『SYMPHONIC LUNA SEA』コンサートにRYUICHIとSUGIZOも登場

2015年5月14日 / 18:00

5月3日(日)@サントリーホール・大ホール (c)NORIKAZU TATSUKAWA(okmusic UP's)

5月3日(日)にクラシックの殿堂、サントリーホール・大ホールにて『SYMPHONIC LUNA SEA-REBOOT-リリース記念SPECIAL CONCERT』が行われた。

このコンサートはLUNA SEA25周年の一環として、LUNA SEA公認のオーケストラカバーCD 『SYMPHONIC LUNA SEA -REBOOT-』のリリース記念として実施されたもの。同作のオーケストラアレンジと指揮は、シングル「THE ONE -crash to create-」、アルバム『A WILL』でストリングスアレンジも担当した藤原いくろう、オーケストラは東京フィルハーモニー交響楽団が起用された豪華な編成。

コンサートは、LUNA SEAのライヴでオープニングSEとしても使用されているベートーヴェンのピアノソナタ「月光」で幕を開けた。藤原いくろうの弾くピアノに、ストリングスを加えるという新しいアレンジで演奏され、これから始まる初めてのコンサートへの期待が高まるオープニングとなった。

続けて演奏されたのは、シンフォニックCD未収録だがLUNA SEAライヴのカーテンコール時にピアノver.が流れている「MARIA」と「THE ONE 2nd mov.」の2曲。今回のコンサート用に藤原がピアノ+ストリングス編成にリアレンジし、LUNA SEAの優美で深遠な世界が会場を包み込んだ。

コンサート前半最後には、トークゲストのSUGIZOが登場し、CD『SYMPHONIC LUNA SEA -REBOOT-』にまつわる話や、LUNA SEAサウンドの構築について、そして『LUNATIC FEST』の計画話を披露するなど、約20分に渡り会場のファンを盛り上げた。

後半はSUGIZOがセレクトしたクラシックコンピレーションCD『SPIRITUAL CLASSIC SUGIZO SELECTION』に収録されているラヴェルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」で再開し、その後新フォンニックCD収録曲「乱」「RA-SE-N」「absorb」「IN SILENCE」を立て続けに演奏し、LUNA SEAの名曲たちがシンフォニックサウンドでサントリーホールに鳴り響いた。

またこの日、ゲストボーカルとして「I for You」をオーケストラバックに大熱唱をみせたRYUICHIは「今日のコンサート、素晴らしいですね! 楽屋で聴いていて25周年ツアーの事を思い出していました」とコメントし、LUNA SEA初となるシンフォニックコンサートに花を添えた。

最後には25周年ツアーでアンコールとして演奏されている「Grace」が演奏され、クラシック曲を含む全10曲のコンサートが締めくくられた。

会場中が大きな感動に包まれ拍手が鳴り止まぬ中、藤原が再登場しアンコールとして演奏されたのはCDの最後にも収録されている、小編成による「LOVE SONG」。ファンにとっても想い出深いこの曲は、「パッヘルベルのカノン」を織り交ぜられながら紡がれ、サントリーホール全体にサウンドが響き渡り、永い余韻を残しながら藤原が指揮棒を降ろして約2時間に及ぶ演奏が終了した。

素晴らしい演奏をした東京フィルにも惜しみない拍手が贈られている中、藤原いくろう、RYUICHI、SUGIZOの3人がステージに登場。お互い握手をし合い、この日の特別なコンサートに手応えを感じた表情を見せ『SYMPHONIC LUNA SEA-REBOOT-リリース記念SPECIAL CONCERT』は幕を閉じた。

また、SUGIZOのトークコーナーで、昨年好評であったクラシックコンピCDの続編、『SPIRITUAL CLASSIC SUGIZO SELECTION II』が7月8日(水)に発売されることが発表された。

LUNA SEAは6月24日(水)にライヴDVD・BD『Live on A WILL』がリリース予定、そして25th ANNIVERSARYの最終章としてLUNA SEAが主宰する史上最狂のロックフェス『LUNATIC FEST』 が6月27日(土)、28日(日)幕張メッセにて開催される。25th ANNIVERSARYはこれから更に盛り上がりをみせる予定だ。

(c)NORIKAZU TATSUKAWA

(c)HiroeYamauchi (PROGRESS-M)

【セットリスト】
月光 1st mov.

THE ONE 2nd mov.

MARIA

トークコーナー with SUGIZO

亡き王女のためのパヴァーヌ



RA-SE-N

absorb

IN SILENCE

I for You with RYUICHI

Grace

‐アンコール‐

LOVE SONG

藤原いくろう ピアノ・ソロコンサート『IKURO Piano Days I』
6月05日(金) 恵比寿art cafe Friends

OPEN18:00 (Dinner Time18:00~19:30) START19:30~

チケット ¥4,000+ドリンク代¥500

問い合わせ アート・カフェ・フレンズ:03-6382-9050


音楽ニュースMUSIC NEWS

Supporting Live House's Activity~ライヴハウスの施策を紹介!~

ジャパニーズロック2020年5月25日

フリーマガジン『music UP’s』/Webサイト『OKMusic』編集部では、新型コロナウイルス感染拡大の影響でライブハウスの活動自粛による経営縮小、閉店の事実が続いていることを受け、クラウドファンディングや独自の施策を実施 … 続きを読む

亜無亜危異、アルバムリード曲「馬鹿とハサミは使いYO!」のMVを公開

ジャパニーズロック2020年5月25日

亜無亜危異が、ニューアルバム『パンク修理』からリード曲「馬鹿とハサミは使いYO!」のMVを公開した。 ライブ映像を使ったMVは存在しているが、このメンバーでスタジオ撮影を行ったのはこれまでの長いキャリアの中で初めて。5月上旬に行われた撮影は … 続きを読む

聖飢魔II、地球デビュー35周年の新ヴィジュアル解禁

J-POP2020年5月25日

 地球デビュー35周年を記念し期間限定で再集結する聖飢魔IIが、新ヴィジュアルを解禁した。  5月21日、悪魔教信者にはとても縁起の良い時刻“午後6時6分6秒”に、聖飢魔IIのメンバーであるルーク篁とジェイル大橋が突如としてインターネット上 … 続きを読む

YMOの『TECHNODON』再発に小池美波(欅坂46)・TOWA TEI・manaka(リトグリ)らがコメント

J-POP2020年5月25日

 YMOのアルバム『TECHNODON』が再発されたことを受け、YMOファンの石毛輝(the telephones / Yap!!!)、小池美波(欅坂46)、TOWA TEI、manaka(Little Glee Monster)、Rei( … 続きを読む

WEAVER、地元神戸での10周年ライブ音源配信開始

J-POP2020年5月25日

 WEAVERが、デビュー10周年記念ライブの音源配信を開始した。  2019年10月22日に地元・神戸国際会館で行われたデビュー10周年記念ライブ【WEAVER「10th Anniversary Live 最後の夜と流星~We’ … 続きを読む

page top