RIZE/ЯeaLも出演! 『銀魂』イベント、お通ちゃん「PPAP」や菅田将暉/岡田将生コメントなど3万5千人が熱狂

2017年3月6日 / 13:17

 『週刊少年ジャンプ』(集英社)連載中、空知英秋の人気漫画をアニメ化した『銀魂』。その、今や恒例ともいえる両国国技館でのイベント【銀魂 華祭り2017(仮)】が3月5日、昼夜2回に渡って開催された。

 連載中の原作が佳境を迎え、小栗旬主演の実写版『銀魂』の劇場公開も今夏に控えている本年は、“銀魂イヤー”とも言うべき注目の年。本イベントも例年以上にバラエティに富んだ内容で、両国国技館と全国各地のライブビューイング会場に集まったのべ3万5,000人のファンを興奮の渦に巻き込んだ。

 イベントはスタートからいきなりのサプライズ。この日の出演が叶わなかった鈴村健一(沖田総悟役)が何とスカイダイビングに挑戦。上空4,000mからタイトルコールを行うという驚きのオープニングの映像で開幕を飾ると、そこから先も挑戦的な姿勢とサービス精神にあふれるバラエティに富んだ内容が次々と展開されていく。

 出演キャストは杉田智和(坂田銀時役)、阪口大助(志村新八役)、釘宮理恵(神楽役)、千葉進歩(近藤勲役)、中井和哉(土方十四郎役)、太田哲治(山崎退役)、高橋美佳子(お通、定春役)、甲斐田裕子(月詠役)、ゆきのさつき(志村妙役)折笠富美子(柳生九兵衛役)小林ゆう(猿飛あやめ役)石田彰(桂小太郎役)、日野聡(神威役)、関智一(馬董役/昼の部のみ)、小山力也(猩覚役/夜の部のみ)。出演アーティストはCHiCO with HoneyWorks、RIZE、ЯeaL。さらに今回は、アニメ本編の音楽担当 Audio Highsが率いる“Audio Highsプレゼンツ華祭りバンド”が登場し、イベントの要所でおなじみの劇伴を生演奏し、会場を盛り上げていたのも印象的だった。

 前半は“華祭り”にふさわしく華やかな展開。女性キャラをフィーチャーしたエピソードの生アフレコや、女性キャストが集まってのトーク「さっちゃんの銀魂いや?んのコーナー」、また、実写映画『銀魂』で新八を演じる菅田将暉(昼の部)、桂を演じる岡田将生(夜の部)からのメッセージや太田哲治とくじら(お登勢)の「大銀魂展~ツケが回る前にケツをふけ~」レポートなどレア映像も次々と上映され、会場は春らしくあたたかい空気に包まれる。イベント恒例の「お通ちゃんライブ」コーナーではお通(高橋)、新八(阪口)、トッシー(中井)がステージで急遽トリオ(?)を結成。お通ちゃん版の「PPAP」や、オリジナルソング「ダイナマイト再開」が披露されたほか、結婚を発表したばかりの高橋に対して阪口がリードしての「おめでとう!」コールなどもあり、ますますハッピーな雰囲気に。

 そして後半に入ると、現在放送中の「烙陽決戦篇」の名シーンをフィーチャーした生アフレコなど、一点して重厚な展開に。釘宮と日野の兄妹対決や、杉田と関(昼の部)、石田と小山(夜の部)による豪華共演が本編の名場面を再現。さらに「将軍暗殺篇」「さらば真選組篇」を題材にした朗読劇では、真選組メンバーの熱演と華祭りバンドの生演奏が絡み合って男たちの熱いドラマが表現され、会場は感動に包まれた。

 エンディングではこれもイベント恒例となった原作者・空知からの「手紙」披露のコーナーも。今回の手紙は高橋の結婚にちなみ、空知自身が結婚相手と偽っての「新郎からのメッセージ」風。時事ネタも絡めた空知氏らしい毒と愛の込められた内容で、変わらぬ『銀魂』精神がファンに伝わったところで終幕となった。

 キャストも降壇したあとに披露されたのは、原作にも登場する“帰ってきた真選組”の姿を描いた新作アニメ映像。最後の最後までサービスの連続で“銀魂イヤー”に相応しい充実感とさらなる期待感を与えてくれた、そんな大満足のイベントとなった。

(C)空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・BNP・アニプレックス

◎イベント概要
【銀魂華祭り2017(仮)】
2017年3月5日(日)両国国技館
出演:杉田智和(坂田銀時役)、阪口大助(志村新八役)、釘宮理恵(神楽役)
千葉進歩(近藤勲役)、中井和哉(土方十四郎役)、太田哲治(山崎退役)
高橋美佳子(お通、定春役)、甲斐田裕子(月詠役)、ゆきのさつき(志村妙役)、折笠富美子(柳生九兵衛役)、小林ゆう(猿飛あやめ役)
石田彰(桂小太郎役)、日野聡(神威役)、関智一(馬董役/昼の部のみ)、小山力也(猩覚役/夜の部のみ)
アーティスト:CHiCO with HoneyWorks、RIZE、ЯeaL、“Audio Highsプレゼンツ華祭りバンド”


音楽ニュースMUSIC NEWS

TM NETWORK、35周年記念べストアルバムにファン投票70曲を収録

J-POP2020年1月18日

 TM NETWORKのデビュー35周年を記念して、2020年3月18日にリリースとなるべストアルバムの詳細が決定した。  ベスト盤は、ソニー・ミュージックダイレクトよりリリースの『Gift from Fanks T』、エイベックスよりリリ … 続きを読む

ナナヲアカリ、アニメ『理系が恋に落ちたので証明してみた。』ED曲のMV公開

J-POP2020年1月18日

 ナナヲアカリが、2020年2月5日にリリースとなるニュー・シングル『チューリングラブ feat.Sou / ピヨ』より、収録曲「チューリングラブ feat.Sou」のミュージックビデオを公開した。  ゲストボーカルにSouを迎えた新曲「チ … 続きを読む

清水翔太、ソニーミュージック初の男性ヴォーカリスト・オーディションにサプライズ登場

J-POP2020年1月18日

 清水翔太が、ソニーミュージックが開催している男性ヴォーカリスト・オーディションにサプライズ登場した。  本オーディションは、ソニーミュージックのオーディションブランド「ONE in a Billion(ワン・イン・ア・ビリオン)」の第一弾 … 続きを読む

『マニック』ホールジー(Album Review)

洋楽2020年1月18日

 1994年生まれ、米ニュージャージー州出身。2010年代後期を代表する女性シンガーとして、世界中に多くのファンを獲得しているホールジーの、2020年代初、通算3作目となるスタジオ・アルバム『マニック』が完成。まずは簡単に、これまでの功績を … 続きを読む

ROUGEがホストを務める『GBGB 2020』、布袋寅泰など第二弾出演アーティストを発表

ジャパニーズロック2020年1月18日

群馬県高崎市にて5月16日(土)、17日(日)に行なわれるフェス『FINAL GBGB 2020 ‘G-Beat Gig Box’』の第二弾出演アーティストとして、布袋寅泰、Ivy to Fraudulent Gam … 続きを読む

page top