浜辺美波&北村匠海(DISH//)『君の膵臓をたべたい』実写映画のW主演に! 北川景子&小栗旬も出演

2017年2月15日 / 13:20

 2016年本屋大賞第2位のベストセラー小説『君の膵臓をたべたい』が実写映画化。2017年7月28日に全国ロードショーとなるが、W主演の2人が発表された。

 本作のヒロインで、重い膵臓の病を罹う山内桜良役には、ドラマ&映画『咲-Saki-』で初主演を飾り、『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』でもヒロインを務めた浜辺美波。桜良の病気を唯一知ることになるクラスメイトの“僕”役には、ダンスロックバンド・DISH//のメンバーで、ドラマ『ゆとりですがなにか』『仰げば尊し』と出演作が続く北村匠海。今後の活躍が期待される2人がフレッシュな魅力を発揮する。

 さらに映画版では、原作=“過去”から12年が経った“現在”が描かれ、“過去”と“現在”2つの時間軸を行き来しながら物語が進んでいく。“現在”パートでは、教師となった“僕”を小栗旬が、桜良の親友“恭子”を北川景子が演じており、人気実力ともに同世代トップクラスの2人が本作で初共演を果たす。

 また本作のメガホンを取るのは『黒崎くんの言いなりになんてならない』『君と100回目の恋』を手掛けた新進気鋭監督。脚本には『僕等がいた』『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』など青春映画の名手であり、2017年後期NHK連続テレビ小説『わろてんか』も控えている吉田智子と、スタッフ陣も万全の体制で『キミスイ』の映画化に臨む。

 そしてこの度、『君の膵臓をたべたい』の本編映像も初解禁。2月18日より全国の劇場で上映される特報には、“過去”の浜辺と北村、“現在”の小栗と北川というメインキャストの面々が登場し、爽やかでいて切ない『キミスイ』の世界観が30秒間に詰め込まれている(https://youtu.be/96rErfTXWsU)。

 また、同じく初解禁となるメインビジュアルは、印象的な原作の装丁をそのまま切り取ったかのような、桜の木のもとに佇む桜良と“僕”の劇中カットで構成されている。

◎公開情報
映画『君の膵臓をたべたい』
2017年7月28日(金)全国ロードショー
キャスト:浜辺美波 北村匠海 大友花恋 矢本悠馬 桜田 通 森下大地/上地雄輔 北川景子/小栗 旬
監督:月川翔
脚本:吉田智子
原作:住野よる『君の膵臓をたべたい』(双葉社刊)
企画・製作 :東宝
(C)2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会(C)住野よる/双葉社


音楽ニュースMUSIC NEWS

E-girls、解散前のデビュー日にベスト・アルバム『E-girls』リリース

J-POP2020年11月28日

 E-girlsが、デビュー日である2020年12月28日にベスト・アルバム『E-girls』をリリースする。  2020年12月31日をもって解散するE-girls。ベスト・アルバムには、11人体制での初シングル「Love ☆ Queen … 続きを読む

男子高校生が奏でる青春ストーリー『JAZZ-ON!』、2か月連続リリース&イベント開催を発表

J-POP2020年11月28日

 総勢16名の男性声優が演じるジャズに魅せられた男子高校生による、楽曲・ドラマCDを中心としたメディアミックスプロジェクト『JAZZ-ON!』の生配信番組『JAZZ-ON AIR!」で、ミニ・アルバムのリリースとイベント開催が発表された。 … 続きを読む

Plastic Treeのナカヤマアキラ(Gu)、ソロ活動の始動を発表&ワンマンライブも決定

ジャパニーズロック2020年11月28日

Plastic Treeのギタリスト・ナカヤマアキラが、AKIRA NAKAYAMA名義でソロ活動をスタートすることがわかった。 同時に、ソロ活動初のワンマンライブ『Jester : Fractured after chasing a sh … 続きを読む

【ビルボード HOT BUZZ SONG】LiSA「炎」が6週連続で首位独走中 LiSA関連曲がトップ10内に3曲

J-POP2020年11月28日

 Billboard JAPAN HOT 100を構成するデータのうちダウンロード、Twitter、週間動画再生数のみを集計し、話題の曲を読み解く【ホット・バズ・ソング】。今週はLiSA「炎」が6週連続の首位を獲得した。 本作は、今週ダウン … 続きを読む

門脇更紗、配信3部作第2弾「いいやん」のMVはクセになるアニメーション作品

ニュース2020年11月28日

門脇更紗が配信3部作の第2弾シングル「いいやん」のミュージックビデオを公開した。 「いいやん」はいつも頑張りすぎているあなたを「今日ぐらいは息抜きしても“いいやん“」と解放してくれる、ゆったりしたアーバンなサウンドが心地よい一曲。公開となっ … 続きを読む

page top