマホを落とした時の焦りと事実確認する時の妙な冷静さ、そして割れてることを確認して血の気が引く感じや押し寄せる後悔と、あの瞬間の気持ちを表現し切った一曲はお見事! 往年のHR/HMサウンドを踏襲した「忘れらんねえですよ」も最高です!

TEXT:フジジュン
『Too Much Is Never Enough』/FIVE NEW OLD
Album 1/31 Release

TOY’S FACTORY

TFCC-86631

¥2,800(税抜)
“たくさんあるけど、まだ足りない”という意味のタイトルを掲げる貪欲なメジャー1stアルバム。全編英詞で構成され、軽やかなポップサウンドで仕上げつつも、R&Bやブラックミュージック要素を交えたグルービーな曲調がたまらない。コーラスも美しく、リラックス効果をもたらすような心地良いメロディーに乗る日常的な歌詞も魅力のひとつ。スタイリッシュで上質なバンドに秘められた追求心をこれからじっくり探りたい。

TEXT:千々和香苗


音楽ニュースMUSIC NEWS

The BONEZ、LAで撮影した「Bird〜people with wings〜」MV公開

ジャパニーズロック2019年4月20日

The BONEZの楽曲「Bird〜people with wings〜」のMVが公開された。 昨年リリースしたアルバム『WOKE』に収録されている同曲は、メンバーが“地球のパワースポット”と呼ばれているロサンゼルスのレッドロックキャニオン … 続きを読む

秦基博&あいみょんが音楽担当の映画『さよならくちびる』一般試写会に20組40名ご招待

J-POP2019年4月20日

 小松菜奈と門脇麦をダブル主演に迎え、成田凌が出演する青春音楽映画『さよならくちびる』が、2019年5月31日より公開する。  インディーズで人気の女性ギター・デュオ「ハルレオ」のレオ(小松菜奈)とハル(門脇麦)は、付き人シマ(成田凌)が参 … 続きを読む

ブライアン・マックナイト来日直前インタビュー「心から本当に欲しいものがあるなら、決して妥協しないこと。」

洋楽2019年4月20日

2019年4月23日~26日に、ビルボードライブ東京&大阪での来日公演を間近に控える正統派R&Bアーティスト、ブライアン・マックナイトにインタビューを敢行。6月に最新作のリリースを控えるブライアンに、ファン待望の新アルバムや2018 … 続きを読む

KHRYST+、両A面EP『贖罪』のアートワークとMVが公開

ジャパニーズロック2019年4月20日

KHRYST+が5月22日にリリースする両A面EP『贖罪』のアーティスト写真とジャケット写真、MVが公開された。 同作はCDのみのRedemption C盤、DVDが付属する初回限定Redemption A盤、初回限定Redemption … 続きを読む

D、組曲「狂王」を携えた東名阪ツアーが終幕

ジャパニーズロック2019年4月20日

ヴァンパイアストーリーをテーマとした最新作にして最高傑作『組曲「狂王」』を手に、Dが行った東名阪ツアー『D 16th Anniversary Special Premium Live 2019 東名阪ワンマン「狂王」』が、4月17日のSHI … 続きを読む

page top