【vistlip インタビュー】新しい自分らを感じさせる楽曲たち

2017年11月2日 / 10:00

L→R 海(Gu)、瑠伊(Ba)、智(Vo)、Tohya(Dr)、Yuh(Gu) (okmusic UP's)

現在、各地ごとに異なるゲットバックライヴのツアーを始め、絶賛10周年記念施策中のvistlip。そんな中、2枚のニューシングル&ライヴDVDという3カ月連続リリースの第一弾シングル「it」が到着した!
──10周年記念シングルと聞き、これまでの総括やオマージュ的な楽曲を予想していましたが、非常にこれからのvistlipを感じさせる楽曲たちになりましたね。

「結果、次を見据えた楽曲になったかなと。今回は4人の作曲者が各々曲を持ち寄り、第一弾はTohyaと瑠伊、第二弾が僕とYuhの楽曲を発表するんですね。それぞれ各人のカラーが表れ、これからや新しい自分らを感じさせる楽曲たちになってます。」
Tohya
「素直に今、自分たちが伝えるべきものを各人出しただけというか。その感想は嬉しいし、成功だったなと思います。」
──「It」は非常に解放感や景色感を擁した曲ですね。
瑠伊
「僕は比較的ポップ目の曲を書くことが多いんですが、今回はあえてバンド感を強く押し出してみました。疾走感やサビでパーッと開けるところを意識しての曲作りでしたね。」
──それに際して何かイメージを?
瑠伊
「晴れ渡る空ですね。サビはその辺りを思い描いて作りました。」

「もともと瑠伊の曲は絵が浮かぶ曲が多いんですが、この曲は特にそれが強くて。この曲のMVも当初は外のロケをイメージしていたんですが、それが実現できず…。逆に完全に室内で閉鎖的なシチュエーションになったんです。でも、曲と歌詞とサウンドで、その広がりは補ってもらえばいいかって。」
Tohya
「僕もライヴでワイルドにドラムを叩いている自分をイメージしながら叩きましたね。あえて生々しく。」
──この曲は野外感やスケール感を擁してますからね。

「サビでパーッと広がりますからね。先日もライヴで演ったんですが、スケール感的にどうしてもまだライヴだと作品を越えられた気がしなくて…。」
──完全に会場全体の意識を、ここではないどこかへと連れ出さなきゃならないでしょうから。
瑠伊
「ベースもドライブ感を重視しつつ、要所要所にうねりを加えてみました。歌詞も智からは“ヒーローをテーマに書く”レベルで伝えられてたんですが、歌詞をもらった時には“おっ、こうきたか!”と。いろいろな角度からさまざまな楽しみ方ができる曲になってます。」

「ギターは良い意味で頭で考えずに弾きました。このような曲はこじんまりとしたり、がっちりしちゃうと面白くないし、ダイナミズムも表せないので。結果、やったれー!的に弾いたのが成功だったなと。」
──カップリングの「Persona」はTohyaさん作曲ですね。
Tohya
「音程の幅がかなり幅広くて。かなりファルセットを多用させちゃったようで、智には“ごめんなさい”って感じです(笑)。」

「だけど、ギター的にはいつもより広がりがあるし、かなり合わせやすかったですね。」
Tohya
「僕はデモ段階からきっちり完璧に作り込んじゃうところがあって、“考えて楽器を入れる余地がない”とよく言われてましたから(笑)。今回はあえてみんながアレンジしやすいように隙間を作ってみました。」
──演奏はいかがでしたか?

「この曲ではあえてきっちりとビートに合わせて弾きましたね。ヴィンテージのアンプを使い、モダンなサウンドに温かみや古き良き感じの音を融合させるイメージで弾いたんです。」
瑠伊
「僕の場合は「It」とは真逆で。シンセベースを意識して、あえて機械っぽさを出してみました。」
Tohya
「それらもあり、新しいことができたんじゃないかな。昔から同じ曲調はあまり繰り返さないタイプのバンドだし(笑)。常にアーティストとして新しい面や部分は出していきたいですからね。」
取材:池田スカオ和宏
シングル「It」
2017年11月8日発売

マーベラス

【LIMITED EDITION(DVD付)】

MJSS-09200~1 ¥1,500(税抜)

※初回生産限定盤

【vister(DVD付)】 

MJSS-09207~8 ¥1,500(税抜)

【lipper】

MJSS-09202 ¥1,000(税抜)
『vistlip 10th Anniversary Tour「Encounter the Phantoms」』
10/21(土) 宮城・仙台RENSA

11/03(金) 福岡・DRUM LOGOS

11/16(木) 愛知・名古屋DIAMOND HALL

11/24(金) 大阪・BIG CAT

12/01(金) 東京・豊洲PIT

12/03(日) 石川・金沢EIGHT HALL

12/13(水) 北海道・札幌PENNY LANE
vistlip
ヴィストリップ:2007年7月7日に結成。結成当初よりヴィジュアル系の枠にはまらない楽曲やヴィジュアルワークで、唯一無二の存在感を放つ。17年7月7日、Zepp Tokyoにて『Guns of Liberty』を開催し、いよいよ結成10周年イヤーを迎えた。


音楽ニュースMUSIC NEWS

【DOVETAIL】第3弾が4月開催、SIRUP&TENDRE&向井太一出演

J-POP2019年12月12日

 音楽イベント【DOVETAIL S/N 003】が4月11日に新木場STUDIO COASTで開催。第1弾出演者が発表された。  音楽性、方向感が一致するアーティスト達が集結し、新時代の音楽シーンを切り開く【DOVETAIL】。今回で3回 … 続きを読む

浜崎あゆみ、代々木体育館でのカウントダウンライブを生配信

J-POP2019年12月12日

 浜崎あゆみのカウントダウンライブ【ayumi hamasaki COUNTDOWN LIVE 2019-2020 ~Promised Land~ A(ロゴ)】が、dTV(R)にて生配信される。  2019年でデビュー21周年を迎えてもなお … 続きを読む

リゾ、「グッド・アズ・ヘル」新MV公開 名物マーチング・バンド&チアリーディング・チームと共演

洋楽2019年12月12日

リゾが、「グッド・アズ・ヘル」の新バージョンのミュージック・ビデオを公開した(https://youtu.be/vuq-VAiW9kw)。  本ビデオには、米ルイジアナ州にあるサザン大学の名物マーチング・バンドであるヒューマン・ジュークボッ … 続きを読む

マライア・キャリー「恋人たちのクリスマス」を深掘りするミニ・ドキュメンタリー公開

洋楽2019年12月12日

 マライア・キャリーのアルバム『Merry Christmas』の25周年を記念して制作されたミニ・ドキュメンタリーが公開された。  同アルバムの収録曲「恋人たちのクリスマス(英:All I Want for Christmas Is Yo … 続きを読む

ドレイク、ダベイビーのライブに飛び入り参加&ニューALに言及

洋楽2019年12月12日

 現地時間2019年12月10日、カナダ・トロントで行われたダベイビーのライブにドレイクが飛び入り参加し、2曲パフォーマンスした。  ドレイクは、米ノース・キャロライナ州シャーロット出身のダベイビーについて「2018年、2017年、君が地元 … 続きを読む

page top