コンテンポラリーな生活、新作の詳細解禁&東阪レコ発イベント開催を発表

2015年4月28日 / 12:00

コンテンポラリーな生活 (okmusic UP's)

コンテンポラリーな生活が6月3日にリリースする、5曲収録EP『ハスキーガール』のジャケット写真の公開と収録楽曲を発表。また、リニューアルされたアーティスト写真もあわせて公開された。

タイトル曲「ハスキーガール」は前作『ヘドが出る前に』のツアー時から披露され、ファンの間でも「コンポラ史上最高傑作」との呼び声も高い人気楽曲で、今回が待望の音源化となる。「今回は自分たちの得意なことだけを詰め込んだ」というフロントマンの朝日廉(Vo&Gu)の言葉通り、コンポラ特有の独特なコード感と、一度聴けば忘れられないメロディとで、容赦なく一気に走り抜けるような作品に仕上がっている。また、若者たちの日常をリアルに切り取り、鋭い視点と分かりやすい言葉で綴った朝日廉の歌詞世界も健在。なおジャケット写真のイラストは朝日廉による描き下ろしとなっている。

更に、リリース記念イベントを7月10日(金)に大阪・天王寺Fireloopにて、7月16日(木)に東京・渋谷TSUTAYA O-Nestにて開催することもあわせて発表。なお、迎えるゲストバンドなどの詳細は後日発表されるとのこと。

【朝日廉(Vo&Gu)セルフライナーノーツ】
もともと「容赦ないE.P.」と名付ける予定すらあった盤なので、まさに一切止まることのない、かつ泥臭い仕上がりとなりました。

リードトラックのハスキーガールはバンド内で完成させた瞬間から「この曲はバンドを引っ張っていってくれる曲になる」という確信がありました。なので、こんな曲が入っているCDを中途半端な出来にするのは忍びない!と、良くなればそれでいいんだとリードトラックとして温存するはずだった曲ですら収録することにしました。

本当に、今のコンテンポラリーな生活での最高作だという自信があります。よろしくお願いします。

EP『ハスキーガール』
2015年6月3日発売

XQMB-1005/¥1,200+税

<収録楽曲>

1. ハスキーガール

2. センチメンタル・ジャンキー

3. 九龍城にて待つ

4. タールド・コール・ザ・サン

5. 地獄の沙汰も金次第

「ハスキーガール レコ発イベント(仮)」
7月10日 (金)  天王寺Fireloop

出演者:コンテンポラリーな生活, +ゲストバンド

7月16日 (木)  渋谷 TSUTAYA O-Nest

出演者:コンテンポラリーな生活, +ゲストバンド


音楽ニュースMUSIC NEWS

米津玄師「馬と鹿」が『ドラマアカデミー賞』で“最優秀ドラマソング賞”に

J-POP2019年11月20日

 米津玄師によるドラマ『ノーサイド・ゲーム』主題歌の「馬と鹿」が、ザテレビジョン主催の『第102回ザテレビジョンドラマアカデミー賞』において、“最優秀ドラマソング賞”を受賞した。  『ドラマアカデミー賞』では、国内の地上波連続ドラマを対象と … 続きを読む

Foorin&Foorin team E、英語版「Paprika」初披露 10人編成で笑顔の花を咲かせる

J-POP2019年11月19日

 英語ネイティブの5人組こどもユニット・Foorin team Eが、NHKホールにて開催された【ABUテレビソングフェスティバル in TOKYO】にて「Paprika」を初披露した。  『Foorin team E』は、先日11月14日 … 続きを読む

テイラー・スウィフト、元レーベルが過去曲のパフォーマンスを許可

洋楽2019年11月19日

 テイラー・スウィフトが、2019年11月24日に開催される【アメリカン ・ミュージック・アワード】(AMAs)のステージで、元レーベルであるビッグ・マシーン・レーベル・グループ(BMLG)からリリースした過去曲を演奏しないよう通告されたと … 続きを読む

カニエ・ウェスト、米ヒューストンの教会で牧師と対談

洋楽2019年11月19日

 カニエ・ウェストが2019年11月17日、米テキサス州ヒューストンのレイクウッド教会で行われた礼拝に参加し、午前の部で同教会の牧師でテレビ宣教師のジョエル・オスティーンと対談した。  キリスト教への回帰を宣言してから福音の伝道に力を入れて … 続きを読む

やくしまるえつこ、入手困難だった『わたしは人類』CD入りシャーレを限定販売

J-POP2019年11月19日

 やくしまるえつこ(相対性理論)が、11月19日から東京・森美術館にて開催されている展覧会【未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命――人は明日どう生きるのか】にて、“人類滅亡後の音楽”をコンセプトにバイオ・テクノロジーを駆使して制作、音源 … 続きを読む

page top