『関ジャム完全燃SHOW』豪華講師陣による音楽ギモンSP、井上芳雄×清塚信也による即興コラボも実現

2017年9月18日 / 15:36

 関ジャニ∞によるテレビ朝日の音楽バラエティ番組『関ジャム完全燃SHOW』が9月17日に放送、ゲストにヒャダイン、井上芳雄、NAOTO(ORANGE RANGE)、清塚信也、田中雪子が出演した。

 この日は、音楽シーンの第一線で活躍する5人のゲストを迎え、以前の放送で人気を博した企画「他人には聞けない音楽ギモンSP」をオンエア。番組に寄せられた視聴者からの音楽ギモンにゲストたちが実演を交えながら丁寧に回答した。

 「なぜミュージカルはアノ歌い方なの?」という素朴なギモンに回答したのは、ミュージカル界のプリンス井上芳雄。歌の合間に台詞が存在するミュージカルでは、その境界をなくすべく「台詞と同じ声で歌うこと」と、抑揚や全身を使い歌詞の世界観を表現する「ドラマチックな歌い方」の2点が重要であるそう。また「ピアノの上手い下手って何?」という率直なギモンにはピアノ界の貴公子、清塚信也が「ミスをしない」「音色と強弱」「楽譜の解釈」と3つのポイントを定義。また、音楽プロデューサーのヒャダインは「コード進行」にまつわるヒットの法則を、売れっ子コーラスの田中雪子はバックコーラスの具体的な仕事をハモリ、メロディー、フェイク、ウーアー、掛け声と具体的に分類して解説。そして、ORANGE RANGEのリーダーでギター/作曲を担当するNAOTOは、誰もが知りたい「ギターをサマになるように弾くには?」という質問に「譜面通り弾かなくてOK」「機材(エフェクター)を使う」という裏ワザを公開した。

 今回ももちろん、講師陣による多数の実演がおこなわれ、井上自らが良い例と悪い例を実演する際には、なんと清塚がピアノ伴奏を担当する一幕も。そして、この日のセッションは、そんな豪華講師陣とともに松任谷由実の名曲「ANNIVERSARY~無限にCALLING YOU~」を披露。井上芳雄とともに錦戸がボーカルを担当し、ベース丸山、ドラム大倉、パーカッション横山が参加。井上はミュージカルの時とはひと味ちがう抑え気味の歌声で錦戸とともに名曲を優しくしっとりと歌い上げ、清塚信也によるピアノ・アレンジ、そして田中雪子によるコーラスが華を添えるといった関ジャムならではのスペシャルなセッションとなった。

 次回の『関ジャム完全燃SHOW』は9月24日放送、水野良樹(いきものがかり)と7名の人気スタジオミュージシャンをゲストに迎え、トーク&セッションをおこなう。

◎番組情報
テレビ朝日『関ジャム 完全燃SHOW』
毎週日曜23:10~
※一部地域を除く


音楽ニュースMUSIC NEWS

BLUE ENCOUNT、11/21ツアーファイナル公演の模様をLINE LIVEにて生配信

J-POP2019年11月18日

 現在全国ツアー中のBLUE ENCOUNTが、ツアー最終日となる11月21日東京公演の様子を、LINE LIVEにて生配信することが分かった。  全国18か所22公演を巡る本ツアーは、今週のZepp Tokyo編でファイナルを迎える。今回 … 続きを読む

SpecialThanks、12月より4ヶ月連続配信リリース決定

ジャパニーズロック2019年11月18日

通称“スペサン”ことSpecialThanksが11月18日、下北沢SHELTERにて開催した新体制初の東名阪ツアー『SpecialThanks TOUR 2019〜これからのスペサンの話をしよう〜』初日公演のMCにて、12月より4ヶ月連続 … 続きを読む

BLUE ENCOUNT、ツアー最終公演をLINE LIVEにて生配信決定

ジャパニーズロック2019年11月18日

BLUE ENCOUNTが現在展開中の全国ツアー『BLUE ENCOUNT TOUR2019「B.E. with YOU」』の最終日となる11月21日の公演をLINE LIVEにて生配信することを発表した。 これは11月20日にリリースされ … 続きを読む

<インタビュー前編>小林直己が、映画『アースクエイクバード』から得たものとは

J-POP2019年11月18日

 Netflix映画『アースクエイクバード』が11月15日に独占配信が開始された。1980年代の東京を舞台とした本作は、日本人写真家の禎司と恋に落ちる外国人女性、ルーシーが三角関係に心乱され、やがて殺人事件にまで巻き込まれていくサスペンス・ … 続きを読む

<インタビュー後編>小林直己、表現者として「誰かの心に残りたい」

J-POP2019年11月18日

 Netflix映画『アースクエイクバード』が11月15日に独占配信が開始された。メインキャストとして出演する、小林直己に作品について話を訊いた前編に続き、本ページでは後編を公開。ここでは “ダンサー”である小林が “役者”として本作に対し … 続きを読む

page top