[Alexandros]、熱気溢れるZeppツアーが終幕

2017年12月21日 / 20:30

12月20日@Zepp Tokyo (okmusic UP's)

12月20日Zepp Tokyoにて、『[Alexandros] Tour 2017 “NO MEANING”』のツアーファイナル公演が行なわれた。このツアーは、東名阪3都市のZEPPツアーで、大阪、名古屋公演を経てZEPP東京での最終公演となった。

満員のZepp Tokyoで始まる前からライブへの期待感と興奮でいっぱいの中、暗転すると冒頭のお馴染みのSE「Burger Queen」がかかって会場に大歓声があがると、会場を煽るようにメンバーが登場。4人はそのまま「Burger Queen」を演奏し、ライブの始まりを告げた。「can’t explain」から「city」のイントロへと繋がると、観客は大歓声&大合唱。序盤から会場は一気に最高潮の盛り上がりへ。

“NO MEANING”というツアータイトル通り、メンバーの今やりたいことをやりたいように実現したツアーということで、観客が華やかに盛り上がり、フロアが丸ごと踊っているかのような「Droshky!」「Dracula La」、壮大なアフリカ大陸の夕日をイメージさせるようなオレンジの照明に包まれての「Nawe, Nawe」など、今までのライブにはない、新鮮なセットリストとなっていた。中盤で、磯部が「もっと行けんだろ、東京!」とさらに観客を煽り、「Waitress, Waitress!」「Wet Paint」と彼らの初期の曲が立て続けに演奏され、「Don’t Fuck with Yoohei Kawakami」では、白井の渾身のギターソロに観客が湧き上がる。そして、最新シングルに収録されているCMでもお馴染みの「I Don’t Believe In You」が披露されると、観客はますますヒートアップしていく。

そしてこの日初のMCへ。「あらためましてこんばんは。[Alexandros]と申します。ツアーファイナル、思う存分楽しんでください」と川上洋平(Vo&Gu)が挨拶し、「今日を最後にもうやらないかもしれない」と言いながら、このツアーでは各地で披露していたカバー曲「Supercalifragilisticexpialidocios」を演奏し、彼らの遊び心に観客も大歓声で応える。そして雰囲気が一転して、雨と雷のSEからサポートメンバー・ROSÉの美しいピアノのイントロで始まる「Thunder」、真っ赤に染まった照明の中、川上が歌いあげる「Kiss The Damage」、そして「東京のKidsに捧げます。」と「Kids」を立て続けに披露した。

「まだまだいけますか?東京!」の声とともに「NEW WALL」、月明かりのような演出の「ムーンソング」、そして「Starrrrrrr」と会場には大合唱が響き渡り、観客は一つに。ここで、川上がアコースティックギターに持ち替えると「12/26以降の年末ソング」の弾き語りが始まり、ツアーファイナルにちなんで《あと2曲でこのライブもツアーも終わるけど》と歌詞を変えながら1フレーズを披露し、そのまま「Adventure」へ。「ラスト1曲楽しみましょう!」と新たなライブ定番曲となった「明日、また」を披露。自分を信じることの大切さを歌っているこの楽曲で、「We’re the light」と観客の大合唱が響き渡り、彼らと観客が一つとなって本編は終了した。

アンコールでは、サイレンのSEでメンバーが登場すると「アンコールでは、激しい曲しかやりません」との言葉通り、「Girl A」「Kick&Spin」と立て続けに演奏し、川上がマイクスタンドを倒すほどの激しい盛り上がりの中、最後「Kaiju」でライブを締めくくった。しかし会場のボルテージは冷めやらず、急遽ダブルアンコールとして、川上と庄村聡泰(Dr)が再びステージに登場。ドラムとギターで即興のセッションを披露した。ステージ上に掲げられていた“LET’S GET FUCKED UP”の言葉通り、最初から最後まで目が離せない、観客を夢中にさせる大盛り上がりのライブとなった。

撮影:河本悠貴
【セットリスト】

1 Burger Queen

2 can’t explain

3 city 

4 Droshky!

5 Dracula La

6 Nawe, Nawe  

7 She’s Very

8 Waitress, Waitress!

9 Wet Paint

10 Don’t Fuck with Yoohei Kawakami

11 I Don’t Believe In You

12 Supercalifragilisticexpialidocios

13 Thunder

14 Kiss The Damage

15 Kids

16 Last Minute(仮)

17 NEW WALL

18 ムーンソング

19 Starrrrrrr

20 Adventure

21 明日、また

Encore

1 Girl A

2 新曲

3 Kick&Spin

4 Kaiju
DVD&Blu-ray『CLIPS』
2017年12月20日(水)発売

【DVD】(2DVD)

UPBH-1454/5/¥4,980+税

【Blu-ray】

UPXH-1062/¥5,980+税

※初回プレス分のみ、スリーブケース仕様

<収録楽曲>

・For Freedom

・city

・You‘re So Sweet & I Love You

・Rocknrolla!

・言え

・Cat 2

・spy

・Waitress, Waitress!

・Kids

・Kill Me If You Can

・Starrrrrrr

・涙がこぼれそう

・Forever Young

・Stimulator

・Kick&Spin

・Run Away

・Oblivion

・Droshky!

・Adventure

・ワタリドリ

・Dracula La

・Famous Day

・Dog 3

・Girl A

・Boo! from「live at Makuhari Messe 2015.12.19」

・NEW WALL

・Swan

・Feel like

・ムーンソング

・Kaiju

・SNOW SOUND

・NEW WALL from「live at Makuhari Messe 2017」

・明日、また

・TV SPOT COLLECTION 収録

・スタッフによる制作秘話座談会をブックレットに掲載

◎店舗別購入者特典

・タワーレコード全店 及びタワーオンライン

オリジナルポスター (A2サイズ)

※一部取扱いの無い店舗がございます。

・TSUTAYA RECORDS全店

応募ハガキ付オリジナルポストカード(サイン入りポスターを抽選でプレゼント)

※一部取扱いの無い店舗がございます。

・Amazon.co.jp

Amazonオリジナルポスター (A2サイズ)

・HMV全店 及びHMVオンライン

オリジナルポストカード

※一部取扱いのない店舗もございます。

・オリジナル特典 ポスター (A2サイズ) 配布店

※こちらの特典ポスター配布店に関しては後日ご案内いたします。

・ポストカード配布店

※こちらのポストカード配布店に関しては後日ご案内いたします。


音楽ニュースMUSIC NEWS

初代エンジニア猪俣彰三が振り返るサザンオールスターズ、「根底に流れてるスピリットは変わらないだろうな」

J-POP2018年7月20日

 サザンオールスターズの初代レコーディング・エンジニアを務めた猪俣彰三が、音楽評論家・田家秀樹が案内人を務めるFM COCOLO『J-POP レジェンドフォーラム』に出演し当時のレコーディング事情や制作秘話などについて振り返った。  猪俣は … 続きを読む

ビッケブランカ、『君の名は。』スタジオ最新作『詩季織々』主題歌のアニメーションMV公開

J-POP2018年7月20日

 ビッケブランカが、2018年8月8日に発売する2ndシングル『夏の夢/WALK』より、アニメーション映画『詩季織々』の主題歌「WALK(movie ver.)」のミュージックビデオを公開した(https://youtu.be/Lg0SBp … 続きを読む

ミューズ、新曲「Something Human」を公開 ニューALは11月リリース

洋楽2018年7月20日

 ミューズが、新曲「Something Human」とそのミュージック・ビデオを公開した。バンドが新曲をリリースするのは、今年2月に発表された「Thought Contagion」以来となる。  同曲は、フロントマンのマシュー・ベラミーが前 … 続きを読む

安室奈美恵、ラストツアーのDVDが予約数90万枚突破 歴代音楽DVDランキング首位獲得へ

J-POP2018年7月20日

 8月29日に発売される安室奈美恵のライブDVD&Blu-ray『namie amuro Final Tour 2018~Finally~』の予約数が90万枚を突破した。  “東京ドーム最終公演”と昨年9月に開催された“25周年沖縄ライブ” … 続きを読む

チャーチズ、ケンドリック・ラマーの「LOVE.」をカヴァー

洋楽2018年7月20日

 チャーチズが、オーストラリアのラジオ局Triple Jの企画で、ケンドリック・ラマーの「LOVE.」をカヴァーした。  これまでビヨンセの「XO」、アークティック・モンキーズの「ドゥ・ユー・ワナ・ノウ?」、The 1975の「サムバディ・ … 続きを読む

page top