ロックイベント「LET IT FES」のタイムテーブルが明らかに!

2016年12月27日 / 20:30

『LET IT FES』タイムテーブル (okmusic UP's)

2017年1月22日(日)Zepp 東京にて開催されるロックイベント「LET IT FES」のタイムテーブルが発表された。

「LET IT FES」は、PlayStation(R)4専用サバイバルアクションゲーム『LET IT DIE』をテーマにした楽曲を制作するという、ゲームの垣根を越えたコラボレーションの実施を記念して開催される、豪華アーティストが集うロックイベント。

当日は、ヘッドライナーのMY FIRST STORYをはじめ、ALL OFF、彼女 IN THE DISPLAY、winnie、NOTHING TO DECLARE、ROOKiEZ is PUNK’Dによるオリジナルサウンドをライブで楽しむことができる。

チケットは現在、イープラス、ローソンチケット、チケットぴあの各プレイガイドにて好評販売中。豪華アーティストが多数集結する、他にはないロックイベントに期待して参加しよう!

また今回、『LET IT DIE』公式サイトにて、本作の魅力をさまざまな角度から伝える開発者インタビュー動画番組「LET IT TALK」のSIE(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)篇第2弾として、ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア プレジデントの盛田厚をスペシャルゲストに招いた動画が公開された。

「LET IT TALK」は、パンクな謎の死神「アンクル・デス」がインタビュアーとなり、本作の気になる事柄について『LET IT DIE』ディレクターの新英幸にズバッと訊いていくという内容となっており、随時更新されている。

SIE篇第2弾では、ディレクターの新英幸氏に代わり『LET IT DIE』をプレイした後の盛田厚にアンクル・デスがインタビューを実施。率直な感想から、英語版の豪華声優陣と未発表の日本語版の声優陣について、ハードゲーマーから普段あまりゲームをプレイしない方でも遊びやすいゲームシステム、ゲームバランスなど、幅広い分野について、冗談や突っ込みなどを交えた軽快なトークを繰り広げる。

なお、「LET IT TALK」では、ソニー・インタラクティブエンタテインメント ワールドワイド・スタジオ プレジデントの吉田修平を招いたSIE篇第1弾も公開中。SIE篇第2弾とあわせてチェックしてほしい。

(C) GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

【タイムテーブル】
NOTHING TO DECLARE:25分

ROOKiEZ is PUNK’D:25分

winnie:25分

彼女 IN THE DISPLAY 25分

ALL OFF:25分

MY FIRST STORY:40分

※出演順、敬称略

「LET IT FES」
1月22日(日)Zepp 東京

開場 15:00/開演 15:30(終了 20:30予定)

<チケット>

料金:¥2,000(税込)

オールスタンディング

※ご入場時、別途ドリンク代500円かかります。

※4歳以上はチケットが必要になります。

3歳以下の方は、保護者同伴かつチケットを

お持ちであっても入場できません。

※未成年の方は、必ず保護者の同意を得た上でご来場ください。

※中学生未満の方は、保護者同伴で参加するか、

または保護者の方と必ず連絡がとれる状態でご参加ください。

■プレイガイド

・イープラス

・ローソンチケット

・チケットぴあ


音楽ニュースMUSIC NEWS

【第62回グラミー賞】プリンス追悼パフォーマンスでアッシャーが抜群の歌声とダンスを披露

洋楽2020年1月27日

現地時間1月26日に【第62回グラミー賞授賞式】が開催され、2016年に亡くなったプリンスを追悼するスペシャル・パフォーマンスが行われた。  アッシャーと長年プリンスと共に活動したシーラ・Eが中心となって行われたこのパフォーマンスでは、「L … 続きを読む

蔦谷好位置プロジェクト=KERENMI、1stアルバムにヒゲダン藤原/ミセス大森/Charaら参加

J-POP2020年1月27日

 蔦谷好位置がトラックメイカーとしての側面を強く打ち出したプロジェクト「KERENMI」が、3月4日に配信リリースする1stアルバム『1』の全収録楽曲情報を公開した。  既に収録がアナウンスされており、来週1月29日に先行配信がスタートされ … 続きを読む

【第62回グラミー賞】ジョナス・ブラザーズ、新曲2曲を披露

洋楽2020年1月27日

現地時間1月26日に【第62回グラミー賞授賞式】が開催され、アルバム『ハピネス・ビギンズ』が全米1位を獲得したジョナス・ブラザーズがパフォーマンスを行った。  ブラスバンドを引き連れた3名は、新曲「What A Man Gotta Do」と … 続きを読む

【第62回グラミー賞】リゾ「Truth Hurts」が<最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞>受賞

洋楽2020年1月27日

 現地時間2020年1月26日に米LAのステイプルズ・センターにて開催されている 【第62回グラミー賞授賞式】で、リゾの「Truth Hurts」が<最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞>を受賞した。プレゼンターは、キース・アーバンとシンシ … 続きを読む

【米ビルボード・アルバム・チャート】エミネム10作連続初登場1位の快挙、ホールジー/故マック・ミラーがTOP3デビュー

洋楽2020年1月27日

 エミネムの新作『ミュージック・トゥ・ビー・マーダード・バイ』が初登場1位を記録した、今週の米ビルボード・ソング・チャート。  本作は、2018年8月リリースの前作『カミカゼ』から約1年半ぶりに発売された、通算11枚目のスタジオ・アルバム。 … 続きを読む

page top